ショッピング キャンペーンの自動入札について

ショッピング キャンペーンの自動入札戦略を使用すると、広告予算が最適化されます。高度な機械学習を使って、キャンペーンの掲載結果をもとに、各オークションで目標達成を目指した入札単価が設定されます。

この記事では、ショッピング キャンペーンで使用できる各自動入札戦略とお客様に適した自動入札戦略を選ぶ方法について説明します。

メリット

  • スマート自動入札がお客様に適した入札単価を設定するので、お客様は高レベルの目標達成に注力できます。 自動入札戦略を使うと、各商品グループに適した入札単価を設定する手間を省くことができるため、サイトへのアクセス数を増やす、収益の向上を図るなどの、キャンペーンの全体的な掲載結果の向上に集中することができます。
  • キャンペーンの過去の掲載結果や今後の目標が常に考慮に入れられます。 掲載結果の目標を入力するだけで、入札戦略が過去のクリック数やコンバージョン データに基づいてリアルタイムに入札単価を調整します。

「靴」カテゴリの販売の最大化を図っており、売り上げ 500 円に対して 100 円を支払う意思がある場合を考えてみましょう。まずコンバージョン トラッキングで、すべての購入に対して 1 回のコンバージョンをカウントするように設定し、値を購入金額にします。次に、「靴」のキャンペーンに自動入札戦略を設定します。この場合、設定する自動入札戦略は目標広告費用対効果(ROAS)で、目標値は 500% に設定します。これで、掲載結果を最適化するために入札単価を自分で考える必要がなくなります。入札戦略により、各商品グループが目標値を達成できるよう、オークションごとに入札単価が決定されます。

ウェブサイトの商品ページへのクリック数の最大化を図っており、1 日の平均予算を 5,000 円にする場合を考えてみましょう。キャンペーンに設定する自動入札戦略は、「クリック数の最大化」で、予算を 5,000 円に設定します。これで自動入札戦略により、予算に対して最大クリック数を獲得できるよう、入札単価が決定されます。

ショッピング キャンペーンで使用できる自動入札戦略の種類

目的 自動入札戦略 適用先

予算に対して最大クリック数を獲得する

サイトアクセスを増やす

一定の予算内でトラフィックの少ない商品のクリック数を増やす

クリック数の最大化」を使用すると、指定した目標予算内で最大限のクリック数を獲得できるよう、自動的に入札単価が設定されます。

コンバージョンは必要ありません。

詳しくは、ショッピング キャンペーンにクリック数の最大化を設定する方法をご覧ください。

キャンペーン、広告グループ
入札単価を自分で設定しながら、コンバージョン数を増やす

拡張クリック単価(eCPC)では、個別単価設定でのコンバージョン数を増やします。各クリックがコンバージョンにつながる可能性に基づいて、個別入札単価が自動的に調整されます。

コンバージョンが必要です。

詳しくは、ショッピング キャンペーンに「拡張クリック単価」を設定する方法についてをご覧ください。

キャンペーン、広告グループ
目標広告費用対効果を維持しながら、コンバージョン数やコンバージョンの価値を最大にする。目標広告費用対効果とは、広告に投じた費用に対して獲得したいと考える収益額です。

目標広告費用対効果」では、広告費用対効果の平均値の目標達成を目指しながら、コンバージョンの価値が最も高まるように入札単価が自動的に設定されます。

コンバージョンが必要です。

詳しくは、ショッピング キャンペーンで「目標広告費用対効果」を設定する方法の説明をご覧ください。

キャンペーン、広告グループ
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。