ValueTrack パラメータでトラッキングを設定する

ValueTrack パラメータを使用すると、広告クリックの発生元に関する情報をトラッキングできるようになります。広告やキャンペーンにこのパラメータを追加することで、広告をクリックしたユーザーがモバイル デバイスを使っていたかや、どの地域にいたかなどの情報を把握できます。

この記事では、[URL オプション] で ValueTrack パラメータを追加する手順を説明します。ValueTrack パラメータはトラッキング テンプレートで使うことをおすすめしますが、最終ページ URL とカスタム パラメータにも挿入できます。

はじめに

ValueTrack パラメータやトラッキングの仕組みをあまりご存知ない場合は、ValueTrack パラメータについて[URL オプション] でトラッキングやリダイレクトを管理する方法を事前に確認されることをおすすめします。

仕組み

アカウント単位、キャンペーン単位、広告グループ単位のトラッキング テンプレートには、最終ページ URL に挿入される ValueTrack パラメータ{lpurl} など)を必ず含めます。広告がクリックされると、これらのパラメータが最終ページ URL に挿入されます。トラッキング テンプレートに、URL に挿入するパラメータを含めないと、ランディング ページ URL が破損します。

1 つの URL に複数の ValueTrack パラメータを追加する場合は、アンパサンド(&)を使って複数のパラメータをまとめて URL の最後に付加します(例: {lpurl}?matchtype={matchtype}&device={device})。

留意点

動的検索広告と自動ターゲット設定ではどの単位でも最終ページ URL に挿入される ValueTrack パラメータ({lpurl}、{escapedlpurl}、{lpurl+2} など)が必要です。

手順

 

データ表に [トラッキング テンプレート] 列がない場合は、テストを始める前に、この列を次の手順で追加してください。

  1. Google 広告にログインします。
  2. 掲載結果データの表の上にある表示項目アイコン 列 をクリックし、[表示項目の変更] をクリックします。
  3. [属性] オプションを展開して [トラッキング テンプレート] をクリックします。
  4. [適用] をクリックします。
キャンペーン単位の ValueTrack パラメータでトラッキング テンプレートを設定、編集する
  1. [設定] ページメニューをクリックします。
  2. [トラッキング テンプレート] 列の任意の項目にカーソルを合わせます。
  3. 鉛筆アイコンが表示されたらクリックします。
  4. トラッキング テンプレートを編集するか、{lpurl} と疑問符(?)に続けて任意の ValueTrack パラメータを入力します。ValueTrack パラメータが複数ある場合は、アンパサンド(&)で区切ります。たとえば、{matchtype} パラメータを使用する場合、トラッキング テンプレートは次のようになります。{lpurl}?matchtype={matchtype}
  5. [保存] をクリックします。
広告グループ単位の ValueTrack パラメータでトラッキング テンプレートを設定、編集する
  1. [広告グループ] ページメニューをクリックします。
  2. [トラッキング テンプレート] 列の任意の項目にカーソルを合わせます。
  3. 鉛筆アイコンが表示されたらクリックします。
  4. トラッキング テンプレートを編集するか、{lpurl} と疑問符(?)に続けて任意の ValueTrack パラメータを入力します。ValueTrack パラメータが複数ある場合は、アンパサンド(&)で区切ります。たとえば、{matchtype} パラメータを使用する場合、トラッキング テンプレートは次のようになります。{lpurl}?matchtype={matchtype}
  5. [保存] をクリックします。
広告単位の ValueTrack パラメータでトラッキング テンプレートを設定、編集する
  1. [広告と広告表示オプション] ページメニューをクリックします。
  2. 対象の広告にカーソルを合わせます。
  3. 鉛筆アイコンが表示されたらクリックします。
  4. [広告の URL オプション] を展開します。
  5. トラッキング テンプレートを編集するか、{lpurl} と疑問符(?)に続けて任意の ValueTrack パラメータを入力します。ValueTrack パラメータが複数ある場合は、アンパサンド(&)で区切ります。たとえば、{matchtype} パラメータを使用する場合、トラッキング テンプレートは次のようになります。{lpurl}?matchtype={matchtype}
  6. [保存] をクリックします。
サイトリンク単位の ValueTrack パラメータでトラッキング テンプレートを設定、編集する
  1. [広告と広告表示オプション] ページメニューをクリックします。
  2. [広告表示オプション] タブをクリックします。
  3. [広告表示オプションの種類] リンクをクリックし、[サイトリンク] を選択します。
  4. 任意の広告表示オプションにカーソルを合わせ、鉛筆アイコンが表示されたらクリックします。
  5. [サイトリンクの URL オプション(詳細設定)] を展開します。
  6. トラッキング テンプレートを編集するか、{lpurl} と疑問符(?)に続けて任意の ValueTrack パラメータを入力します。ValueTrack パラメータが複数ある場合は、アンパサンド(&)で区切ります。たとえば、{matchtype} パラメータを使用する場合、トラッキング テンプレートは次のようになります。{lpurl}?matchtype={matchtype}
  7. [保存] をクリックします。
キーワード単位の ValueTrack パラメータでトラッキング テンプレートを設定、編集する
  1. [キーワード] ページメニューをクリックします。
  2. 追加された [トラッキング テンプレート] 列で任意の項目にカーソルを合わせ、鉛筆のアイコンが表示されたらクリックします。
  3. {lpurl}、疑問符(?)、次に任意の ValueTrack パラメータを入力します。ValueTrack パラメータが複数ある場合は、アンパサンド(&)で区切ります。たとえば、{matchtype} パラメータを使用する場合、トラッキング テンプレートは次のようになります。{lpurl}?matchtype={matchtype}
  4. [保存] をクリックします。
動的広告ターゲット単位の ValueTrack パラメータでトラッキング テンプレートを設定、編集する
  1. [動的広告ターゲット] ページメニューをクリックします。
  2. 追加された [トラッキング テンプレート] 列で任意の項目にカーソルを合わせ、鉛筆のアイコンが表示されたらクリックします。
  3. {lpurl}、疑問符(?)、次に任意の ValueTrack パラメータを入力します。ValueTrack パラメータが複数ある場合は、アンパサンド(&)で区切ります。たとえば、{taretid} パラメータを使用する場合、トラッキング テンプレートは次のようになります。{lpurl}?targetid={targetid}
  4. [保存] をクリックします。

 

 
 

ヒント

URL にスペースを含めないよう注意してください。スペースがあると URL が分断され、トラッキングが正常に機能しません。

たとえば 2 つ以上の語からなるキーワードを使用している場合、語間のスペースの代わりに %20 という文字列がデータに表示されることがあります。この %20 は、URL が正常に動作するよう、スペースを置き換えたものです。

利用可能な ValueTrack パラメータ

最終ページ URL、トラッキング テンプレート、またはカスタム パラメータ
パラメータ 表示される値
{campaignid} キャンペーン ID(トラッキング情報がアカウント単位で設定されていて、広告を配信したキャンペーンを把握する場合に使用します)。
{adgroupid} 広告グループ ID(トラッキング情報がアカウント単位かキャンペーン単位で設定されていて、広告を配信した広告グループを把握する場合に使用します)。
{feeditemid} クリックされた広告表示オプションの ID。
{targetid}

広告表示につながったキーワード(ラベル「kwd」)、動的検索広告ターゲット(「dsa」)、リマーケティング リスト ターゲット(「aud」)、または商品分割(「pla」)の ID。

ターゲット ID が複数ある場合、出力値は「aud、dsa、kwd、pla」の順に表示されます。たとえばリマーケティング リストを広告グループ(条件 ID「456」)に追加し、キーワード ID「123」をターゲットとする場合、{targetid} は「aud-456:kwd-123」となります。

{loc_interest_ms} 広告表示につながった、ユーザーが関心を持っている地域の ID。地域 ID については、デベロッパー サイトをご覧ください。ターゲット地域を検索しているユーザーに広告が表示されているキャンペーンのみが対象となります。
{loc_physical_ms} クリックが発生した地域の ID。地域 ID については、デベロッパー サイトをご覧ください。ターゲット地域内のユーザーに広告が表示されているキャンペーンのみが対象となります。
{matchtype} 広告表示につながったキーワードのマッチタイプ: 完全一致は「e」、フレーズ一致は「p」、部分一致は「b」
{network} 広告がクリックされた場所: Google 検索は「g」、検索パートナーは「s」、ディスプレイ ネットワークは「d」
{device} クリックが発生したデバイス: モバイル(WAPを使用したモバイル デバイスを含む)は「m」、タブレットは「t」、パソコンは「c」
{devicemodel} クリックが発生したモバイル デバイスまたはタブレットのモデル名(「Apple+iPhone」など)。注: ディスプレイ ネットワークのキャンペーンでのみ使用可能
{gclid} 広告から発生したクリックの、Google クリック ID
{ifmobile:[value]} [value] に指定した文字(モバイル デバイスで広告がクリックされた場合)
{ifnotmobile:[value]} [value] に指定した文字(パソコンまたはタブレットで広告がクリックされた場合)
{ifsearch:[value]} [value] に指定した文字(Google 検索ネットワークのサイトで広告がクリックされた場合)
{ifcontent:[value]} [value] に指定した文字(Google ディスプレイ ネットワークのサイトで広告がクリックされた場合)
{creative} 広告の固有 ID
{keyword} 検索ネットワークの場合: ご利用のアカウントで、対象の検索語句と一致したキーワード(空の値が返される動的検索広告を使用している場合を除く)。ディスプレイ ネットワークの場合: ご利用のアカウントで、対象のコンテンツと一致したキーワード。
{placement} 広告がクリックされたコンテンツ サイト(キーワード ターゲティング キャンペーンの場合)、または広告がクリックされたサイトと一致するプレースメントのターゲティング条件(プレースメント ターゲティング キャンペーンの場合)
{target} プレースメントのカテゴリ(プレースメント ターゲティング キャンペーンのみ)
{param1} Google Ads API(AdWords API)で AdParamService を使用している場合、クリエイティブ パラメータ #1
{param2} Google Ads API(AdWords API)で AdParamService を使用している場合、クリエイティブ パラメータ #2
{random} ページを強制的に再読み込みするのに使用される、Google で生成されたランダムな数字(64 ビット符号なし整数)
{adposition} 広告が掲載されたページ内の位置(たとえば「1t2」は、1 ページ目、上部、掲載順位 2 位を示します)
{ignore} 最終ページ URL のトラッキング要素を無視することで、クロールによるウェブサイトの読み込みを削減します。最終ページ URL またはモバイルの最終ページ URL でのみ使用可能です。
トラッキング テンプレートのみ

推奨

パラメータ 表示される値
{lpurl}

最終ページ URL。トラッキング テンプレートの先頭に {lpurl} を挿入しなければ、最終ページ URL はエスケープされます。トラッキング テンプレートの先頭にない {lpurl} は、?、=、"、#、\t、'、および [space] の文字をエスケープします。


最終ページ URL: http://example.com
トラッキング テンプレート: {lpurl}?matchtype={matchtype}
ランディング ページ URL: http://example.com?matchtype={matchtype}

詳細設定

パラメータ 表示される値
{lpurl+2} 最終ページ URL(2 回エスケープ)。一連のリダイレクトがある場合に使用します。
{lpurl+3} 最終ページ URL(3 回エスケープ)。一連のリダイレクトがある場合に使用します。
{unescapedlpurl} 最終ページ URL(エスケープなし)。
{escapedlpurl} 最終ページ URL(エスケープ)。:、/、?、=、および % の文字をエスケープします。
{escapedlpurl+2} 最終ページ URL(2 回エスケープ)。一連のリダイレクトがある場合に使用します。
{escapedlpurl+3} 最終ページ URL(3 回エスケープ)。一連のリダイレクトがある場合に使用します。

重要

トラッキング テンプレートにこれらの ValueTrack パラメータと追加の URL パラメータを使用する場合は、ValueTrack パラメータの後に次の文字を必ず追加してください。これは、ウェブサイトまたはサードパーティ システムで URL パラメータの情報が適切に保存されるようにするためです。

パラメータ トラッキング テンプレートの位置 続く文字
{lpurl} 先頭 ? {lpurl}?
{lpurl} 先頭以外 %3F {lpurl}%3F
{lpurl+2} 先頭以外 %253F {lpurl+2}%253F
{lpurl+3} 先頭以外 %25253F {lpurl+3}%25253F
{unescapedlpurl} すべての位置 ? {unescapedlpurl}?
{escapedlpurl} すべての位置 %3F {escapedlpurl}%3F
{escapedlpurl+2} すべての位置 %253F {escapedlpurl+2}%253F
{escapedlpurl+3} すべての位置 %25253F {escapedlpurl+3}%25253F

最終ページ URL に疑問符が含まれていると、トラッキング テンプレートの疑問符がアンパサンド(&)または正しくエスケープされたバージョンの & に置き換えられます。

最終ページ URL のみ
パラメータ 機能
{ignore} 最終ページ URL のトラッキング要素を無視することで、クロールによるウェブサイトの読み込みを削減します。最終ページ URL またはモバイルの最終ページ URL でのみ使用可能です。たとえば、最終ページ URL が http://www.example.com/product?p1=a&p2=b&p3=c&p4=d で、URL の疑問符に続くトラッキング情報がランディング ページを変更するものでない場合は、トラッキング情報の前に {ignore} を挿入することで、その後の情報がすべて単なるトラッキング情報であると示すことができます。次の具体例をご覧ください。http://www.example.com/product?{ignore}p1=a&p2=b&p3=c&p4=d

{ignore} を使うときの注意点

  • {ignore} は他の ValueTrack パラメータに埋め込むことはできません(例: {ifmobile:{ignore}} は許可されていません)。
  • ユーザーが広告をクリックしたときに最終ページ URL の一部が第三者によって修正可能な場合、最終ページ URL に {ignore} を使用する必要があります。詳細

最終ページ URL: http://www.example.com/product?p1=a&p2=b&p3=c&p4=d
トラッキング情報: p1=a&p2=b&p3=c&p4=d

URL の疑問符に続くトラッキング情報がランディング ページを変えるものでない場合は、トラッキング情報の前に {ignore} を挿入することで、その後の情報がすべて単なるトラッキング情報であると示すことができます。

{ignore} を含む最終ページ URL
http://www.example.com/product?{ignore}p1=a&p2=b&p3=c&p4=d

ショッピング キャンペーンのみ

商品ショッピング広告では次のパラメータを使用できます。

パラメータ 表示される値
{adtype}

商品ショッピング広告については、次のいずれかが表示されます。

  • クリックがショッピング広告で発生した場合は、「pla」
  • クリックされたショッピング広告に「オンライン」と「ローカル」のショッピング チャネルのオプションが含まれている場合は、「pla_multichannel」

  • クリックされたショッピング広告に販売者のプロモーションが表示された場合は、「pla_with_promotion」

  • 「Google ショッピング広告から商品を購入」が有効になっているショッピング広告でクリックが発生した場合は、「pla_with_POG」

{merchant_id} クリックされたショッピング広告を直接所有している Google Merchant Center アカウントの ID。
{product_channel} クリックされたショッピング広告に表示されている商品が売れたときのショッピング チャネルのタイプ(「オンライン」または「ローカル」)。広告に両方のショッピング チャネルのオプションが含まれている場合、{product_channel} には、クリックされたチャネルのタイプ(「オンライン」または「ローカル」)が表示され、{adtype} には「pla_multichannel」が表示されます。
{product_id} Merchant Center のデータフィードに表示される、クリックされた広告で紹介されている商品の ID。
{product_country} クリックされた広告が扱う商品の販売国。
{product_language} Merchant Center のデータフィードに表示される、商品情報に使用される言語。
{product_partition_id} クリックされた広告の商品が属する商品グループの固有 ID。
{store_code} ショッピング キャンペーンのローカル商品を使用している場合は、実店舗の固有 ID が表示されます。このパラメータの文字数は最大 60 文字です。

ショーケース広告では次のパラメータを使用できます。

ショーケース広告は次の国でご利用いただけます。

  • オーストラリア
  • ブラジル
  • カナダ
  • ドイツ
  • フランス
  • 香港
  • アイルランド
  • インド
  • インドネシア
  • マレーシア
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • フィリピン
  • シンガポール
  • 南アフリカ
  • スウェーデン
  • 台湾
  • アラブ首長国連邦
  • 英国
  • 米国

ショーケース広告は、Google 広告と Google Ads API(AdWords API)を使用して作成できます。個々の商品の広告を掲載する場合は、商品ショッピング広告をご確認ください。

パラメータ 表示される値
{adtype} ショーケース広告については、次のいずれかが表示されます(商品ショッピング広告については、上の表をご覧ください)。
  • showcase_category: カテゴリリンクがクリックされた場合
    • {product_country} にはキャンペーンで宣伝する商品の販売国が表示されます
    • 次のパラメータは空白になります。
      • {merchant_id}
      • {product_channel}
      • {product_id}
      • {product_language}
      • {product_partition_id}
      • {store_code}
  • showcase_timed_engagement: ユーザーが広告内に 10 秒間滞在した場合
  • showcase_product: 単一チャネルの商品がクリックされた場合
  • showcase_product_with_POG: 「Google ショッピング広告から商品を購入」が有効な商品がクリックされた場合
  • showcase_product_with_promotion: 販売者のプロモーションが表示された商品がクリックされた場合
  • showcase_product_multichannel: マルチチャネルの商品がクリックされた場合
    • {product_channel} にはチャネル(online または local)が表示されます
  • showcase_local_store: 店舗詳細ページへのリンクがクリックされた場合
    • {product_country} にはキャンペーンで宣伝する商品の販売国が表示されます
    • {channel} には local が表示されます
    • 次のパラメータは空白になります。
      • {merchant_id}
      • {product_language}
      • {product_partition_id}
{ifshoppingproduct:[value]} 商品ショッピング広告またはショーケース広告で個々の商品がクリックされた場合は、[value] に指定した文字が表示されます。
{ifshoppingcreative:[value]} クリックされたのが個々の商品ではなく、例えばショーケース広告自体だった場合、[value] に指定した文字が表示されます。

動画キャンペーンのみ

パラメータ 表示される値

{adgroupid}

広告グループ ID(トラッキング情報がアカウント単位かキャンペーン単位で設定されていて、広告を配信した広告グループを把握する場合に使用します)。

{campaignid}

キャンペーン ID(トラッキング情報がアカウント単位で設定されていて、広告を配信したキャンペーンを把握する場合に使用します)。

{creative}

広告の固有 ID

{device}

クリックが発生したデバイス: モバイル(WAPを使用したモバイル デバイスを含む)は「m」、タブレットは「t」、パソコンは「c」

{loc_interest_ms}

広告表示につながった、ユーザーが関心を持っている地域の ID。地域 ID については、デベロッパー サイトをご覧ください。ターゲット地域を検索しているユーザーに広告が表示されているキャンペーンのみが対象となります。

{loc_physical_ms}

クリックが発生した地域の ID。地域 ID については、デベロッパー サイトをご覧ください。ターゲット地域内のユーザーに広告が表示されているキャンペーンのみが対象となります。

{network}

 

{placement}

広告がクリックされたコンテンツ サイト(キーワード ターゲティング キャンペーンの場合)、または広告がクリックされたサイトと一致するプレースメントのターゲティング条件(プレースメント ターゲティング キャンペーンの場合)
{sourceid}  
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。