ショッピング向け TrueView キャンペーンを作成する

TrueView ショッピングのインタラクティブな動画広告では、お客様の商品と視聴者とを直接つなげ、購入を促すことができます。

この広告では、Merchant Center の商品データを使ってショッピング カードを生成します。動画では一度に 6 つまでショッピング カードを表示できます。動画広告で表示する商品を絞り込むには、カスタム フィルタを作成するか、特定の商品を選択します。

この記事では、Google 広告 でのショッピング向け TrueView キャンペーンの設定方法を説明します。

はじめに

ショッピング向け TrueView キャンペーンを設定する前に、Google Merchant Center アカウントと Google 広告 アカウントをリンクしてください。TrueView インストリーム広告の情報もご確認ください。

ショッピング向け TrueView は、Google Merchant Center を利用可能な国のインストリーム広告で運用できます。

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。なお、自動ターゲティングは Google 広告リニューアル版でのみご利用いただけます。

 
この記事の情報と実際のアカウントでの表示が異なる場合は、Google 広告従来版の目標を使用している可能性があります。Google 広告リニューアル版の目標に関する詳細

TrueView ショッピング キャンペーンを作成するには:

  1. AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] タブ、[+ キャンペーン] の順にクリックして、[動画] を選択します。
  3. キャンペーン名を入力し、キャンペーンのサブタイプを「ショッピング」に変更します。
  4. [販売者 ID] の横で、このキャンペーンで使用する商品の販売者 ID を選びます。
  5. リンクされている Merchant Center アカウント内のすべての商品を対象とする場合は、[商品フィルタ] をデフォルトの [なし - すべての商品を使用する] に設定します。

    宣伝する商品を絞り込むには、次の 2 つの方法があります。

    1. Merchant Center アカウントから商品を直接選ぶ場合は、[特定の商品を選択する] を使用します。下記の手順をご確認ください
    2. 商品の属性(ブランドやカテゴリなど)を指定する場合は、[カスタム フィルタを作成する] を選びます。下の手順をご確認ください。
  6. 予算を設定します。広告を掲載するネットワークと地域、ユーザーの言語を選択します。
  7. [保存して次へ] をクリックします。
  8. [広告グループ名] を入力し、TrueView 動画キャンペーンの作成手順に沿って広告グループを作成します。注意: 広告のフォーマットとして「インストリーム広告」が自動的に選択されています。

ヒント

キャンペーンを作成した後も、商品フィルタはキャンペーンの設定からいつでも修正できます。キャンペーンの [設定] タブで、[商品フィルタ] の横の [編集] をクリックします。

[特定の商品を選択する] の使い方

宣伝したい商品が具体的に決まっている場合は、[特定の商品を選択する] を選びます。商品アイテムの名前、ID、または URL をもとに、Merchant Center にアップロードしたアイテムから商品を検索できます。

在庫のない商品アイテムも選択できますが、在庫を確保できるまでは表示されません。このため、商品の入荷や在庫切れに合わせて設定を変更する必要はありません。

 

ステータスの意味

[特定の商品を選択する] を使用する場合は、検索結果で [詳細] をクリックすることにより、商品の詳細情報を表示できます。国ごとに商品アイテムのバージョンが異なる場合は、詳細情報もそれぞれ異なるものが表示されます。[ステータス] 列では、その国で商品アイテムの配信準備が整っているかどうかを確認できます。

: 商品によっては、「詳細」の横に黄色いアイコンが表示されます。このアイコンは、該当する国で商品のステータスが「不承認」または「在庫なし」になっている場合に表示されます。特定の国をターゲットに設定しており、その国で少なくとも 1 つの商品アイテムが「配信準備完了」になっていれば、そのキャンペーンは運用可能です。

以下のいずれかのステータスが表示されます。

  • 配信準備完了: 商品アイテムが承認済みで、動画広告のショッピング カードに表示できる状態になっています。
  • 不承認: 商品アイテムが Merchant Center アカウントで不承認となっています。不承認の理由は、Merchant Center のステータスの項目で確認できます。ポリシーと商品フィード仕様に違反している商品アイテムは自動的に特定されます。キャンペーンで商品アイテムを使用している場合はさらに個別審査が行われ、審査が完了するまでに 1~3 営業日かかります。商品アイテムは手動による審査を 1 回のみ受けることができます。
  • 在庫なし: 商品アイテムの在庫がありません。商品アイテムの在庫状況は、商品データの「在庫状況」属性で確認できます。「在庫状況」属性が「在庫なし」に設定されている国では、商品アイテムは配信されません。在庫のない商品アイテムを選択した場合は、在庫を確保できた時点で表示が始まります。

[カスタム フィルタを作成する] の使い方

注: AdWords リニューアル版では、商品の選択に使用する複数の属性が廃止され、カスタム フィルタの作成が簡単になりました。これで、Google Merchant Center のより柔軟なカスタムラベルから選択できるようになりました。その他の商品フィルタ オプション(「なし - すべての商品を指定する」および「特定の商品を選択する」)に変更はありません。5 月末には、AdWords 従来版でのカスタム フィルタの作成や編集はできなくなります。最終的には、AdWords 従来版でカスタム フィルタをご利用いただけなくなります。AdWords 従来版で作成したカスタム フィルタを使用するキャンペーンを引き続き実施するには、AdWords リニューアル版に切り替えて、キャンペーン設定からカスタム フィルタの選択を更新してください。

属性(ブランドやカテゴリなど)に基づいて宣伝する商品を決める場合は、[カスタム フィルタを作成する] を選択します。[次のすべてと一致] の下に表示されるメニューで属性を選択し、商品データに対応している値を入力します。

注意点:

  • 属性フィールドに入力するテキストは、商品データに表示されるテキストと完全に一致させる必要があります。
  • [+ AND] ボタンを使用すると、カスタム フィルタに最高 7 つまで属性を追加することができます。
  • [+ OR] ボタンを使用すると、別のカスタム フィルタを作成できます。
  • 1 つのカスタム フィルタに使用できる「商品カテゴリ」、「ブランド」、「Google 広告用の分類」は 1 つだけです。「Google 広告用のラベル」は複数使用することができます。たとえば、「商品カテゴリ」や「ブランド」を複数含めたい場合は、[+ OR] ボタンを使って、カスタム フィルタを追加してください。
  • 追加できる値は 1 つだけです。カンマで区切って複数の値を入力することはできません。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。