「クリック数の最大化」入札戦略について

「目標予算」入札戦略を使用したキャンペーンの作成はサポートが終了しました。「クリック数の最大化」ポートフォリオ戦略を使用するキャンペーンでは、1 日の平均予算で目標費用が決まることになります。詳しくは、目標予算のサポート終了についての説明をご覧ください。

「クリック数の最大化」は自動入札戦略の一種で、指定した予算内でクリック数を最大化できるように入札単価が自動的に調整されます。この記事では、「クリック数の最大化」自動入札戦略の仕組みと設定について説明します。

はじめに

どの自動入札戦略を使えばよいかわからない場合は、まず自動入札戦略についてをご覧ください。

注: 「自動入札機能」は「クリック数の最大化」に改称されました

これまで「自動入札機能」と呼んでいた入札戦略は、Google 広告で入札単価が自動設定される複数の入札戦略の 1 つにすぎないため、具体的に「クリック数の最大化」と改称することになりました。「クリック数の最大化」入札戦略の仕組みは従来の「自動入札機能」の仕組みと変わらず、ポートフォリオ入札戦略としても設定できるようになりました。ポートフォリオ入札戦略の詳細

仕組み

Google 広告は、目標予算の範囲内でキャンペーンのクリック数を増やすことを目指します。目標予算を特に指定しなければ、この入札戦略を使うキャンペーンの 1 日の予算の残高が目標予算として使われます。

特定の曜日や時間帯に広告を表示するように広告のスケジュール設定を行ったうえで、「クリック数の最大化」戦略を使えば、指定した曜日や時間帯に的を絞ってクリック数の増加を図ることができます。

「クリック数の最大化」は、1 つのキャンペーンで使うことも、ポートフォリオ戦略として設定することもできます。ポートフォリオ戦略では、複数のキャンペーンをグループにまとめて 1 つの戦略を適用します。詳細

クリック単価の上限

「クリック数の最大化」入札戦略では、入札単価の上限を設定できます。1 回のクリックに対してお支払い可能な料金の上限を設定できます。上限 CPC による入札の上限を指定しない場合は、目標予算の範囲内でクリックを最大限に獲得できるように入札単価が自動的に調整されます。

目標予算

「クリック数の最大化」ポートフォリオ入札戦略を簡素化するため、目標予算は入力値としてご利用いただけなくなりました。今後は、1 日の平均予算により、クリック数の最大化を使用したキャンペーンの費用が決まります。詳細

注: 目標予算と 1 日の予算の違いは、目標予算の制限は厳しいものではないという点です。予算の残高やクリック費用の変動次第で 1 日の費用が目標予算を超えることもあります。Google では、入札戦略を簡素化するために、入力値としての目標予算を廃止しました。

目標予算から移行するには、次の手順に沿って操作します。

  1. Google 広告にログインします。
  2. 右上にあるツールアイコン をクリックします。
  3. [入札戦略] をクリックします。
  4. 関連するクリック数の最大化ポートフォリオを選択します。
  5. ページの下部にある [設定] までスクロールします。
  6. 「1 日あたりの目標予算」を確認し、そのポートフォリオのキャンペーンの予算を調整します。
  7. 「1 日あたりの目標予算」の値を削除します。
  8. [保存] をクリックします

目標予算を削除すると、キャンペーンではキャンペーンの 1 日の予算を使用して費用が管理されるようになります。

Google 広告または AdWords API をご利用の場合は、ここをクリックして詳細をご確認ください。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。