Google 運用ガイド: オンライン広告を実店舗での売り上げにつなげる

デジタル空間のショーウィンドウを構築する


ユーザーをウェブから実店舗へと誘導するには、現在地の近くに店舗があり、目的の商品やサービスが手に入ることを伝えるのがポイントです。最も関連性の高い最新のビジネス情報が見込み顧客に表示されるようにする方法は、以下のとおりです。

Google でビジネスを宣伝する

Google マイビジネスは、Google 検索や Google マップに表示される実店舗のオンライン プレゼンスを管理するための、企業や組織用の使いやすい無料サービスです。無料のビジネス プロフィールを活用して Google 上での存在感を高めると、店舗の場所が見つけやすくなり、重要な最新のビジネス情報を常に提供できます。

店舗の詳細情報を管理する

ビジネス プロフィールでは、Google 検索や Google マップでどのようにビジネス情報を表示するかを管理でき、営業時間、ウェブサイト、住所を編集することが可能です。

ヒント

ご利用中の Google サービスから直接ビジネス情報を簡単に管理できるようになりました。これにより、Google 検索と Google マップから直接ビジネス情報を更新できるようになりました。詳細

お客様とつながる

顧客からのレビューを読んで、それに返信したり、ビジネスの内容を示す写真を投稿することもできます。ビジネス プロフィールに写真を追加しているビジネスでは、写真を追加していない場合と比べて、Google マップでのルート検索の回数が 42%、ウェブサイトへのクリックスルーの回数が 35% 増加しています。

Google 広告とリンクする

ローカル フォーマットの使用とオフライン コンバージョンの測定を開始するために最初に行う重要な作業は、Google マイビジネスを Google 広告アカウントにリンクすることです。店舗や拠点が 10 か所以上ある場合は、Google マイビジネス ロケーションのダッシュボードによる一括管理が便利です。このサービスではすべての拠点の情報を 1 か所で編集でき、オーナー確認済みの拠点の情報は Google 検索、Google マップ、Google 広告の各サービスで自動的に更新されます。

詳しくは、Google マイビジネスのヘルプセンターをご覧ください。

住所表示オプションを使って広告にローカル情報を表示する

住所表示オプションを使うと、広告に店舗や拠点の住所や地図、そこまでの距離を表示して、ユーザーに来店を促すことができます。ユーザーが電話で簡単に問い合わせられるように、電話番号や通話ボタンを追加することも可能です。

アカウントで住所表示オプションを有効にするには、次の 2 つの方法があります。

  1. 大手小売店で商品を販売したりサービスを提供したりする場合は、チェーン店舗の住所を Google 広告でアカウントに直接追加するのが最も簡単な方法です(推奨)。
  2. リストに小売店が表示されない場合や別の方法で有効にしたい場合は、Google マイビジネス アカウントにリンクすることもできます。

住所表示オプションの詳細

広告主様がメーカーの場合は、アフィリエイト住所表示オプションをご使用ください

店舗拠点を持たない場合でも、検索キャンペーンとディスプレイ キャンペーンで利用できるアフィリエイト住所表示オプションを使用すると、自社の商品を取り扱っている近隣の小売店が見つかるように、ユーザーに情報提供することができます。

アフィリエイト住所表示オプションの詳細

ヒント

来店コンバージョンを測定するには、標準の住所表示オプションまたはアフィリエイト住所表示オプションの機能を有効にする必要があります。

 

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。