適切なモバイルアプリ ユーザーにアピールする

アプリ キャンペーンの公式ガイド
Best Practices logo

素晴らしいモバイルアプリを作成したら、世界中のユーザーに公開しましょう。

そこで重要になるのが、アプリをダウンロードして使ってくれる適切なユーザーにどのようにアピールするかです。

このガイドでは、アプリ キャンペーンを使い、Google 検索、Google Play、YouTube、Gmail、Google ディスプレイ ネットワークを通じて、適切なユーザーにアプリをアピールする方法を説明します。

アプリ キャンペーンでは、アプリに適したユーザーにアプローチできるよう、Google の機械学習テクノロジーを駆使して入札単価の最適化や広告の作成を行います。機械学習を使用することで、何億ものデータ信号の組み合わせからユーザーと広告の接点やその経路などを分析し、高い成果が見込めるクリエイティブ アセットや入札単価などについてスマートな判断を行います。

ここでは、アプリ キャンペーンを成功させるための重要なステップについて説明します。

1. コンバージョン トラッキングを設定する

Android アプリと iOS アプリのインストール数とアプリ内アクティビティをトラッキングします。

理由: 既存ユーザーに関するコンバージョン データから価値の高いユーザーに関するパターンを特定し、それらの既存ユーザーに似た新規ユーザーを見つけることができるようになります。

手順については、コンバージョン トラッキングを設定するをご覧ください。

アプリのイベントとプロパティをトラッキングするには、次のいずれかの方法を使用します。

2. 目標に合わせてアプリ キャンペーンを設定する

アプリの現在の目標に基づいて、ターゲットにするユーザーのタイプを決定します。

理由: アプリのビジネス上の優先事項の変更に合わせて、アプリを売り込むユーザーのタイプを変えることができます。

目標 1: 新しいアプリのユーザーベースを構築する

目標インストール単価(CPI)に対するインストール数を最大限にしたい場合は、「すべてのユーザー」を対象に「インストール数」重視で最適化を行うアプリ キャンペーンを作成します。

  • 新規ユーザーの価値の平均に基づいて目標 CPI を設定します。
  • 予算を切らすことなく十分なデータを収集できるよう、キャンペーンの 1 日の予算は目標 CPI の 50 倍以上に設定します。

特定のユーザー行動にもつながるインストールを獲得する

「すべてのユーザー」ではなく「アプリ内での行動が見込めるユーザー」を対象として「インストール数」重視のアプリ キャンペーンを新しく作成します。このキャンペーンの目標 CPI は、「すべてのユーザー」をターゲットにしたキャンペーンの CPI よりも 20% 以上高く設定します。つまり、価値の高いインストールに対して、入札単価を引き上げます。

目標 2: アプリ内ユーザー行動につながるユーザーを重視する

ビジネスにとって価値の高いアプリ内ユーザー行動を特定したら、「アプリ内ユーザー行動」重視のアプリ キャンペーンを作成します。

  • アプリ内操作を完了する可能性の高い新規ユーザーを特定するための十分なデータを収集できるようにしましょう。キャンペーンで毎日少なくとも 10 人の異なるユーザーによって完了されたアプリ内操作を選択します。
  • 操作を完了したユーザーの価値の平均に基づいて目標 CPA を設定します。
  • 十分なデータを収集できるよう、キャンペーンの 1 日の予算は目標 CPA の 10 倍以上に設定します。

詳しくは、目標に合わせて異なるアプリ キャンペーンを設定するをご覧ください。

3. アプリ キャンペーンでの広告作成に役立つ多様なアセットをアップロードする

アプリ キャンペーンを立ち上げる際は、広告の作成に使用するテキスト、動画、画像のアセットを種類豊富に用意します。

理由: アプリ キャンペーンでは、さまざまなアセットを組み合わせることで、より多くの広告プレースメントに対して広告をパーソナライズできます。

  • 広告文は 1 行ごとに完結させ、文字数にバリエーションを持たせます。広告プレースメントごとに文字数制限が異なるためです。誤字脱字がないことを確認し、正しい文法を使用してください
  • 動画は 10~30 秒間で長さの違う魅力的なものを複数用意します。ユーザーのデバイスの向きに対応できるよう、横長、縦長、スクエアなどの異なるアスペクト比の動画を準備してください。
  • モバイルサイトやモバイルアプリを使用中のユーザーへのリーチを拡大するため、Google ディスプレイ ネットワークで人気の高い各種広告サイズに対応した鮮明な画像をアップロードします。

アプリ キャンペーンの成果向上につながるクリエイティブ アセットを作成する

4. 目標に応じてパフォーマンスを評価する

マーケティング目標に即した指標に重点を置きます。

理由: アプリ キャンペーンの成果に基づいて入札単価と予算を調整します。

  • 評価対象期間は、広告の典型的な「コンバージョン達成までの所要時間」以上の長さに設定します。
  • 「コンバージョン達成までの所要時間」を考慮して設定した評価対象期間において、アプリ キャンペーンが目標コンバージョン単価を達成できているかどうか調べます。
  • コンバージョン数を増やしたい場合は、目標入札単価と予算を引き上げます。費用対効果(ROI、投資収益率)を上げたい場合は、目標とする入札単価を引き下げます。

詳しくは、目標に応じたパフォーマンス評価をご覧ください。

5. アプリ キャンペーンを系統的に新しい方向へ導く

慎重に管理された変更を実施し、アプリ キャンペーンのパフォーマンスを改善します。

理由: アプリ キャンペーンでは、新しい目標入札単価の達成に適したユーザーの獲得に向けて、データを収集する必要があります。

  • アプリ キャンペーンでは、より多くのコンバージョン データを収集するため、より一貫性の高い結果が得られます。入札単価の変更は、コンバージョンが少なくとも 100 件に達してから行うのが理想的です。
  • キャンペーンの 1 日の CPI の変動を少なくしたい場合は、CPI の変更を小さくします。20% 未満の CPI 変更であれば、安定した結果が得られます。
  • 最適化の目標を、たとえば「インストール数」から「アプリ内ユーザー行動」に変更する必要がある場合や、別のアプリ内ユーザー行動に切り替える場合は、新しいアプリ キャンペーンを作成します。現在のアプリ キャンペーンがマーケティング対象としているユーザー層の行動は、新しい目標の達成に適したユーザー層とは異なる可能性があります。
ただし、iOS 用のアプリ キャンペーンの場合は注意が必要です。Apple はまもなく iOS 14 ユーザー向けの新プライバシー ポリシーの導入を予定しており、これによってキャンペーンの構成に制約が生じます。最大限のパフォーマンスを維持するには、アプリ インストール キャンペーンは各 iOS アプリにつき 8 個以内にまとめる必要があります。
  • クリエイティブ アセット レポートで「最良」掲載結果グループに分類されているアセットに似たクリエイティブ アセットを追加しましょう。長期的には、既存のアセットを置き換えるよりも先に、アプリ キャンペーンで使用可能なクリエイティブ アセットをできるだけ種類豊富に用意することが重要です。

詳しくは、アプリ キャンペーンを系統的に新しい方向へ導くをご覧ください。

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false
false