Google の運用ガイド: 適切なモバイルアプリ ユーザーにアピールする

目標に合わせて異なるユニバーサル アプリ キャンペーンを設定する


ユニバーサル アプリ キャンペーンでは、複数のタイプのアプリユーザーをターゲットとすることができます。新しいアプリのインストール数を増やしたい、あるいはアプリ内ユーザー行動の促進に力を入れたいなど、さまざまな目標に対応できます。

優先順位が高いマーケティング目標に合わせて、異なる App campaigns を設定しましょう。

複数のユニバーサル アプリ キャンペーンを管理する

新しい目標に向けて最適化を行う場合は、新しいキャンペーンを設定することをおすすめします。新しいキャンペーンを設定した方が、それぞれの目標の達成に必要なユーザーに対する入札単価と広告を最適化しやすくなります。

複数の目標を同時に達成したい場合は、複数の App campaigns を同時に設定することができます。ただし、App campaigns 同士が、互いに似たタイプのユーザーを獲得するのに摩擦が起きる恐れがあります。このような摩擦を軽減するには、優先順位が高い方の目標に向けた App campaigns の入札単価と予算を引き上げてください

目標 1: 新しいアプリのユーザーベースを構築する

目標インストール単価(CPI)に対するインストール数を最大限にしたい場合は、「すべてのユーザー」を対象に「インストール数」重視で最適化を行う App campaigns を作成します。

この設定は、アプリのユーザー基盤を構築することに重点を置いています。新規ユーザーが増えると、価値の高いユーザーの傾向を把握するためのコンバージョン データが収集されます。
 

例: 価値に基づいて目標 CPI を設定する

モバイルゲームを宣伝しているとします。以前宣伝した類似するゲームのコンバージョン データから、ゲームをインストールした 10 人のうち 1 人は最初の 30 日間で 2,000 円相当のアップグレードを購入することが見込まれています。

10 人のユーザーのうち 1 人は 2,000 円の価値があるため、インストール 1 回につき最大 200 円( 2000 円 ÷ 10 回のインストール)を投資できることになります。

ヒント

十分なコンバージョン データを収集できるよう、予算を切らさないようにしましょう。

「インストール数」を重視した最適化を行う場合は、キャンペーンの 1 日の予算を目標 CPI の 50 倍以上に設定してください。たとえば、目標 CPI が 200 円の場合、予算は 10,000 円以上に設定します。

特定のユーザー行動にもつながるインストールを獲得する

「すべてのユーザー」ではなく、「アプリ内での行動が見込めるユーザー」を対象とした「インストール数」重視の App campaigns を新しく作成します。ターゲットを絞ったキャンペーンの目標 CPI は、「すべてのユーザー」をターゲットにしたキャンペーンの CPI よりも 20% 以上高く設定します。価値の高いインストールに対して、入札単価を引き上げるのです。入札単価を少なくとも 20% 引き上げることで、Google 広告 によって価値の異なる 2 つのユーザー層が区別されるようになります。

目標 2: アプリ内ユーザー行動を完了したユーザーを重視する

ビジネスにとって最も価値の高いアプリ内ユーザー行動を特定したら、目標アクション単価(CPA)でこのアプリ内ユーザー行動を取ってくれる新規ユーザーを獲得します。

ユニバーサル アプリ キャンペーンを新しく作成し、その「キャンペーンの最適化」を「アプリ内ユーザー行動」重視に設定します。

最適化を効果的に行うために十分なデータを収集できるアプリ内ユーザー行動を選択する

コンバージョン アクションは、発生頻度が高いほど、そのアクションを達成する新規ユーザーを獲得するために収集できるデータも多くなります。最も価値の高いアプリ内ユーザー行動を取っているユーザー数が、毎日10 人に満たない場合は、アプリ内でもっと頻繁に発生するユーザー行動を代わりに選択しましょう。

たとえば、モバイルゲームでの最も価値の高いアプリ内ユーザー行動がアップグレードの購入であるのに対し、この行動を完了するユーザーが毎日 10 人に満たない場合は、別の行動を選択する必要があります。支払い情報の追加やレベルアップなど、アップグレードにつながる可能性があり、しかもキャンペーンで毎日少なくとも 10 人のユーザーが完了する行動を選択します。

例: 価値に基づいて目標 CPA を設定する

引き続きモバイルゲームの例を用いて、今度はアップグレードを購入するユーザーをもっと獲得したい場合を考えてみます。アプリ内ユーザー行動であるアップグレードにより、毎回 2,000 円相当の収益がもたらされます。

この場合、目標 CPA の上限を 2,000 円に設定するとよいでしょう。この金額は、目指したい利益とコンバージョン数に応じて調整できます。

ヒント: 設定する目標 CPA がわからない場合は、アプリを宣伝している他のオンライン キャンペーンの CPA を参考にしてみましょう。まずはその値から始め、ユーザーの価値に関するデータが増えるにつれて、目標 CPA を調整します。

ヒント

十分なコンバージョン データを収集できるよう、予算を切らさないようにしましょう。

「アプリ内ユーザー行動」を重視した最適化を行う場合は、キャンペーンの 1 日の予算を目標 CPA の 10 倍以上に設定してください。たとえば、目標アクション単価が 2,000 円の場合、予算は 20,000 円以上に設定します。

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。