スマート自動入札の効果的な運用

入札の自動化と最適化のベスト プラクティス

A woman looking at her laptop. Next to her are 3 icons: upward arrow, list, and checkmark.

 

スマート自動入札では、Google AI を活用して、時間を節約しながら、より的確なデータに基づいて入札単価を設定できます。このガイドでは、スマート自動入札戦略を使用するメリットと、検索キャンペーンでパフォーマンスを高める方法について説明します。

このページの内容

ステップ 1: アカウントを効果的に設定する

目標を 1 つ指定してキャンペーンを作成し、正確なコンバージョン データを使用します。次に、追加の検索語句を探すために、スマート自動入札を部分一致キーワードおよびレスポンシブ検索広告と組み合わせます。

Gear iconスマート自動入札は、何千億もの検索語句とシグナルの組み合わせに基づいて AI モデルをトレーニングし、オークション時にこれらのシグナルを使用して、広告主の目標を達成できるように入札単価を設定します1


アカウントを効果的に設定する方法の詳細

 

ステップ 2: 適切な入札戦略を選択する

主なビジネス目標に基づいて入札戦略を選択します。AI による入札を最大限に活用するには、任意で目標コンバージョン単価を設定できる「コンバージョン数の最大化」や、任意で目標広告費用対効果を設定できる「コンバージョン値の最大化」を使用できます。

事例紹介

1StopLighting logo

1STOPlighting は、屋内と屋外の照明器具、ガーデン パラソル、家具などを販売する小売照明店です。同社は、複数のブランドと商品カテゴリで利益を維持しながら収益を拡大したいと考えていました。利益目標に合わせて最適化するために目標広告費用対効果に基づく入札のテストを行ったところ、パフォーマンスの大幅な向上が見込まれました。1STOPlighting は、すべてのショッピング キャンペーンを目標広告費用対効果重視の入札に移行し、利益を 214% 増加することができました。


適切な入札戦略を選択する方法の詳細

 

ステップ 3: 入札戦略をテストする

Google 広告 のテストを使用すると、長期にわたる大規模なキャンペーンについて、一度に 1 つの変数をテストできます。たとえば、既存の入札戦略に対して、任意で目標広告費用対効果を設定して「コンバージョン値の最大化」をテストできます。

Gear icon入札戦略を「目標コンバージョン単価」から「目標広告費用対効果」に切り替えると、広告費用対効果は同じ水準のままでコンバージョン値が平均 14% 向上します2

 
入札戦略をテストする方法の詳細

 

 ステップ 4: パフォーマンスを評価する

入札戦略レポートには、設定したパフォーマンス目標と比較したキャンペーンのパフォーマンスが表示されます。また、最適化案では、キャンペーン全体でパフォーマンスを高める方法のヒントを確認できます。

Checkmark iconスマート自動入札の仕組みを把握している場合は、こうしたビジネス インサイトを別の場所でも利用できます。

 
入札戦略のパフォーマンスを評価する方法の詳細

 

 

1. Google 内部データ、グローバル、2023 年 4 月
2. Google 内部データ、グローバル、2023 年 2 月

 

Mail icon Google 広告に関する上級者向けのヒントや最新情報をメールでお届けします。運用ガイド ニュースレターにご登録ください

 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Achieve your advertising goals today!

Attend our Performance Max Masterclass, a livestream workshop session bringing together industry and Google ads PMax experts.

Register now

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー