改善の指針としての品質スコア: Google がおすすめする実践的な手法

広告の品質向上において重要な点とそうでない点


オークションの際の品質評価と、アカウントに表示される 10 段階の品質スコアには違いがあることにご注意ください。広告品質に関するヒントをいくつかご紹介します。

広告の品質向上において重要な点とそうでない点を理解する

品質スコアに関するよくある誤解を解消するため、重要な点とそうでない点の例を簡単にまとめました。これらを理解することは、広告の品質を的確に向上させるのに役立ちます。

ユーザーの使用デバイス: 重要

広告の品質を計算する際は、ユーザーの使用デバイス(ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど)が考慮されます。サイトをモバイルに対して最適化し、モバイル ユーザーをターゲティングする際はなるべくモバイル向けの広告やページを使用しましょう。モバイルサイトを別個に設けることは必須の要件ではありませんが、モバイル ユーザーが情報を見つけやすく、直感的に操作できるサイトになっていることは重要です。

ユーザーの意図との関連性の高さ: 重要

ユーザーの検索内容や意図との関連性の高さは、広告品質の核心とも言える要素です。ユーザーが目的の情報の入手や商品の購入、その他のタスクを完了しやすく、操作が容易な広告やサイトは、広告の品質評価も高くなります。スコアが高くなるよう小手先の技術で操作するのではなく、ユーザーの検索内容に応える関連性の高い広告を表示するようおすすめしているのはそのためです。

新しいキーワードを追加する際の、関連キーワードでの過去の掲載結果: 重要

Google では、新しいキーワードを一から評価するのではなく、関連する既存の広告やランディング ページの情報がまず考慮されます。関連するキーワード、広告、ランディング ページの状態が良好なら、通常はそのまま高い評価が得られます。ただし、追加のデータが収集されると、そちらが重視されるようになります。つまり、アカウントの状態を良好に保つことは、掲載結果への最初の期待値に影響しますが、より確実なデータが十分に収集されると、それに基づいて評価されるようになります。関連性のある検索内容、特に自社の広告の品質が高く評価されやすい分野でのリーチ拡大に努めましょう。

アカウントの構造: 重要でない

ユーザーにとっての利便性に影響しない要素は、品質評価にも品質スコアにも影響しません。アカウントは管理しやすいよう自由に構成しましょう。キャンペーン名や広告グループ数は、必要に応じて変更しても問題ありません。広告グループ単位、キャンペーン単位、アカウント単位の「品質スコア」は存在しません。また、既存のキーワードを新しい広告グループやキャンペーンに移しても、広告文やランディング ページを変更していなければ、品質には影響しません。ただし、別の広告文を使った広告グループにキーワードを移動した場合は、ユーザーにとっての利便性にも変化が生じるため、広告品質の期待値、ひいては品質スコアも変わる可能性があります。

他のネットワークでの広告掲載: 重要でない

Google 広告アカウントで Google ディスプレイ ネットワークや Google の検索パートナーをターゲットに設定しても、Google 検索における広告の品質評価には影響しません。トラフィックの増加のために検索パートナーおよびディスプレイ ネットワークへの掲載を試す場合は、キーワードの場合と同様に、既存のパフォーマンス指標(コンバージョン数、アクション単価など)が役立ちます。

ページ内での掲載位置(順位): 重要でない

上位の掲載順位を獲得できるに越したことはありませんが、それ自体は広告の推定クリック率には影響しません。推定クリック率は、実際の掲載順位をもとに正規化されます。たとえば最上位の掲載位置では 3 番目の掲載位置よりも多くのクリックが得られることが予想されます。広告の視認性に影響する他の要素、たとえば広告表示オプションやその他の広告フォーマットについても正規化が行われます。

このため、品質スコアを高めるために入札単価を引き上げる必要はありません。クリック数、コンバージョン数、費用など、ビジネス上最適なパフォーマンスが得られるよう、自由に入札単価を調整しましょう。

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false