改善の指針としての品質スコア: Google がおすすめする実践的な手法

Google 広告の品質スコアについて


はじめに

広告の利便性向上は、ユーザー、広告主様、Google の 3 者すべてにとってメリットがあります。これは Google 広告の設計理念でもあり、その理念を実現する方法の 1 つが、広告主様の作成する広告の品質を測定することです。

品質の測定により、有用性の高い広告が Google 検索結果ページの上位の掲載位置に表示されるようになり、ユーザーは検索内容に対して関連性の高い広告を見ることができ、広告主様は商品を購入する見込みが高いユーザーからのクリックを得やすくなります。高品質な広告は、ユーザーの満足度を高められるだけでなく、クリック単価を抑えられる、広告表示オプションでより多くの情報を提示する機会が得られるなど、広告主様にも利点があります。

Google の広告主様にとって広告の品質がきわめて重要なのはそのためです。その一方で、品質の測定、特に管理画面に表示される指標「品質スコア」については、さまざまな誤解が生じがちです。ここでは、品質スコアの捉え方と対応方法を解説することによって、そういった誤解の解消に努めたいと思います。

取り上げる内容は次のとおりです。

  • 10 段階の品質スコアとその解釈方法、表示回数やクリック数といった単純な統計データとの違い
  • 品質スコアの重要性と、品質スコアだけにこだわってはいけない理由
  • 品質スコアをユーザーの満足度を高める指針として利用する方法

特に重要なのが最後のポイントです。ユーザーが求めるものを提供できれば、品質スコアも自然とついてきます。

このガイドでは、Google 広告管理画面に表示される 1~10 の品質スコアを指して「品質スコア」という表現を使用します。これに対して「広告の品質」などの表現はより詳細な品質評価を指し、検索広告の掲載位置を決める実際のオークションの判断基準に近いのはこちらです。読み進むことでおわかりいただけるように、両者は(互いに関係があるものの)まったく別個の概念です。

では、品質について考えていきましょう。


品質スコアは有用な診断ツールだが、主要パフォーマンス指標(KPI)ではない

優れた広告はユーザー、広告主様、Google の 3 者すべてにとって有益です。このため Google 広告では、高品質な広告を識別し、優遇するシステムを採用しています。優れた広告は、広告ランク向上のほか、次のようなメリットにもつながります。

  • クリック単価の削減
  • 広告掲載順位の向上
  • 広告表示オプションや他の広告フォーマットを表示できる機会

広告はオークションに参加するたびに品質を評価されます。しかし、ここで注意するべきなのは、管理画面に表示される品質スコアは、オークションの際のリアルタイムの品質評価を直接反映したものではないという点です。オークションで判断基準となる要素はあまりに多岐にわたるため、1 つの数値で品質を表すことはできないのです。品質スコアはあくまで、オークションにおけるパフォーマンスを診断した総合的な指標と考えましょう。

1~10 の品質スコアがオークション結果を直接反映していれば話は単純ですが、実際のオークションでは、それ以外にもユーザーの検索語句そのものや、そのクエリのコンテキストなど(例: 使用デバイス、所在地、時間帯)、さまざまな要素がリアルタイムに考慮されます。管理画面に表示される品質スコアは、広告のサンプルに対して算出された平均値であり、そのような要因による変動は反映されません。品質スコアでは、3 つの要素について最近のパフォーマンスの概要が表示され、広告の掲載結果向上に役立てることができます。1

1. 推定クリック率 広告がクリックされる可能性の高さ
2. 広告の関連性 検索内容に込められたユーザーの意図と広告との一致の度合
3. ランディング ページの利便性 ユーザーにとってのページの関連性、情報の透明性、操作性

各要素は「平均値」、「平均より上」、「平均より下」のいずれかのステータスで表示されます。

ユーザーが Google で検索を行うたびに、これらの要素が再計算され、広告ランクの決定に使用されます。

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告上級者におすすめの方法やサービスの最新情報がメールで届きます。

 

 

1 オークションの際は他の要素も考慮されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。