クリック単価制でのキーワードの選定: Google がおすすめする実践的な手法

成果拡大と管理性向上に向けたマッチタイプの活用


Google 広告アカウントで戦略を練る際には、キーワードのマッチタイプを含め、キーワードが果たす全体的な役割を理解することが重要です。

ロングテール型の検索語句には部分一致を使用し、完全一致は検索ボリュームや価値の大きい語句に取っておく

キーワードはユーザーの検索語句に対するターゲティングのベースとなるものですが、マッチタイプはキーワード ターゲティングのロジックを制御するものです。

 

部分一致と完全一致

部分一致キーワードと完全一致キーワードは、どちらも意味による一致を使用します。意味による一致では、ユーザーが行う検索の「意味」に重点が置かれます。部分一致ではユーザーの意図に関係するさまざまな検索語句を発掘してターゲットにできる一方、完全一致ではお客様が設定したキーワードと同じ意図の検索語句をターゲットにできます。

 
マッチタイプ キーワード 一致する検索語句
完全一致 フラワー アレンジメント フラワー アレンジメント
生花 アレンジメント
花束 アレンジ
(その他、似た意味の語句)
部分一致 [フラワー アレンジメント] フラワー アレンジメント教室
花の配送
バラ花束
(その他、似た意味の語句)
 

フレーズ一致や完全一致のキーワードの細かい類似パターンは作成しない

価値の高い検索語句ではマッチタイプを絞り込む

一致条件の厳しいマッチタイプを使用すれば、入札単価や広告の内容をより細かく管理できますが、フレーズ一致や完全一致をターゲティング戦略の主軸にすることはおすすめしません。アカウントの構造や管理が過度に煩雑になる上、部分一致で得られたはずの価値あるトラフィックを逃すことになりかねないからです。

完全一致やフレーズ一致タイプのキーワードは、価値や検索頻度が高い検索語句に絞って使用しましょう。こういった語句では、入札単価や広告をより細かく管理できるメリットを活かすことができます。

 
マッチタイプ 使用例
完全一致 基本的な意味がキーワードと同じ検索をターゲットにします。
フレーズ さまざまな検索語句で繰り返される単語のセットをターゲットに設定し、そうした検索語句のトラフィックをすべて管理します。このマッチタイプでは語順の違いも区別されます。たとえば「花 ブーケ」と「ブーケ 花」とでは扱いが異なります。
絞り込み部分一致 さまざまな検索語句で繰り返される単語のセットをターゲットに設定し、そうした検索語句のトラフィックをすべて管理します。このマッチタイプでは語順の違いは区別されません。たとえば「花 ブーケ」と「ブーケ 花」の扱いはまったく同じです。
 

構文を検出するマッチタイプのキーワードを設定する場合は、その手間に見合った成果を期待できる、十分な検索ボリュームの部分一致キーワードを探します。こういった語句を見つけるには、検索語句レポートをクリック数やコンバージョン数で並べ替えます。これらのキーワードで絞り込んだトラフィックに対して、専用に調整した広告文を表示するには、該当キーワードを新しい広告グループに入れる必要がある点に注意しましょう。

フレーズ一致や完全一致キーワードの類似パターンの作成に時間をかけすぎないようにしましょう。完全一致のキーワードとフレーズ一致のキーワードでは、スペルミス、単数形と複数形、頭字語、略語、アクセント、語形の変化といった類似パターンも対象となります。また、完全一致キーワードでは同じ意図を持つキーワードも対象となります。

除外キーワード マッチタイプでは類似パターンは対象になりません。たとえば、「アレンジメント」と「アレンジメンツ」を除外する場合は、両方を除外キーワードとして追加する必要があります。

ヒント

各マッチタイプの成果について、判断できる基準をアカウント内に構築します。これにより、新しいキーワードの入札単価を決めやすくなります(個別単価設定を使用する場合)。その後は実際の掲載結果に応じて調整していきます。

 

価値の高いキーワードは他のマッチタイプへも展開する

部分一致から完全一致に変更すると、価値の高い語句のトラフィックを管理しやすくなります。逆に、フレーズ一致や完全一致を部分一致に変更すると、ボリュームを増やすことができます。

フレーズ一致や完全一致のキーワードを、クリック数やコンバージョン数、アシスト コンバージョン数に基づいて並べ替えてみましょう。成果の高いキーワードの中に、フレーズ一致や完全一致だけで運用しているものがあった場合は、同じキーワードの部分一致や絞り込み部分一致も追加することをおすすめします(こうしたおすすめのキーワード候補は [最適化] タブにも表示されます)。

リーチを拡大しつつ十分な成果を保ちたい場合は、部分一致キーワードに除外キーワードを追加したり、自動入札機能を使用したりすると効果的です。

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。