コールアウト表示オプションについて

コールアウト表示オプションを使うと、送料無料や 24 時間カスタマー サービスなどの他にはないサービスをアピールできます。ユーザーはその広告を見ることで、お客様のビジネスや商品、サービスに関する詳しい情報を確認できます。この記事では、コールアウト表示オプションの概要をご紹介します。

コールアウト表示オプションの使い方の詳細

コールアウトが表示される仕組み

コールアウト表示オプションを作成すると、パソコンやモバイル端末上に広告とともに表示されます。コールアウト表示オプションを使用すると、使用している文字の間隔、ブラウザ、デバイスに応じて、広告文とは別に最大 10 個までコールアウトを表示できます。また、コールアウトの表示形式は、広告が掲載されるデバイスの種類などの要因によって変わります。コールアウト表示オプションは、パソコンで表示される場合は点で区切られ、1 行に並んで表示されますが、モバイル端末とタブレット端末に表示される場合は段落形式で表示されます。コールアウト表示オプション付きの広告は、Google 検索結果の上部または下部に表示されます。

以下は、パソコンでのコールアウトの表示例です。

アマノ電気店 - お手頃価格
広告 www.example.com
ノートパソコン、スマートフォン、ビデオゲーム各種取り揃えております。
送料無料 • 24 時間カスタマー サービス • 最安価格保証

メリット

  • サービスの内容をハイライト: 簡潔な言葉やワンフレーズで、主力のサービスや特色をアピールできます。
  • 柔軟にカスタマイズ可能: アカウント、キャンペーン、広告グループの各単位で設定できるため、一般的な情報でも具体的な情報でも広告に追加できます。コールアウトを表示する期間、曜日、時間帯も指定可能です。

コールアウトの仕組み

コールアウトは、アカウント、キャンペーン、広告グループの各単位で追加できます。コールアウトを使用するには、追加する単位を選び、コールアウト文を作成して、表示のスケジュールを設定します。広告にコールアウトが表示されるか、いくつのコールアウトが表示されるかは、コールアウトの順序、長さ、成果によって決まります。

目安として、アカウント単位やキャンペーン単位ではお客様のビジネス全体に共通する情報(「24 時間電話サポート」など)を示し、広告グループ単位では具体的な情報(「無料ギフト包装」など)を示します。すでにコールアウトが設定されているキャンペーンで、広告グループにコールアウトを追加した場合、その広告グループの広告には、キャンペーン単位のコールアウトではなく広告グループ単位のコールアウトが使用されます。

コールアウト表示オプションを追加しても費用はかかりませんが、広告がクリックされた場合には通常の費用が発生します。

運用のヒント

コールアウトを作成または最適化するときは、以下のヒントを参考にしてください。

  • 具体的に: 詳しく記載することで、ユーザーは求めている商品やサービスがあるかどうか判断しやすくなります。たとえば「燃費抜群」よりも「リッターあたり 14.5 km」のほうがおすすめです。
  • アカウント単位で表示オプションを追加する: アカウント単位で表示オプションを追加することで、すべての広告でコールアウトが表示されるようにします。ビジネス全体に共通するアカウント単位のコールアウトを作成しましょう(「24時間電話サポート」など)。
  • 下位の単位で表示オプションをカスタマイズ: 「無料ギフト包装」や「集荷サービス」など、ビジネスの特定の部分のみにあてはまるサービスや特長をアピールする場合は、キャンペーン単位や広告単位でより詳細なコールアウトを設定します。下位の広告表示オプションは常に上位の広告表示オプションよりも優先されるため、キャンペーンや広告グループの単位でコールアウトを追加した場合、アカウント単位で作成したコールアウトは表示されません。
  • 適切な形式を選択する: ビジネスで提供している一連の商品やサービスを余すことなく伝える構造化スニペット表示オプションとは異なり、コールアウト表示オプションでは、ビジネスの特色をいくつかの単語または短いフレーズでアピールする必要があります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。