YouTube での広告掲載について

YouTube では、ユーザーがさまざまな方法(YouTube の検索ページで検索する、動画再生ページで関連動画をクリックする、トップページのフィードから動画を選択するなど)で動画を見つけることができます。YouTube を使用すると、お客様の商品またはブランドを検索しているユーザーにより効果的に広告を配信できます。

YouTube で広告を掲載するメリット

  • 視聴者とつながる: 動画広告を使用すると、印象に残る独特の方法で見込み顧客とつながることができます。直接話しかけたり、専門知識を世界中の視聴者と共有したり、自分でカメラを持って商品またはサービスのメリットを説明したりすることができます。
  • 適切な視聴者にリーチできる: トピック、キーワード、ユーザー属性(「35 歳未満の女性」など)に基づいて YouTube を視聴している顧客にリーチします。
  • 数分程度で動画キャンペーンを作成できる: アカウントを作成して、動画広告を作成またはアップロードするだけで、視聴者にリーチできます。
  • 成果を測定できる: 適切な視聴者にリーチできているかどうかを把握できます。Google 広告アカウントで動画の再生回数、費用、予算の詳細を確認しましょう。YouTube アカウントで [アナリティクス] タブに移動して、視聴者の詳細を確認します。たとえば、顧客がどの動画をどれほどの時間視聴しているかを確認することができます。

ご利用いただける国

YouTube で広告掲載が許可されている国のみを対象に広告を配信できます。ご利用可能かどうかは国によって異なる場合があります。サポートされている国の一覧

YouTube とユーザー エンゲージメント

YouTube は、動画へのアクセス、共有、コミュニティという独自の組み合わせにより、他に類を見ないユーザー エンゲージメントの機会を生み出しています。視覚、音声、動きを活用したコンテンツによって、他の形式のメディアでは得られない共感を呼ぶことができます。

動画広告を YouTube 広告で配信したり、YouTube でキュレートされたプロフィール ページでホストしたりすると、ユーザーがそれらの動画広告を見つけたりエンゲージメント(共有、コメント、評価)したりしやすくなります。

動画の作成者は、YouTube アナリティクスなどの高度な測定ツールを使って、視聴者に関する膨大なデータを得ることができます。こうしたデータには、ユーザーの属性、エンゲージメントのレベル、同様の動画と比較した掲載結果データなどがあります。これらのデータを使用して、ターゲットとするユーザー層での視聴者数の拡大を図ることができます。

YouTube 向け動画広告フォーマット

目標に応じて、YouTube でさまざまな広告フォーマットを使用できます。下記はその例です。

  • スキップ可能なインストリーム広告
  • スキップ不可のインストリーム広告
  • バンパー広告
  • TrueView ディスカバリー広告
  • マストヘッド広告

YouTube で使用できる動画広告フォーマットの概要

見込み顧客へのリーチ

YouTube とディスプレイ ネットワークでは、以下のような方法で特定の視聴者に広告を表示できます。

  • キーワードによるコンテンツ ターゲット: キーワードを使って、関連性の高い動画コンテンツに広告を掲載できます。これは、ディスプレイ ネットワークでのコンテンツ ターゲットと同じ仕組みで、ディスプレイ ネットワークと YouTube の両方に適用されます。
  • ユーザー属性: お客様の商品やサービスに最も関心を持ちそうなユーザー層に、年齢、性別、子供の有無などの数値化可能な特性に基づいてリーチします。ユーザー属性ターゲティングについて
  • トピック: 特定のトピックに基づいてユーザーにリーチします。
  • カスタマー マッチ: オンラインとオフラインの自社データを使用して、顧客に再アプローチできます。カスタマー マッチの詳細
  • 類似ユーザー: 自社データのリスト(通常はリマーケティング リストまたはカスタマー マッチ リスト)に基づくターゲティング機能で、リマーケティング リストまたはカスタマー マッチ リストと類似した特徴を持つ新規ユーザーをターゲティングすることにより、最も成果の高い視聴者により多くリーチすることができます。類似ユーザーの詳細
  • 動画リマーケティング: 動画、TrueView 広告、YouTube チャンネルの操作履歴に基づいて視聴者にリーチします。すでに Google アカウントを Google 広告アカウントにリンクしている場合、Google 広告によってリマーケティング リストが自動的に作成されます。YouTube 視聴者へのリマーケティングについての詳細
  • 興味 / 関心: 表示されたカテゴリからトピックを選択して、そのトピックに関心があるユーザーにリーチします。そのユーザーが別のトピックに関連するページにアクセスしているときでも広告を表示できます。オーディエンス ターゲティングについての詳細
    • アフィニティ カテゴリ: 関連するトピックにすでに強い関心を持っているユーザーに動画広告を表示して、ブランドの認知度を高めたり購入を促したりすることができます。
    • カスタム アフィニティ カテゴリ: カスタム アフィニティ カテゴリを利用すると、テレビ広告のように広い範囲ではなく、ブランドに合わせてよりターゲットを絞ったアフィニティ カテゴリを作成できます。たとえば、ランニング シューズを販売している企業が「スポーツファン」ではなく、「熱心なマラソン愛好者」にリーチしたい場合などに利用できます。
    • ライフイベント: 引越し、大学卒業、結婚などの人生の節目において、購入行動やブランドの好みが変化している見込み顧客にリーチします。
    • 購買意向の強いオーディエンス: お客様が提供するサービスや商品に似たものを活発に調べて購入しようと考えている顧客を見つけます。
    • カスタム インテント オーディエンス: 最近 Google 検索で使用した検索語句に基づいて、購買決定プロセスのさなかにいる視聴者にアプローチできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。