動的リマーケティング用の広告を作成する

 

注: レスポンシブ ディスプレイ広告は、2018 年の夏より、新しい Google 広告におけるディスプレイ ネットワークの新しいデフォルト広告タイプになります。これにはレスポンシブ広告のすべての機能が含まれ、各タイプで複数のアセットが使用可能になるほか、広告をより詳細に管理できるようにもなります。現在レスポンシブ広告を運用している場合は、レスポンシブ ディスプレイ広告として保存するよう求められます。

 

動的リマーケティング キャンペーンでは、広告主様が管理してキャンペーンに添付した商品フィードの中から、個々のユーザーに合ったコンテンツが表示されます。レスポンシブ ディスプレイ広告は、今後、動的キャンペーンの標準となります。Google では当初レスポンシブ デザインでない広告をご用意していたため、ここではそのテンプレートについてご説明します。

レスポンシブ ディスプレイ広告は、ほとんどすべての広告スペースに表示可能で、作成や編集も簡単です。詳しくは、レスポンシブ ディスプレイ広告の作成方法についての記事をご覧ください。

レスポンシブ ディスプレイ広告にない機能が必要な場合は、Google Web Designer でカスタム動的広告をアップロードすることもできます。手順は以下のとおりです。

留意点

標準の動的広告を使用している場合は、動的キャンペーンでレスポンシブ ディスプレイ広告の候補が自動的に表示されることがあります。これらの広告は、確認して有効にするまで一時停止の状態になります。

既存の標準の動的広告は、新しい Google 広告では読み取り専用になりますが、広告主様が一時停止しない限り引き続き配信されます。

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

上記のとおり、レスポンシブ ディスプレイ広告は、従来版の AdWords では使用できません。レスポンシブ広告の動的リマーケティングに関する注意事項を次に示します。

  • Formatted price(書式付きの価格)をフィードに追加した場合、広告の作成時に Google 広告で追加した通貨記号の代わりに、その書式付きの価格が使用されます。
  • レスポンシブ広告の表示サイズは、動的フィード画像で対応できるサイズよりも種類が多いため、必ずしもフィードの画像が使用されるとは限りません。
  • プレビューに表示される商品は説明のみを目的としたものです。フィードがパーソナライズド広告のポリシーに準拠していることをご確認ください。
  • Google では、掲載結果を高めるため、小売業を営む広告主様の関連性の高い商品に「新着」や「注目」、「値下げ」などのレイアウトタグを表示することがあります。これらのレイアウトタグは、フィードから取得した商品に関するインサイトに基づいて自動的に表示されます。詳細
  • 広告掲載時にすべてのアセットが使用されるわけではありません。たとえば、ディスプレイ ネットワークでのリーチを拡大するため、画像を使用せずに広告が表示される場合があります。

詳しくは、動的リマーケティングでのフィードの使用に関する説明をご覧ください。

レスポンシブ広告の価格をカスタマイズする方法

フライト、ホテルや賃貸物件、地域限定の商品やサービス、旅行、またはカスタムのフィードを使用している場合は、レスポンシブ広告で使用するフィードの価格属性をカスタマイズできます。詳しくは、フィードに関する記事と、次のようなカスタム価格属性に関する説明をご覧ください。

  • 1,000,000 の代わりに 1 M を使用する
  • 1,000,000 の代わりに $1 M+ を使用する

Google 広告で動的商品フィードを使ってレスポンシブ広告を運用すると、価格プレフィックス情報を入力するオプションも表示されます。このオプションを使うと、フィードに手を加えるよりも簡単に価格をカスタマイズできます。

価格プレフィックス情報は、フィードで価格がカスタマイズされた場合には無視されます。
 

Google Web Designer で作成した動的広告をアップロードする方法

商品やサービスに厳密なブランド ガイドラインが設定されている場合は、Google Web Designer を使って動的広告を作成し、Google 広告にアップロードすることができます。さらに Google Web Designer ではルールを設定することも可能で、Google ディスプレイ ネットワークで表示される場所に応じて広告のサイズが調整されるようにすれば、広告をレスポンシブにすることができます。

  1. Google Web Designer を初めてお使いになる場合は、Google Web Designer で動的広告を作成する手順をご確認ください。Google Web Designer をご利用になったことがある場合、Rich Media Gallery のテンプレートと総合ガイドをご利用ください。
  2. 広告を追加するキャンペーンまたは広告グループにフィードが関連付けられていることを確認します。
  3. [広告] タブをクリックします。
  4. [+ 広告] をクリックし、[広告テンプレート] を選択します。

  5. [動的広告] 選択します。

  6. [独自のレイアウトをアップロード] を選択します。
  7. 該当のファイルをアップロードします。

  8. 広告サイズごとに手順を繰り返します。

  9. [保存] をクリックします。

注: 新しい動的広告をアップロードするときは、広告の種類(動的)と業種の設定が適切であることを確認してください。クリエイティブの業種設定は、キャンペーンの設定と一致している必要があります。フィードについて詳しくは、[キャンペーン設定] ページをご覧ください。

また、固定された特定の数(2 つや 3 つなど)の商品ではなく、1 つ以上の不特定数の商品が表示されるよう広告を作成してください。動的リマーケティングの場合、Google が保証できるのは、不特定の数の商品が表示されることのみです。

レイアウトタグ

関連性の高い商品には、掲載結果を高めるためにレイアウトタグが表示されることがあります。これらのレイアウトタグは、フィードから取得した商品に関するインサイトに基づいて自動的に表示されます。表示対象となるのは、小売業を営む広告主様のレスポンシブ ディスプレイ広告です。表示されるレイアウトタグは次のとおりです。

  • 「値下げ」タグ: 最近 Google Merchant Center フィードの商品が値下げされた際に表示されることがあります。
  • 「新着」タグ: Google Merchant Center フィードに新商品が追加された際に表示されることがあります。
  • 「注目」タグ: Google Merchant Center フィードで人気の高いアイテムに基づいて表示されることがあります。
  • 「セール」タグ: 「sale_price」が「price」よりも低い Google Merchant Center フィードのアイテムで表示されることがあります。

Google では、掲載結果を高めるため、他の種類のレイアウトタグをテストさせていただく場合もありますのでご了承ください。

動的広告のテキストをカスタマイズする方法

この記事は、AdWords 従来版をご利用の方を対象としています。ご利用中の Google 広告がリニューアル版か従来版のどちらにあたるかを見分ける方法

標準の動的広告で、教育、フライト、旅行、カスタムのフィードをご利用の場合は、動的広告でフィードの属性を調整する方法をカスタマイズできます。

たとえば、レイアウトの広告見出しとして「サンフランシスコ」(目的地名)、広告の説明として「格安フライト」(フライトの説明)、価格として「50,000 円」(航空券の価格)を表示できます。

もっと詳しい広告見出しにしたい場合は、目的地名とフライトの説明を広告見出しとして使用し、「サンフランシスコ行き格安フライト」と表示できます。

動的広告をカスタマイズする方法は次のとおりです。

  1. [フィード] で [その他のオプション] をクリックします。
  2. [見出し] など、カスタマイズする広告要素の横にあるフィールドをクリックします。
  3. プルダウン メニューでフィード属性を選択します。フィード属性は、{Destination ID} のように中かっこで囲まれて表示されます。このフィールドに属性を挿入してください。静的な文字列を追加することもできます。たとえば、上記の格安フライトの例では、見出しフィールドに「{Destination name}行き{Flight description}」と入力します。
  4. [プレビューを表示して保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。