リマーケティング リストの編集、一時停止、削除

リマーケティング リストを作成してテストした後に、リマーケティング リストを編集すると、商品やサービスの広告が適切なユーザーに表示されていることを確認することができます。一時的に広告グループがリマーケティング リストをターゲットにしないようにしたり、広告グループからリストを削除したりもできます。

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

リストを編集する

リマーケティング リストは、作成した後も一部編集を加えることができます。たとえば、リスト名を編集したり、有効期間を変更したり、リストを無効にしたりすることができます。手順は次のとおりです。

  1. [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. [共有ライブラリ] をクリックします。
  3. [オーディエンス] をクリックします。
  4. 編集するリスト(リマーケティングまたは組み合わせリスト)にカーソルを合わせます。
  5. 変更するアイテム(リストの名前、説明、ステータス(オープンまたはクローズ)、有効期限、条件)の鉛筆アイコンまたはフィールドをクリックします。
  6. リマーケティング リストに新しい Cookie が追加されないようにするには、[ステータス] 列のプルダウン メニューで [クローズ] を選択します。クローズしたリストは、利用可能なリマーケティング リストとして、引き続き [インタレストとリマーケティング] タブに表示されます。同じ広告グループの他のターゲティング方法やリマーケティング リストは、通常どおりに機能します。
  7. 編集が完了したら [保存] をクリックします。

留意点

  • リストを保存した後は、リマーケティング リスト テンプレートを変更できません。
  • リストを編集しても、サイトにリマーケティング タグを設定し直す必要はありません。
  • リストにユーザーが保存され始めた後で有効期間を変更すると、新しい有効期間は、現在リストに追加されているユーザーと今後リストに追加されるユーザーのすべてに適用されます。たとえば、60 日だった有効期間を 30 日に短縮すると、31~61 日目に追加されたユーザーは削除されます。30 日だった有効期間を 60 日に延長すると、すでにリストに追加されているユーザーが最大 60 日間リストに残ります。
  • Google アナリティクスでリマーケティング リストを作成した場合は、AdWords ではなく Google アナリティクスでリストを編集する必要があります。

リスト内のユーザーへの広告表示を一時停止する

リマーケティング リスト自体には新しい訪問ユーザーを追加しつつ、リスト内のユーザーへの広告表示を一時的に停止できます。手順は次のとおりです。

  1. [ディスプレイ ネットワークのみ] のキャンペーンでは、[ディスプレイ ネットワーク] タブまたは [インタレストとリマーケティング] タブをクリックします。[検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)] または [検索ネットワークのみ] のキャンペーンでは、[オーディエンス] タブをクリックします。
  2. 一時停止するリストの横にある緑色の点にカーソルを合わせます。プルダウンの矢印が表示されます。
  3. 矢印をクリックして [一時停止] を選択します。

複数のリストをまとめて一時停止するには、対象となるリストの横にあるチェックボックスをオンにして、表の上にある [編集] メニューで [一時停止] を選択します。

リマーケティング リストの一時停止

リストの一時停止はリストのクローズとは異なります。クローズしたリストに新しいユーザーは追加されません。

広告グループからリストを削除する

広告グループからリマーケティング リストを削除できます。手順は次のとおりです。

  1. ディスプレイ ネットワーク キャンペーンに移動します。
  2. [ディスプレイ ネットワーク] タブをクリックします。
  3. [+ ターゲティング方法] をクリックします。
  4. 広告グループを選択します。
  5. [インタレストとリマーケティング] ボックスで、鉛筆アイコンをクリックします。
  6. 削除するリマーケティング リストの横にある [X] をクリックします。
  7. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。