表示項目をカスタマイズする

たとえば、「クリック率」の代わりに、「デスクトップ広告のクリック率」や「モバイル広告のクリック率」を表示するなど、データの一部だけを項目に表示したい場合があります。特定のデータを表示するように表示項目をカスタマイズすることで、自分にとって重要な情報にすぐさまアクセスすることができます。
この記事では、独自の表示項目を作成する方法と、これらの列を掲載結果データの表に追加する方法について説明します。

カスタマイズした表示項目を使用する理由

カスタマイズした表示項目によって、指標データの一部のみを表示することができます。Google 広告の既存の指標に基づいて、独自の指標を作成することも可能です。たとえば、「モバイルでのクリック数 ÷ 総クリック数」という数式で定義する「モバイルでのクリック数の割合」という表示項目をビジネスで使用したいとします。[キャンペーン] ページにはこの表示項目がないので、次の方法で独自の表示項目を作成します。

  • まず、表示項目に「モバイルでのクリック数の割合」という名前を付け、「モバイルでのクリック数 ÷ 総クリック数という数式で定義する」という説明を追加します。この説明により、このアカウントにアクセスする他のユーザーは、表示項目の内容がわかるようになります。
  • 次に、[クリック数] 指標を選択し、[デバイス] > [モバイル端末] セグメントを追加して、モバイル端末からのクリック数だけが表示されるようにします。
  • ÷」を追加し、クリックの合計数を表す「クリック数」指標をもう一度追加します。
  • 最後に、新しい表示項目を保存します。

これで、必要なときはいつでもこの指標を [キャンペーン] ページで確認できます。

手順

カスタマイズされた表示項目を作成する手順は次のとおりです。

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

独自の表示項目に特定の指標のレポートを表示する場合、式の生成ツールで作成します。

  1. AdWords にログインします。
  2. [キャンペーン] か [広告グループ] タブをクリックします。
  3. [表示項目] ボタンをクリックして、[表示項目を変更] を選択します。
  4. 左側で [カスタマイズした表示項目] カテゴリを選択します。
    • 独自の表示項目を作成したことがない場合は、ダイアログ ボックスが表示されます。次の手順に進みます。
    • 独自の表示項目を作成したことがある場合は、[+ 表示項目] をクリックします。
  5. [表示項目名] で新しい表示項目の名前を入力します。この名前は見出しとして表示されます。
  6. [表示項目の説明] に表示項目の説明を入力します。ここで入力したテキストは、表示名の横の ? アイコンにカーソルを合わせると表示されます。
  7. クリック数や表示回数などの指標を選択します。
  8. (オプション)選択した指標に特定のセグメントを使用できます。たとえば、モバイルのクリック数を表示する場合、[クリック数] をクリックして、[デバイス] を選択し、[フル インターネット ブラウザ搭載のモバイル端末] の横の()アイコンをクリックします。
  9. プルダウンと算術演算子(+、-、x、÷)を使用して、式を作成します。
  10. 表示項目の内容に合わせて、[数字]、[割合(%)][通貨]の中から形式を選択します。
  11. 式が作成できたら、[保存] をクリックします。
  12. [適用] をクリックすると、統計情報の表に表示項目が追加されます。

カスタマイズした表示項目は標準の AdWords 表示項目と同様に、フィルタリング、並べ替え、ダウンロードが可能で、データ表の上にある掲載結果の概要グラフをカスタマイズする際に使用できます。表とグラフをカスタマイズする方法の詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。