ディスプレイ キャンペーン プランナーについて

注意

ディスプレイ キャンペーン プランナーは、AdWords リニューアル版ではご利用いただけません。ただし、AdWords リニューアル版には、キャンペーンの作成やターゲット設定にあたって同じ機能が組み込まれています。AdWords リニューアル版の中核部分にディスプレイ キャンペーン プランナーのメリットを直接組み込むことで、タスクを完了するのに別のツールが不要になり、プロセスが簡素化されました。ディスプレイ キャンペーン プランナーで行っていたタスクを AdWords リニューアル版を使って実施すると、次のようなメリットがあります。

  • 情報が必要になったらすぐ入手でき、AdWords とディスプレイ キャンペーン プランナーを切り替える必要がない。
  • 広告フォーマットとターゲティング方法が豊富にサポートされているため、質の高い予測データを取得できる。

 

この記事は、AdWords 従来版をご利用の方を対象としています。ご利用中の AdWords がリニューアル版と従来版のどちらであるかを確認する方法

ディスプレイ キャンペーン プランナーは、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのプランニングに役立つ Google 広告の無料ツールです。広告グループの候補を生成できるほか、ご指定の入札単価や予算に応じて、リアルタイムの予測や、予想される広告枠のデータを参照することができます。

この記事では、ディスプレイ キャンペーン プランナーの機能と、ご利用に必要な準備についてご説明します。

始める前に

ディスプレイ ネットワークでの広告掲載についてまだあまりご存知でない場合は、まずディスプレイ ネットワークでの広告の掲載先ディスプレイ ネットワークでのターゲティングをご確認ください。

既存のターゲット設定の改善について詳しいヒントをお探しの場合は、ディスプレイ キャンペーン プランナーの活用方法をご確認ください。

 

メリット

  • プラン作成に役立つターゲット候補。アフィニティ カテゴリ、購買意向の強いユーザー層、プレースメントなど、ディスプレイ ネットワークのさまざまなターゲティング方法の候補を確認し、キャンペーンのプランニングに利用することができます。
  • 意志決定の参考になる、利用可能な広告枠や費用の履歴のデータ。 過去のデータをもとに、各候補でどの程度の成果を見込めるのか把握できます。過去の費用のデータを参照すると、予算に合った候補を選択し、選択した候補の入札単価を決めるのに役立ちます。
  • 掲載結果の予測。 入札単価や予算が現在のプランの掲載結果にどう影響するか、予想が表示されます。入札単価やフィルタを変更して、予想される掲載結果を詳細なグラフで確認しながら調整できます。
  • プランの共有。プランは 1 クリックでダウンロードできるので、必要に応じてエクスポートし、クライアントや同僚とも簡単に共有できます。

 

仕組み

ご利用には、顧客の関心傾向や広告主様のサイトのランディング ページなど、基本的な情報をいくつかご提供いただく必要があります。ディスプレイ キャンペーン プランナーはこれらの情報に基づいてターゲット候補を生成し、予想される広告枠のデータ、費用の履歴、作成したプランの掲載結果の予測などを示します。

予測を確認

プランに候補を追加していくと、指定した入札単価や予算で得られる掲載結果の予想をリアルタイムで確認できます。選択したターゲティングやフィルタを使って、広告主様のターゲット ユーザー層における該当広告枠のパフォーマンスを、過去の掲載結果をもとに予想することが可能です。

ターゲット候補のオーディエンス プロフィールも表示されます。リーチが広いか狭いか、男性向けか女性向けか、年齢層や使用デバイスによる分布はどうかなどを確認できます。

 

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。