検索パートナー サイトと Google ディスプレイ ネットワークの単価設定について

検索パートナー サイトと Google ディスプレイ ネットワークの単価設定では、Smart Pricing かスマート自動入札を使用できます。この記事では、これら 2 つの単価設定方法の仕組みについて説明します。

Smart Pricing

Smart Pricing を使って、Google ディスプレイ ネットワークと Google 検索パートナー サイトのクリック単価を調整できます。

Smart Pricing では、Google ネットワークのページでのクリックが具体的な行動につながるビジネス成果(オンラインでの売り上げ、登録、電話での問い合わせ、ニュースレターの購読申し込みなど)につながる可能性が低いと、Google 広告データから判断された場合は、そのページでの入札単価が引き下げられます。

単価の調整においては、広告の表示につながったキーワードやサイトのテーマ、広告が配信されたサイトの種類など、さまざまな要素が考慮されます。たとえばデジタルカメラの広告を掲載する場合、広告は「デジタルカメラ」というキーワードの Google 検索結果ページと、デジタルカメラに関する Google ネットワークのページの 2 種類の場所に表示されます。検索パートナー サイトで広告の掲載結果が低いと判断された場合、そのサイトの上限クリック単価が引き下げられる可能性があります。

広告主様の時間と手間が軽減されるよう、継続的に特定のクリックの価値を推測して入札単価が調整されるため、特別な努力を必要とせずに、Google 広告から高い投資収益率を得ることができます。

この単価設定モデルを利用するために必要な手続きはありませんが、ネットワークの掲載設定を確認し、Google の検索ネットワークとコンテンツ ネットワークの両方に広告が掲載されていることをご確認ください。

スマート自動入札

コンバージョンをトラッキングし、手動で単価設定をしている場合は、Google 検索パートナー サイトで Smart Pricing ではなくスマート自動入札を使用するとよいでしょう。スマート自動入札では、広告が過去に配信されたウェブページのタイプやユーザーに関する属性などのさまざまな信号を使用して、検索パートナー サイトで入札単価が自動的に最適化されます。たとえば、コンバージョン率が以前から低いオーディエンス リストに属するユーザーに対しては入札単価が引き下げられることがあります。

検索ネットワークと同様のコンバージョン単価(CPC)を獲得するには、検索パートナー サイトのクリック単価は、検索ネットワークの上限クリック単価とほぼ同等になる場合があります。つまり、検索パートナー サイトでのコンバージョンには、検索ネットワークでのコンバージョンとほぼ同等の費用がかかる場合があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。