特定のユーザー層をターゲットから除外する(ユーザーリストの除外)

広告のターゲットとして特定のオーディエンスを指定することもできますが、さらに、関連性が低く収益につながりにくいオーディエンスをターゲットから除外することもできます。ご自身のビジネスに関連するユーザーだけに広告を表示することで、費用の削減やクリック率とコンバージョン率の改善を図ることができます。

この記事では、特定のオーディエンスを除外することで、広告表示の対象として不適切なユーザーをターゲットから除外する方法を説明します。

Apple の App Tracking Transparency(ATT)ポリシーの施行に伴い、データ セグメント(特にウェブサイト用リスト、アプリ用リスト、自動作成によるリスト)とカスタマー マッチ リストは、iOS 14 でのトラフィックによる影響を受ける可能性があります(これらのリストを除外設定で使う場合も含みます)。ウェブベースのコンバージョン目標の促進を目指す(特にカスタマー マッチやその他のデータ セグメントを使用している)キャンペーンでも、パフォーマンスが変動する可能性があります。こうした影響が予想される間、Google は推定コンバージョンの対象をさらに多くの iOS 14 トラフィックに拡大していきます。

仕組み

キーワード ターゲティングでは、特定のキーワードをターゲットから除外することで成果向上が見込めます。オーディエンスについても同様に、広告表示の対象として不適切なオーディエンス(アフィニティやリマーケティングなど)をキャンペーンや広告グループのターゲットから除外できます。検索キャンペーン、ディスプレイ キャンペーン、ファインド キャンペーン、動画キャンペーンで、特定のオーディエンスを除外できます。

アプリ キャンペーンからもオーディエンスを除外できますが、最初にオーディエンスの除外リストを作成する必要があります。アプリ キャンペーンのオーディエンスの除外は、キャンペーン単位でのみ行えます。詳しくは、アプリ キャンペーンからオーディエンスを除外する方法に関する記事をご覧ください。

手順

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. [オーディエンス] をクリックします。
  3. [除外設定] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックします。
  5. プルダウン メニューから [キャンペーン] または [広告グループ] を選択します。
  6. 鉛筆アイコン Edit setting, pencil icon をクリックして、更新するキャンペーンまたは広告グループを選択します。
  7. [検索] および [閲覧] オプションを使用して、除外するオーディエンスを見つけて選択します。
  8. [保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。