フレーズ一致を使用する

フレーズ一致では、指定したキーワードと完全に一致するフレーズや、その類似パターンの前後に他の語句が含まれるフレーズが検索された場合に広告が表示されます。フレーズ一致は、既定の部分一致よりもターゲットを絞り込むことができますが、完全一致よりは柔軟です。キーワードがユーザーの検索語句とどの程度厳密に一致したときに広告を表示するかを細かく指定できます。

フレーズ一致キーワード: マッチする検索語句の例: 広告が表示されない検索語句の例:
"テニス シューズ" 赤 革 テニス シューズ
セール テニス シューズ 購入
赤い テニス シューズ
テニスのシューズ
テニス スニーカー 靴ひも

フレーズ一致の仕組み

フレーズ一致では、指定したフレーズそのものか、フレーズの前後に他の語句が含まれる検索語句に対して広告が表示されます。また、指定したキーワードの類似パターンに当たる語句が検索された場合にも広告が表示されます。類似パターンには、つづりの間違い、表記のゆれ(例:「振り込み」と「振込」)、略語、英単語ではさらに単数 / 複数の違い、語形の変化(例:「floor」と「flooring」)、頭文字などの短縮形、アクセント付き文字が含まれます。フレーズ一致では語句の順序が重要です。たとえばキーワードの途中に他の語句が入力された場合、広告は表示されません。

フレーズ一致は、完全一致よりは柔軟ですが、既定の部分一致オプションよりもターゲットを絞り込むことができます。フレーズ一致を使用すれば、お客様の商品やサービスを検索しているユーザーだけでなく、それ以外のより多くのユーザーにもリーチできます。

品質スコアFirst Page Bid の見積もりでは、類似パターンではなく、設定した正確なキーワードが使用されます。

フレーズ一致が役立つ場面

次のような目的がある場合、検索ターゲットとするキーワードをフレーズ一致に設定すると効果的です。

  • ユーザー検索に使った語句と同じキーワードを使った広告を作成する場合: 広告がクリックされたときにユーザーが使用していた検索語句を確認し、その語句やフレーズをキーワードとして追加します。新しい広告でこういった語句をフレーズ一致キーワードとして使用すれば、お客様の商品やサービスへの関心がより高いユーザーにリーチできます。
  • クリック率(CTR)の向上を目指す場合: フレーズ一致では、ユーザーが検索したフレーズにキーワードが一致したときにのみ広告が表示されるため、クリックされる可能性は高まります。同時に、指定したキーワードに一致しない検索語句に対して、不要な広告の表示回数を減らすことができます。

他のマッチタイプが役立つ場面

  • ユーザーについてよく把握していて、キーワードと完全に一致する検索語句に対して広告を表示したい場合は、完全一致のほうが効果的です。
  • フレーズ一致よりも幅広いユーザーにリーチしたい場合は、部分一致のほうが効果的です。

ヒント

広告キャンペーンをより効果的に実施するために、2 つ以上のキーワード マッチタイプを組み合わせて使用することをおすすめします。たとえば部分一致とフレーズ一致を併用すれば、幅広いリーチを確保しながら、同時に広告の表示対象をコントロールすることができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。