Google アド マネージャーと Google 広告の関係

Google アド マネージャーは、Google ディスプレイ ネットワークのパートナーとして広告の売買を扱うリアルタイムのマーケットプレイスで、インターネットでのディスプレイ広告掲載において、Google 広告とは別の市場を広告主様に提供するものです。ディスプレイ ネットワークを掲載対象とするキャンペーンでは、自動的に、Google 広告のガイドラインに適合するアド マネージャー サイトも利用することができます。

昆虫採集をする際は虫採り網の大きさが重要ですが、ユーザーに広告を表示する際も同様で、より大きなネットを利用すれば、これまでカバーできていなかったアクセス数の多いウェブサイトからユーザーを取り込める可能性があります。アド マネージャー のサイトに Google 広告広告を掲載することは、従来リーチできていなかった新しいユーザーを呼び込むのに役立ちます。

仕組みは次のとおりです。

  • キャンペーンでディスプレイ ネットワークを掲載対象に設定していれば、Google AdSense のサイトに加えて、アド マネージャー のサイトでも広告掲載が可能です。
  • 広告を掲載できるサイトの幅が広がる一方で、Google 広告の掲載対象設定やレポートなど、使い慣れたアカウントの機能は従来どおりご利用いただけます。
  • Google 広告広告を掲載するアド マネージャーのサイト運営者は、Google AdSense プログラム ポリシーに準拠することが義務付けられています。

オークションのプロセスについて

Google では、Google 広告の入札単価と他の広告ネットワークの入札単価とを公平に比較できるよう、いくつかの手順を踏んでいます。

  • サイト運営者がアド マネージャーに広告枠を提供している場合、Google 広告はまず独自のオークションを行い、フルスロット広告またはテキスト広告のグループで最適な広告ユニットを組み立てます。その後、広告ユニットの入札単価に Google 広告の収益分配率を適用して、適切なアド マネージャー入札単価が計算されます。
  • この入札単価は、Google アド マネージャーの他の広告主の入札単価や、サイト運営者が設定した基準(最小インプレッション単価など)と比較されます。サイト運営者による基準を満たさない入札単価は無視されます。
  • アド マネージャー は対象となるすべての入札単価をオークションにかけます。オークションで Google 広告が選ばれた場合、その広告ユニットで Google 広告広告主様にお支払いいただく金額は、ランクが 1 つ下の広告主様より高いランクを維持するために最低限必要なクリック単価となります。お支払いが発生するのは、ユーザーが広告をクリックするか、広告に関連した別の有効なイベントを完了した場合です。サイト運営者には、アド マネージャー のオークションで 2 番目に高かった入札単価と最小インプレッション単価のうち、高いほうが支払われます。

広告ユニットが匿名の場合、(直接あるいは第三者を通じて)広告主がサイト運営者、サイト名、その他の身元を特定する情報を得ようとすることは、いかなる方法でも禁止されています。販売者の特定が意図的ではない場合も同様です。

次のステップ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。