動的検索広告について

動的検索広告を使用すると、広告主様が取り扱っている具体的な商品やサービスを Google で検索しているユーザーに簡単にアプローチできます。動的検索広告は、充実したウェブサイトや大規模な商品在庫を持つ広告主様に最適です。ウェブサイトのコンテンツに基づいて広告の掲載対象を設定することで、キーワードに基づくキャンペーンではリーチできなかったユーザーにも広告を表示できます。動的検索広告の見出しとランディング ページもウェブサイトのコンテンツを使用して作成されるため、広告の関連性が高まり、時間が節約されます。必要な作業は、クリエイティブの説明文の追加だけです。動的検索広告を使用しない場合は、多くのキーワードを使ってアカウントをきめ細かく管理していても、関連性の高い検索に対して広告を表示しそこねたり、新商品用の広告の作成が遅れたり、ウェブサイトで実際に提供しているものと広告との間にずれが生じたりする可能性があります。

この記事では、動的検索広告の仕組みと、どのようなメリットがあるかを説明します。設定の手順については、動的検索広告の作成方法に関する記事をご覧ください。

表示の仕組み

ユーザーがウェブサイトのタイトルや頻繁に使用されているフレーズと密接に関連した用語を使用して Google で検索を行うと、これらのタイトルとフレーズに基づいてランディング ページが選択され、明確で関連性の高い広告見出しが生成されます。

例: 国際的なホテルチェーンを運営しているとします。Google で「高級ホテル 東京」という語句を検索したユーザーに、「高級ホテル - 東京」という見出しの広告が表示されます。ユーザーがこの広告をクリックすると、東京の高級ホテルを紹介しているお客様のサイトのページが表示されます。

このように、動的検索広告を使用すると、お客様のサイトの商品やサービスを探している見込み顧客に、その商品やサービスのページをすばやく表示できます。

広告に表示される最終的なテキストは、お客様の責任において決められるものですので、ランディング ページを選ぶ際には、この点にご留意ください。広告見出しを生成するために使用される要素は数多くありますが、その中で最も重要なのはページの HTML タイトルです。

ターゲティングの仕組み

動的検索広告では、ウェブサイトのランディング ページのコンテンツに基づいて、広告の表示対象となる検索語句が設定されます。動的検索広告で使用されるランディング ページの指定にはさまざまなターゲティング方法を選択でき、「URL_Contains」や「カテゴリ」などのターゲティング タイプで URL のグループをターゲットに設定したり、「URL_Equals」やページフィードで特定の URL をターゲットに設定したりすることが可能です。詳しくは、下記をご覧ください。

URL_Equals: ウェブサイトの個々の URL をターゲットに設定できます。たとえば、動的検索広告を初めて使用してその効果をテストする場合には、ウェブサイトのホームページ用に「URL_Equals」のターゲットを作成することが可能です。

URL_Contains: 特定の文字列を含む URL のページをターゲットに設定できます。

カテゴリ: Google 広告で生成され、テーマ別に分類されたランディング ページをターゲットとして設定できます。ターゲットにするカテゴリやサブカテゴリは自由に設定し、選択することができます。動的検索広告の使用をすぐに開始する場合、「現在お使いの広告グループのランディング ページ」カテゴリを選択すると、アカウントで現在実行している検索広告のすべてのウェブページがターゲットに設定されます。このターゲティング方法では、既存の広告グループやキャンペーンのランディング ページとしてすでに使用しているウェブページのトラフィックを容易に増やすことができます。「現在お使いの広告グループのランディング ページ」などのカテゴリは、Google 広告でカテゴリを生成できるドメインでのみ使用することが可能です。

ページフィード: URL のスプレッドシートをアップロードして、ターゲットを絞り込みます。フィード全体またはフィードの一部をターゲットに設定できます。たとえば、「評価が星 4 つの商品」や「空室の多いホテル」に関するページにラベルを付けて、そのラベルがある URL のみをターゲットに設定することができます。

詳しくは、動的検索広告のターゲティングについての記事をご確認ください。

使用できないケース

  • ウェブサイトが頻繁に変更される場合は(日替わりセールを実施している場合など)、動的検索広告キャンペーンは推奨されません。
  • 医薬品、ギャンブル、アダルト コンテンツなど一部の業種のサイトでは、動的検索広告は機能しません。
    制限付きのコンテンツに関する詳細 
  • 動的検索広告は、動的検索広告でウェブページ上のテーマと語句を特定できる、十分に最適化されたページで最も効果を発揮し、Google 広告では利用できない形式のウェブサイト(たとえば、Flash コンテンツや画像を主に含むサイトや、コンテンツの大部分にアクセスするためにログインを必須とするサイト)では、効果を発揮しません。
  • ウェブサイトのドメインは、「http://」を URL の先頭に設定した場合に機能する必要があります。「https://」のみに対応している場合は、動的検索広告を使用できず、「機能していないリンク先」としてクリエイティブが不承認となります。

動的検索広告を使用する前に、Google 広告のポリシーを参照し、広告がポリシー(および該当する法律)に準拠していることを確認してください。

メリットの概要

動的検索広告には次のようなメリットがあります。

  • 時間を節約できます。 ウェブサイトに掲載している商品やサービスごとにキーワードや入札単価、広告文を設定する必要がなくなります。また、競合他社に先駆けて新しい市場に参入する場合も効果的です。
  • 関連性の高い見出しが動的に生成されます。 ユーザーが広告主様の商品やサービスに関連する検索を行うと、サイト内で最も関連性が高いページで明確な見出しの広告が動的に生成されます。
  • サイト上の広告を管理できます。 ウェブサイト全体を広告掲載の対象に含めることも、特定のカテゴリやページのみを指定することもできます。また、在庫切れの商品については、広告を表示しないように設定することも可能です。
  • トラフィックを増加させることが可能です。 キーワードを使用したターゲティングで網羅しきれていなかった場所に広告掲載の機会を見出し、新たなトラフィックや売り上げを獲得できます。
  • 表示 URL には最終ページ URL のドメインが使用されます。 新しい広告を作成する際に表示 URL を入力する必要がなくなりました。Google 広告では、最終ページ URL から自動的にドメインを抽出し、表示 URL として使用します。たとえば、最終ページ URL が www.example.com/outdoor/hiking/shoes の場合、www.example.com が広告の URL として表示されます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。