単価設定の基礎

Google 広告では、ビジネスで重視する内容に応じて広告の入札方法を選ぶことができます。多くの場合、重視されるのはクリック数、表示回数、コンバージョン数、視聴回数(動画広告の場合)のいずれかです。

Google 広告を掲載されている方のほとんどは、広告掲載の目標が明確になっています。コーヒーを販売している場合はお店への訪問者を増やすこと、ハイキング クラブを経営している場合はニュースレターの登録者数を増やすことなどが重視されます。

広告掲載の目標をしっかりと把握することは、入札単価の決定に役立ちます。

ヒント

Google 広告では、検索結果やブログ、ニュースサイトなどのページで広告スペースが空くたびに毎回オークションが行われます。そしてオークションごとに、その時点でそのスペースに表示される広告が決まります。このオークションに参加できるかどうかは入札単価で決まります。

入札単価の設定にあたっては、キャンペーン タイプに応じてクリック数、表示回数、コンバージョン数、視聴回数、エンゲージメント数のいずれかの目標に焦点を絞ります。どの目標を選べばよいか、もう少し詳しく見てみましょう。

クリック重視(検索広告とディスプレイ広告の場合)

ウェブサイトにユーザーを誘導することが主な目標の場合は、クリック重視から始めることをおすすめします。クリック単価(CPC)制では、ユーザーが実際に広告をクリックしてサイトにアクセスした場合のみ料金が発生します。

クリック単価制には、次の入札方法があります。

  • 自動入札

    これが最も簡単な入札方法です。1 日の予算を設定すると、予算内でクリック数が最大となるよう Google 広告でクリック単価が調整されます。

  • 個別単価設定

    クリック単価を自由に調整できます。個別単価設定では、広告グループ単位、キーワード単位、広告のプレースメント単位で入札単価を設定できるため、重視するクリックに対して思ったとおりの入札単価を設定できます。

尾瀬でハイキング クラブを経営している場合は、「尾瀬 ハイキング」などの直接的なキーワードの入札単価を高くして、「ハイキング 地図」などの一般的なキーワードには別の入札単価を設定できます。

インプレッション重視

ディスプレイ ネットワークのみをターゲットとするキャンペーンの場合は、クリックに基づくお支払いではなく、広告が視認可能な回数に基づいて料金をお支払いいただくこともできます。この視認可能なインプレッション単価(vCPM)制では、広告の 1,000 回の表示および視認可能な状態に対してお支払いいただきます。企業名やロゴをできるだけ多くのユーザーに表示することを目的とする場合は、この単価制が効果的です。広告が視認可能かどうかを判断する仕組み

クリック単価制の個別単価設定と同じように、視認可能なインプレッション単価制では、広告グループ単位または広告のプレースメント単位で入札単価を設定できます。

コンバージョン重視(検索広告とディスプレイ広告の場合)

この高度な入札方法では、アカウントで 1 回のコンバージョンに対して支払い可能な金額(コンバージョン単価)を設定できます。コンバージョンとは、ウェブサイトで行われることを期待する特定のユーザーの行動のことで、「ユーザー獲得」とも呼びます。基本的には商品やサービスの購入ですが、メール アドレスの登録などの場合もあります。クリック 1 回に対するお支払いとなりますが、広告主様が指定したコンバージョン単価でコンバージョンをできるだけ多く獲得できるよう、入札単価が自動的に設定されます。

コンバージョン単価を使用するにはコンバージョン トラッキングを有効にする必要があるため、コンバージョン単価は中級から上級の Google 広告ユーザーに適しています。

視聴重視(動画広告の場合のみ)

視聴者によるコンテンツの利用状況、動画が再生された場所、再生が中止されたタイミングなどを調べることが主な目標の場合は、広告視聴単価(CPV)制を使用します。広告視聴単価制の場合は、動画の視聴以外に、Call-to-Action オーバーレイ、カード、コンパニオン バナーのクリックなども課金の対象になります。

広告視聴単価を設定するには、TrueView 動画キャンペーンを設定する際に、動画の視聴 1 回に対して支払い可能な上限額を指定します。この入札単価は上限広告視聴単価(上限 CPV)と呼ばれます。ここで設定した入札単価はキャンペーン単位で適用されますが、広告のフォーマットごとに独自の広告視聴単価を設定することも可能です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。