掲載結果データをさらに細かく分割表示する

Google 広告の表で最も重要なデータを確認するには、分割表示を使用します。データが複数行に分けて表示されるため、データの確認が簡単になります。[分割] メニューに表示される項目は、Google 広告管理画面で表示している表によって異なります。通常は、期間、クリックタイプ、デバイスでデータを分割できます。

この記事では、分割表示の使い方について説明します。

手順

表のデータ行を分割する方法

  1. Google 広告にログインします。
  2. ページメニューで、分割する表に移動します。
  3. 分割アイコン Segment をクリックして、内訳を参照したいデータを選択します。
  4. 分割をやめる場合は、分割アイコン Segment をクリックして [なし] を選択します。

対応していない分割項目を適用すると、列に値が表示されない場合があります。たとえば、「コンバージョン アクション」や「コンバージョンのタイムラグ」などのコンバージョン ベースの分割項目は、「コンバージョン数」、「すべてのコンバージョン」、「コンバージョン値」といったコンバージョン関連の列のみに対応してします。このため、その他の列(クリック数、表示回数、費用など)にコンバージョン ベースの分割項目が適用された場合は、空白の値「--」が表示されます。

 

さまざまな分割項目を使って分析情報を取得する方法

分割項目には、Google 広告アカウントのほとんどのタブで使用できるものと、特定のタブでのみ使用できるものがあります。また、分割項目を適用するには、データをレポートにダウンロードする必要がある場合もあります。ここでは、使用できる分割項目のタイプと使用方法について説明します。

クリックタイプ

ウェブサイトの表示につながったクリックと、モバイル デバイスに掲載された広告から通話につながったクリック(Click-to-Call)のデータを分割して確認できます。

ただし、クリックタイプ別に分割すると、動画キャンペーンの視聴回数に関する指標など、一部の指標が表示されなくなる可能性があります。

クリックタイプでは、同一のインプレッションで複数の項目がカウントされる場合があります。たとえば、1 つの広告で Click-to-Call と広告見出しのインプレッションが同時にカウントされる場合があります。このような場合、ダウンロードしたレポートでは合計の代わりに「--」という文字が表示されます。これは、一部のインプレッションが重複してカウントされ、正しい結果が得られないためです。

必要に応じて、広告に電話番号を表示する方法をご確認ください。

コンバージョン

コンバージョン トラッキングを設定している場合は、[コンバージョン名]、[コンバージョン カテゴリ]、[コンバージョンの発生元] の各項目で、コンバージョン データを分割して確認できます。

コンバージョンまでの日数

[コンバージョンまでの日数] の項目には、お客様の広告を表示してからその後のコンバージョンまでに経過した時間が表示されます。「コンバージョンまでの日数」を活用すると、コンバージョン数がレポートに反映されて分析可能になるまで何日待てばよいかを把握できます。これまでコンバージョンまでにユーザーがどのくらい時間をかけたかを知ることで、新しい広告キャンペーンを始めるタイミングについてもヒントが得られます。

デバイス

各種デバイス(パソコン、スマートフォン、タブレット)での掲載結果を比較できます。

テスト

キャンペーンのテストを実施している場合は、[キーワード]、[広告]、[広告グループ] タブで、テストグループとコントロール グループに分けてデータを表示できます。また、[キャンペーン] タブでは、コントロール グループとテストグループの集計データも確認できます。

キーワード / プレースメント

この分割項目を使用すると、広告ごとに各キーワードの掲載結果を比較できます。

この分割項目は [広告] タブにのみ表示されます。

ネットワーク

この分割項目を使用すると、検索ネットワークとディスプレイ ネットワークでの掲載結果を比較できます。[広告] タブで、個々の広告を比較する場合に便利です。

ネットワーク(詳細)

この分割項目を使用すると、Google 検索、検索パートナー、ディスプレイ ネットワークでの掲載結果を比較できます。[広告] タブで、個々の広告の掲載結果をネットワーク別に比較する場合に便利です。

検索語句のマッチタイプ

検索語句のマッチタイプ別にキーワードを分割表示すると、設定したキーワードと実際の検索語句との関係を把握し、部分一致、フレーズ一致、完全一致でキーワードがどの程度成果を上げているかを確認できます。

この項目で分割すると、キーワードとその検索語句のマッチタイプごとに、クリック数、表示回数、クリック率を確認できるため、キーワードのマッチタイプを見直して掲載結果を改善できます。

「犬 おもちゃ」というキーワードを部分一致で設定しているとします。ユーザーが「おもちゃ 犬 購入」と検索し、広告が表示された場合、この検索語句のマッチタイプは「部分一致」になります。「犬 おもちゃ 購入」や「いぬ おもちゃ 購入」と検索された場合、マッチタイプは「フレーズ一致」になります。ユーザーが「犬 おもちゃ」や「いぬ おもちゃ」と検索した場合、その検索語句のマッチ タイプは「完全一致」になります。

設定したキーワード 検索語句 検索語句のマッチタイプ
犬 おもちゃ おもちゃ 犬 購入 部分一致
犬 おもちゃ 犬 おもちゃ 購入
いぬ おもちゃ 購入
フレーズ一致
犬 おもちゃ 犬 おもちゃ
いぬ おもちゃ
完全一致

ここで、掲載結果データの表を「検索語句のマッチタイプ」で分割すると、部分一致キーワードの「犬 おもちゃ」に対する各マッチタイプ(部分一致、フレーズ一致、完全一致)での広告表示を確認できます。各マッチタイプにおける「犬 おもちゃ」の掲載結果を基に、キーワードの入札単価を引き上げるか引き下げるかを決定できます。

注意事項

完全一致キーワードまたはフレーズ一致キーワードの類似パターンでは広告が表示されないように設定している場合でも、完全一致とフレーズ一致のマッチタイプの数が増えることがあります。たとえば、「犬 おもちゃ」という部分一致キーワードがある場合、ユーザーが「犬 おもちや」で検索すると、「犬 おもちや」は「犬 おもちゃ」の類似パターンであるため、マッチタイプは完全一致キーワードとして判別されます。

特別カテゴリ

Google ディスプレイ ネットワークでの自動プレースメントの掲載結果をダウンロードする際に適用できる分割項目で、エラーページドメイン パーキング サイトの 2 種類のページへの広告掲載を確認できます。

時間

時間で分割すると、選択した時間の単位に応じて、掲載結果データが複数の行に分けて表示されます。データがかなり多くなる場合は、レポートへのダウンロードを促すメッセージが表示されます。

選択できる時間の単位:

  • 曜日(月曜日、火曜日、水曜日など)
  • 日(2011 年 12 月 21 日水曜日など)
  • 四半期
  • 時間

ヒント

[詳細分析] タブでも、期間に基づいて掲載結果を確認することができます。

上部 vs その他

Google の検索結果ページや検索パートナーのページで広告が表示された場所を確認するための分割項目です。ページ上で高い成果を上げている掲載位置を特定して、検索キャンペーンを最適化できます。

データの意味

  • Google 検索: 上部 -- Google 検索結果の上部に表示された広告です。
  • Google 検索: その他 -- Google 検索結果の真上以外に表示された Google 広告テキスト広告です。
  • 検索パートナー: 上部 -- 検索パートナーのページのオーガニック検索結果の上部に表示された広告です。
  • 検索パートナー: その他 -- パートナー検索結果で上部以外に表示された広告です。
  • Google ディスプレイ ネットワーク -- Google ディスプレイ ネットワークに表示された広告です。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。