キーワードの挿入機能の概要

キーワードの挿入機能を利用すると、ユーザーが検索に使用し、広告表示につながった(広告グループ内の)キーワードが広告に自動的に追加されます。これにより、取り扱っている商品やサービスに関する情報を検索しているユーザーに、より関連性の高い広告を表示できます。

この記事では、Google 広告のキーワード挿入機能の仕組みについて解説します。

仕組み

ここでは、チョコレート店の広告を例に説明します。キーワードの挿入コードを、次のように広告見出しに追加します。

広告見出し: 絶品{KeyWord:チョコレート}

このコードは、Google 広告により広告グループのキーワードのいずれか(「ダーク チョコレート」、「シュガーレス チョコ」、「高級チョコレート トリュフ」)と置き換えられます。ただし、置き換えができない場合は「チョコレート」という言葉が使用されます。

ユーザーの検索語句は必ずしもキーワードと一致するとは限らない点にご注意ください。

 

ユーザーの検索語句: 広告の表示例:
ダーク チョコレート バー 絶品ダーク チョコレート
www.example.com
鎌倉の職人が作る逸品
5,000 円以上のご注文で送料無料
シュガーレス チョコ 絶品シュガーレス チョコ
www.example.com
鎌倉の職人が作る逸品
5,000 円以上のご注文で送料無料
高級チョコレート トリュフ 絶品チョコレート
www.example.co.jp
鎌倉の職人が作る逸品
5,000 円以上のご注文で送料無料

最後の例では、「高級チョコレート トリュフ」という言葉は長すぎて表示できないため、「チョコレート」という言葉が見出しに表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。