広告グループにリマーケティング リストを設定する

広告グループにリマーケティング リストを設定すると、過去に広告主様のウェブサイトを訪問したことがあるユーザーに広告が表示されるようになります。この記事では、広告グループにリマーケティング リストを設定する方法について説明します。

手順

広告グループにリマーケティング リストを設定するには:

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

ディスプレイ ネットワークの広告グループにリマーケティング リストを設定する

ディスプレイ ネットワークでリマーケティング リストを利用できるのは、「ディスプレイ ネットワークのみ - リマーケティング」(推奨)または「ディスプレイ ネットワークのみ - すべての機能」キャンペーン内の広告グループです。新しいリマーケティング キャンペーンを作成すると、「すべての訪問者」を対象とするリマーケティング リストが自動的に作成されます。

  1. AdWords アカウントにログインします。
  2. リマーケティング リストを設定する広告グループをクリックします。
  3. [ディスプレイ ネットワーク] タブをクリックします。
  4. [+ ターゲティング方法] をクリックします。
  5. [ターゲティングを追加] メニューをクリックして [インタレストとリマーケティング] を選択します。
  6. [カテゴリを選択] メニューをクリックして、[リマーケティング リスト] を選択します。 設定済みのリマーケティング リストが表示されます。
  7. 広告グループに追加する各リストの横にある二重矢印(>>)をクリックします。追加したリストが [選択済み] 列に表示されます。
  8. 設定が完了したら、[閉じる] をクリックして [保存] をクリックします。

検索ネットワークの広告グループにリマーケティング リストを設定する

検索広告向けリマーケティング リストを使用する場合は、検索ネットワーク キャンペーンの広告グループにリマーケティング リストを設定します。

  1. AdWords アカウントにログインします。
  2. リマーケティング リストを設定する広告グループをクリックします。
  3. [ユーザーリスト] タブをクリックします。
  4. [+ ターゲティング方法] をクリックします。
  5. [ターゲティングを追加] メニューをクリックして [インタレストとリマーケティング] を選択します。
  6. [カテゴリを選択] メニューをクリックして、[リマーケティング リスト] を選択します。 設定済みのリマーケティング リストが表示されます。
  7. 広告グループに追加する各リストの横にある二重矢印(>>)をクリックします。追加したリストが [選択済み] 列に表示されます。
  8. 設定が完了したら、[閉じる] をクリックして [保存] をクリックします。

検索ネットワークでは、以下のリストのみ使用できます。

  • タグ指定のリスト。ウェブサイト上のタグに直接関連付けられたリストです。
  • ルール指定のリスト。ユーザーがアクセスした URL に基づくリストです。
  • 組み合わせリスト。上記 2 種類のリストを組み合わせたものです。

他の広告グループにリマーケティング リストをコピーする

リマーケティング リストは、1 つの広告グループから他の広告グループにコピーすることができます。

リマーケティング リストをコピーするには:

  1. コピーするリマーケティング リストの横にあるチェックボックスをオンにします。
  2. [編集] メニューをクリックして、[コピー] を選択します。

コピーしたリマーケティング リストを貼り付けるには:

  1. [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. キャンペーンを選択します。
  3. リマーケティング リストを貼り付ける広告グループの横のチェックボックスをオンにします。
  4. [編集] プルダウン メニューをクリックして、[貼り付け] を選択します。

リマーケティング リストの詳細

複数の広告グループやキャンペーンで同じリマーケティング リストをターゲットとすることができます。この場合、そのすべての広告に表示機会があります。同じユーザーが複数のリマーケティング リストに含まれている場合も、そのリストをターゲットとするすべての広告に表示機会があります。いずれの場合も、広告ランクの最も高い広告が選択され、広告オークションにかけられます。

ディスプレイ ネットワークを対象とするリマーケティング キャンペーンに他のターゲティング方法を追加すると、広告の掲載範囲が狭まる可能性があります。たとえば、広告グループにリマーケティング リストとキーワードを含め、その両方で [掲載先の絞り込みと入札単価] を選んだ場合、リマーケティング リスト内のユーザーがキーワードと一致するウェブサイトを訪れた場合のみ、広告が表示されます。一方リマーケティング リストを [入札単価のみ]、キーワードを [掲載先の絞り込みと入札単価] に設定すると、キーワードと一致するウェブサイトであれば、リマーケティング リストに含まれていないユーザーが訪問した場合も広告が表示されます。サイト訪問者がリマーケティング リストに含まれていた場合は、その設定に応じた入札単価が適用されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。