アプリやウェブサイトでユーザーに広告を表示する

広告は、Google ディスプレイ ネットワークや YouTube 上のアプリやウェブサイトを訪れたユーザーのうち、特定のユーザー層に的を絞って表示することができます。各ユーザーが好んで利用しているウェブサイトの種類などに基づいて、ユーザーの興味や関心に合った広告を表示すると、オンラインでのユーザー体験の質が上がり、広告主様の投資収益率の向上にもつながります。

特定のユーザー層に的を絞って広告を表示するには、次のような複数の方法があります。

  • リマーケティング: 過去に広告主様のウェブサイトを訪れたユーザーや広告主様のビジネスと接点があったユーザーに的を絞って、カスタマイズした広告を表示できます。過去に、同じ端末または別の端末から、モバイルアプリを使って広告主様のモバイルサイトを訪れたユーザーにも広告を表示できます。詳しくは、Google でのリマーケティングの説明をご覧ください。

  • オーディエンス ターゲティング: スポーツや旅行といったユーザーの興味や関心(インタレスト)に基づいて広告を表示できます。Google ディスプレイ ネットワークや YouTube でターゲットとするインタレスト カテゴリに該当しないページを閲覧しているユーザーにも広告を表示できます。詳しくは、ユーザーの興味や関心に基づくターゲティングの説明をご覧ください。
    • アフィニティ カテゴリ: 新しいユーザーに広告を表示して、商品やサービスの存在を知ってもらう場合は、このカテゴリから選択します。
    • 購買意向の強いユーザー層: 広告主様が提供するサービスや商品に似たものを調べていたり、購入しようと積極的に考えたりしているユーザーを見つけるには、このカテゴリから選択します。

      購入見込みが極めて高いユーザーに広告を表示してコンバージョン率を上げる場合に使用してください。「購買意向の強いユーザー層」は、リマーケティングの成果を高めたり、購入段階に極めて近いユーザーに広告を表示したりする際に効果的です。

  • ユーザー属性ターゲティング: ディスプレイ ネットワークを利用しているユーザーのうち、性別や年齢層など特定のユーザー属性と関連付けられたユーザーに的を絞って広告を表示できます。詳しくは、ユーザー属性の説明をご覧ください。

  • カスタマー マッチ: 広告主様が Google と共有した顧客データに基づいて、広告主様の顧客に的を絞って広告を表示できます。詳しくは、カスタマー マッチの説明をご覧ください。

例:

スポーツ用品をオンラインで販売している場合、次のようなターゲティングを利用できます。

  • リマーケティング: 過去に自社サイトのスキー用品のページを訪れたユーザーが別のサイト(スキー関連以外のサイトでも OK)を閲覧しているときに、スキー用品の広告を表示できます。リマーケティングの対象ユーザーに特化したスペシャル オファーを表示することもできます。
  • アフィニティ カテゴリ: 「冒険好き」のアフィニティ カテゴリを広告グループのターゲットに追加すれば、このカテゴリに関心があると思われるユーザーに対して、このカテゴリとは関係のないサイトを閲覧している場合でも広告を表示できます。
  • ユーザー属性: 女性専用のスキー用品のシリーズがある場合は、ユーザー属性ターゲティングによって、それらの商品を女性にだけ表示することができます。
  • カスタマー マッチ: 広告主様のニュースレター配信に登録し、Google サービスも利用しているユーザーに、シーズン最後のセールの広告を表示できます。

Google は、Google アカウントに関連付けられている興味や関心、ユーザー属性の情報を明示して、ユーザーご本人に管理していただけるように努めています。詳しくは、ユーザーのプライバシーに対する Google の取り組みをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。