TrueView 動画広告フォーマット

TrueView 動画広告は、YouTube ユーザーが自ら視聴する動画とタイミングを選べるため、広告が視聴されなかった場合には費用は発生しません。

現在 TrueView 動画広告には、次の 2 つの種類があります。

  • インストリーム広告: YouTube 上や、動画パートナーのサイトやアプリ上で、動画の前後や途中に表示されます。再生開始から 5 秒が経過すると、ユーザーは広告をスキップできるようになります。この広告は、動画を視聴するユーザーを対象にブランドや商品の認知度向上を図るうえで役立ちます。
  • TrueView ディスカバリー広告: YouTube の検索結果や関連動画の横、モバイル版 YouTube のトップページなど、ユーザーがコンテンツを探している場面で表示されます。サムネイル画像をクリックして動画広告を視聴するようにユーザーに働きかけることができるため、関心の高いユーザーに動画を視聴してもらいやすくなります。

TrueView 動画広告は、Google 広告の「動画」タイプのキャンペーンを使って作成します。

料金

TrueView インストリーム広告では、ユーザーが動画を 30 秒間(30 秒未満の広告の場合は最後まで)視聴したか、30 秒未満でも動画に対してなんらかの操作を行った場合に料金が発生します。TrueView インディスプレイ広告では、ユーザーが広告をクリックして動画を視聴した場合に料金が発生します。つまり、ユーザーが自発的に広告を視聴した場合にのみ料金が発生します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。