動画広告の指標とレポートについて

この記事では、動画広告の掲載結果の分析に使用する、さまざまな指標について説明します。インプレッション数、視聴回数、エンゲージメント、クリック数などの指標と、どのようなユーザー層に広告が表示されているのかを確認できます。

掲載結果に関する主な指標

動画広告を作成するには、動画コンテンツが YouTube でホストされている必要があります。動画広告が視聴されると、YouTube で動画の視聴回数としてカウントされます(動画再生ページと Google アカウント レポートに表示されます)。

動画キャンペーンの主な指標は次のとおりです。

  • 主要指標:
    • 視聴回数 - 動画広告が視聴または再生された回数。注: TrueView 動画広告の視聴回数は、その動画の長さが 11 秒を超える場合に限り、YouTube で公開される動画の視聴回数にもカウントされます。
    • 視聴率 - 動画広告の視聴回数またはエンゲージメント数を広告の表示回数(動画とサムネイルのインプレッション数)で割った値。
    • 平均広告視聴単価 - ユーザーが動画広告を 30 秒間(広告が 30 秒未満の場合は最後まで)視聴したか、動画広告にエンゲージメント操作を行ったとき、広告主様にお支払いいただく平均金額。平均広告視聴単価は上限広告視聴単価と異なりますのでご注意ください。上限広告視聴単価は、1 回の広告視聴について広告主様が指定したお支払い上限金額です。
    • 総再生時間 - ユーザーが動画広告を再生した合計時間(秒)。
    • 平均総再生時間 / インプレッション - ユーザーが広告のインプレッション 1 回あたりに動画広告を再生した平均時間(秒)。
  • クリックに関する指標:
    • クリック数 - 動画広告をユーザーがクリックした回数。クリック数は、広告を見たユーザーにどの程度アピールできているかを把握する目安になります。
    • クリック率(CTR)-「広告がクリックされた回数」を「広告の表示回数」で割った値。
  • エンゲージメントに関する指標:
    • エンゲージメント - カードを展開表示するためのティーザーやアイコンなど、動画広告上のインタラクティブ要素がクリックされた回数(これらのクリックはユーザーをウェブサイトや外部のリンク先に誘導しません)。
    • エンゲージメント率 - 広告で発生したエンゲージメント数を広告の表示回数で割った値。
  • リーチとフリークエンシー:
    • ユニーク ユーザー数 - 一定の期間に動画広告を視聴したユーザーの合計数。
    • ユニーク Cookie 数 - ユーザーのパソコン上の特定のブラウザに関連づけられた Cookie の数。Cookie には、ユーザーが閲覧したウェブページで使用する設定やその他の情報が保存されます。
    • ユニーク視聴者数(Cookie)- 一定の期間にユニーク Cookie に動画広告が視聴された回数。
    • ユーザーあたりの平均表示頻度 - 一定の期間に同一ユーザーが広告を見た平均回数。
    • Cookie あたりの平均表示頻度 - 一定の期間にユニーク Cookie 1 個あたりに動画広告が表示された平均回数。
    • Cookie あたりの平均視聴回数- 一定の期間に、同一 Cookie によって動画が視聴された平均回数。
  • 動画の再生に関する指標(動画再生率レポート):
    • 動画が再生された長さ: 25% - 動画広告が全体の 25% まで再生された回数。
    • 動画が再生された長さ: 50% - 動画広告が全体の半分まで再生された回数。
    • 動画が再生された長さ: 75% - 動画広告が全体の 75% まで再生された回数。
    • 動画が再生された長さ: 100% - 動画広告が最後まで再生された回数。
: [動画が再生された長さ] の指標は、動画が最後まで視聴された場合にのみカウントされます。ただし視聴回数は、動画でエンゲージメントが発生した場合(表示 URL、コンパニオン バナー、広告表示オプションがクリックされた場合)にもカウントされます。20 秒の動画を 15 秒しか見ていないユーザーが表示 URL をクリックしてランディング ページに移動した場合は、視聴回数が 1 回カウントされて視聴率が伸びます。しかし、その動画は最後まで視聴されていないため、[動画が再生された長さ: 100%] の指標にはカウントされません。
 
  • YouTube のエンゲージメント: 動画広告を視聴したユーザーが YouTube で関連する操作を行ったときに発生する獲得アクション数。獲得アクション数には次の種類があります。
    • 広告視聴後の動画視聴数 - YouTube ユーザーが YouTube チャンネルまたは動画再生ページでそれ以降の動画を視聴した回数。ユーザーが同じ動画をもう一度再生した場合も、チャンネルの別の動画を再生した場合も、カウントされます。
    • 動画視聴後のチャンネル登録者数 - 広告主様のチャンネルを登録したユーザーの数。YouTube チャンネルのコンテンツとチャンネル アバターは YouTube のホームページに表示されるので、この獲得アクション数はユニーク値になります。

プライバシー要件に基づき、広告視聴後のチャンネル登録者数の指標が 100 未満の場合は、その日に登録された実際の数ではなく範囲で表示されます。たとえば、「14」の場合には実際の数の代わりに「11〜20」の範囲で表示されます。指標が 100 以上の場合は、これまでのとおり実際の数が表示されます。

  • 再生リストの追加件数 - ユーザーが動画を再生リストに追加した回数。
  • 高評価の数 - ユーザーが広告主様の動画を高く評価した回数。
  • 動画視聴後の共有数 - ユーザーが動画を共有した回数。
  • アクティブ ビュー

レポート機能

  • 表のカスタマイズとダウンロード可能なレポート - 表示項目、分割、フィルタを使って Google 広告アカウントの表をカスタマイズすることで、関心のある動画キャンペーンの掲載結果データに絞った表示が可能です。たとえば、「上限広告視聴単価」、「クリック数」、「YouTube 獲得アクション数」などの表示項目を選択できます。掲載結果の表に必要なデータが表示されたら、レポートとしてダウンロードし、保存できます。レポートにはさまざまなフォーマットが用意されています。レポートを定期的に作成し、広告主様、または広告主様のアカウントへのアクセスが許可されている他のユーザーにメールで通知するようスケジュール設定することもできます。詳しくは、表示項目の変更分割フィルタの方法をご覧ください。
  • レポートの自動生成 - 関心がある動画キャンペーンの特定の掲載結果を確認するには、Google 広告 アカウントで表示項目、分割、フィルタを使用し、目的の掲載結果が表示されるように表を調整します。掲載結果の表に必要なデータが表示されたら、それらをレポートとしてダウンロードし、保存できます。レポートにはさまざまなフォーマットが用意されています。レポートを定期的に作成し、広告主様、または広告主様のアカウントへのアクセスが許可されている他のユーザーにメールで通知するようスケジュール設定することもできます。
  • 変更履歴 - アカウントに加えた変更が一覧表示されます。すべての変更が時系列で、アカウント データと対応する形で表示されます。指定した期間内の変更をすべて表示したり、種類の変更(予算の調整や広告グループの編集など)のみを表示したり、特定の動画キャンペーンに関する変更を表示したりできます。掲載結果データを時間の経過に沿って比較すると、どの変更が掲載結果に影響を及ぼした可能性があるか見きわめることができます。
  • 高度なレポートツールビジュアル チャート - 動画広告の掲載結果に関する詳細データを表示、カスタマイズ、分析することができます。
  • ターゲティング - 特定のキーワード、ユーザー層、ユーザー属性に関しても、動画の掲載結果を確認できます。これらの指標は、[キーワード]、[オーディエンス]、[ユーザー属性] のページをクリックすると表示されます。

動画広告を作成するには、動画コンテンツが YouTube でホストされている必要があります。動画広告が視聴されると、YouTube で動画の視聴回数としてカウントされます(動画再生ページと YouTube アカウント レポートに表示されます)。

データの問題を解決する

YouTube と Google 広告で掲載結果が異なる

課金対象の視聴回数と YouTube の動画視聴回数は、必ずしも同じになるとは限りません。たとえば、一定期間における広告の視聴回数を確認する場合、YouTube では太平洋時間に基づいてデータが集計されるのに対し、Google 広告 では広告主様が指定したタイムゾーンに基づいてデータが集計されます。多少の差は生じるものの、Google では累積回数がほぼ同じになるようにしています。請求はエンゲージメントが発生した適切な視聴回数に対して行われますが、この視聴回数の一部は YouTube の再生回数としてはカウントされない場合があります。

YouTube アナリティクスではすべての動画がデータとして集計されるのに対し、Google 広告は有料の動画視聴のみを対象としているので、動画の視聴回数に違いが生じます。


YouTube Insights と Google 広告で、動画再生率の値と行動を促すフレーズのクリック数が異なる

現在 Google 広告の動画再生率(四分位データ)は、Google 広告の広告で発生した視聴のみを対象としています。したがって、Google や YouTube での検索結果に表示される無料リスティング経由で動画が視聴された場合、そのデータは Google 広告のデータに含まれません。

YouTube でホストしている動画は、Google 検索や YouTube 検索の結果として表示されることがあります。視聴者がオーガニック検索結果でこの動画をクリックして動画を操作した場合、動画広告の視聴や視聴者の操作は課金されず、Google 広告での動画の掲載結果の指標には含まれません。

動画広告グループの結果を表示する

動画広告グループについて、特定の期間内のインプレッション数、クリック数、視聴完了率(VTR)、広告視聴単価(CPV)などの指標の全体的な結果を表示するには、[広告グループ] ページを使用します。列ヘッダーのツールチップ アイコン [?] をクリックすると、その指標の具体的な定義が表示されます。

  1. ナビゲーション パネルで [動画キャンペーン] を選択します。
  2. ページメニューの [広告グループ] をクリックします。

留意点

  • 個々の広告グループには、共通のターゲティング条件と入札単価を持つ動画広告を含めます。
  • 個々の広告グループには特定の動画広告フォーマットを指定し、そのフォーマットの動画広告のみを含めます。ただし、動画キャンペーン単位では、複数の広告グループを作成できます。たとえば、インストリーム広告の広告グループと TrueView ディスカバリー広告の広告グループを両方作成できます。しかし広告グループ単位では、1 つの広告グループに含めることができるのはインストリーム広告か TrueView ディスカバリー広告の一方に限られ、両方の広告フォーマットを含めることはできません。

動画の掲載結果の概要を表示する

  1. ナビゲーション パネルで [動画キャンペーン] を選択します。
  2. ページメニューの [動画] をクリックします。

[動画] セクションに、すべての広告の動画の掲載結果がまとめて表示されます。

動画の指標と分析情報を表示する

  1. ナビゲーション パネルで [動画キャンペーン] を選択します。
  2. ページメニューの [動画] をクリックします。
  3. ページの上部にある [アナリティクス] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。