1 日の予算を有効活用する

予算が限られている場合、広告費用は 1 円たりとも無駄にしたくないものです。予算による制限があると、広告の表示頻度が期待よりも下がったり、まったく表示されなかったりすることがあります。

この記事では、予算をより有効に使うための推奨事項について解説します。

予算によって制限されているキャンペーンの入札単価を下げる

一見矛盾するようですが、予算によって制限されているキャンペーンの入札単価を少し下げると、クリック数が増える場合があります。これは、広告のクリック 1 回あたりの平均料金が下がり、結果として予算の寿命を延ばしてより多くのクリックを獲得できる可能性があるためです。ただし、入札単価を下げすぎると、競争力が失われてクリック数が減ることがありますのでご注意ください。入札単価を引き下げる場合は、下げすぎになっていないか、数日おいてから掲載結果を確認するようにしてください。入札単価を編集する方法

Google 広告の自動入札機能を使用する

広告主様が手作業で入札単価を引き下げる代わりに、Google 広告の自動入札機能に任せることもできます。自動入札戦略は、クリック数やコンバージョン数の増加など、ビジネスの目標に合わせて複数のタイプから選択できます。自動入札機能の詳細

配信方法を [集中化] から [標準] に変更する

広告配信の集中化は、1 日のうちで早い時間帯に予算が尽きる可能性が高くなります。これは、予算の上限に達するまで高い頻度で広告が表示されるためです。一方、標準の広告配信では、1 日を通して均等に広告が表示されます。

個別単価設定を選択した場合、キャンペーンの広告配信方法が自動的に [標準] に設定されます。配信方法を変更する手順

キャンペーンの推奨予算を使用する

Google 広告では、頻繁に 1 日の予算を使い切っているものの、クリックや表示回数がさらに増える可能性のあるキャンペーンに対して、推奨予算が表示されます。この推奨予算を基に、新しい予算によって広告の表示回数がどのように変わるか、予測することができます。キャンペーンの推奨予算を確認する方法

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。