Google 広告アカウントの強制停止について

Google は法的要件の遵守とユーザーの安全を重要視しており、ユーザー、Google、またはパートナーを危険にさらす行為があった場合には、アカウントの強制停止という措置を講じることがあります。

広告主様のアカウントが強制停止された場合は、アカウント内に通知が表示されるほか、メールでも通知が送信されます。留意点:

  • 強制停止されたアカウントでは、広告掲載および新しいコンテンツの作成はできません。ただし、広告主様は強制停止されたアカウントや関連するすべてのレポートに引き続きアクセスできます。
  • 強制停止中のアカウントに関連するアカウント(同じメールやお支払い方法を使用しているアカウントや、同じクライアント センター(MCC)アカウントにリンクされているアカウントなど)は、強制停止される場合があります。
  • 強制停止中の Google 広告アカウントにリンクされている Merchant Center アカウントは、強制停止される場合があります。
  • 広告主様が新規作成するアカウントがすべて強制停止される場合があります。

アカウントが強制停止される理由

Google 広告ポリシー利用規約は、ユーザーと広告主様に安全で健全なサービスを提供することを目的として作成されています。これらのポリシーや利用規約への悪質な違反が判明した場合は、アカウントが強制停止されることがあります。アカウントが一時的に強制停止される理由は他にもあります。詳細については、以下をご覧ください。

 

すべて展開 すべて折りたたむ Google 広告ポリシーまたは利用規約の違反による強制停止
Google では下記のポリシーへの違反を悪質なものと見なし、厳重に対処しています。
こうしたポリシーに違反するアカウントは強制停止され、今後の広告掲載が許可されなくなる場合があります。お客様が Google ポリシーに違反しておらず、この措置が誤りだとお考えの場合は、再審査請求をお送りください。なお、よほどの理由がない限りアカウントは再開されないため、再審査請求の際は熟考のうえ、嘘偽りなく正確にご説明ください。

広告掲載システムの回避

Google ネットワークに表示される広告を、ユーザーにとって有意義で、バラエティ豊かで、関連性が高く、安全なものにするために、広告の審査プロセスを回避したりごまかそうとしたりする広告やコンテンツ、リンク先は認められません。下記の行為に関与したアカウントは、強制停止される場合があります。

許可されない Google の広告システムやプロセスを回避、阻害するような行為への関与

例: Google の審査システムの阻害を目的とするもしくは結果として阻害する、または Google 広告ポリシーへの違反を隠すもしくは隠そうとする、クローキング行為(Google を含む特定のユーザーに対して、他のユーザーとは異なるコンテンツを表示する行為)。例: 違反コンテンツへリダイレクトする行為、動的 DNS を使用してページや広告のコンテンツを切り替える行為、または、サイト コンテンツを不正に操作したり非常に多くのランディング ページへのアクセスを制限したりすることにより、広告、サイト、アカウントに対する有効な審査を困難にすること

具体例: 広告が承認された後、有料の電話番号案内サービスが、提携関係にない企業や行政サービスに関連する(無料商品の販売に関するポリシーに違反する)キーワード コンテンツを繰り返し追加、削除する。有料の電話番号案内サービスがランディング ページを変更し、承認された広告にリンクされている追加料金のかからない番号を、追加料金のかかる番号に置き換える。

注: 特定のユーザーに対し本物の付加価値を与えるようなコンテンツのカスタマイズ(例: 同じコンテンツの別言語バージョン)については、商品やサービスが実質的に同じで、変更を加えたコンテンツも Google 広告ポリシーに準拠しており、Google がそのコンテンツのバージョンを審査できる限り、クローキングには含めません。

例: どのアカウントかに関わらず度重なるポリシー違反が発生した場合。(本ポリシーまたはその他の Google 広告ポリシーの規則の下で)不承認となった広告と同様の広告を掲載することを目的とした、新しいドメインやアカウントの作成を含む。

お客様のアカウントで、下記のように広告テキストの不正操作が繰り返し行われていることがわかった場合、アカウントが強制停止される場合があります。

許可されない Google の自動的なシステム チェックを回避する意図に基づく広告文の不適切な操作

: 禁止語句に誤字や脱字を混入させて、広告が不承認とならないように欺こうとすること、および広告文中の商標用語を改変し、その商標の使用に関する制限の裏をかこうとすること

このポリシーに関する詳細

偽造品

Google 広告では偽造品の販売や宣伝を禁止しています。偽造品とは、他の商標と同一、またはほとんど区別がつかない商標やロゴを使用している商品を指します。真正品と偽って販売するためにブランドの特徴を模倣したものを指します。このポリシーは広告およびウェブサイトやアプリのコンテンツに適用されます。

広告、ウェブサイト、アプリのコンテンツで、以下のような種類の商品の偽造品を宣伝していることが判明した場合、アカウントが強制停止される場合があります。

ブランド所有者の真正品と偽って販売するためにブランドの名前をかたる、類似品、レプリカ、イミテーション、複製品、偽物、偽造品などの商品またはこれらに類似する商品

真正品と偽って販売するためにブランドの特徴を模倣している偽造品

: ブランドのラベルやロゴを使用する非真正品

このポリシーに関する詳細

未承認の薬局の宣伝

無許可で開設された薬局を宣伝するアカウントは停止されることがあります。これには、処方箋なしで処方薬を販売することや、そのようなコンテンツの宣伝が認められてない地域をターゲットに設定することなどが含まれますが、これらに限定されません。

このポリシーに関する詳細

許可されない業務形態

Google は不正なビジネス手法を深刻に捉え、悪質なポリシー違反と見なします。そうした手法が確認されたアカウントは、強制停止となる場合もあります。不正なビジネス手法に関与していると判断された広告主様やサイトは、その後 Google での広告掲載が一切認められません。そのため、宣伝する商品やビジネス、サービスの情報の透明性については、十分に慎重を期してください。広告主様やリンク先がこのポリシーに違反しているかどうかの判断は、広告、ウェブサイト、アカウント、第三者からの情報など複数の要素を考慮したうえで行います。お客様が Google ポリシーに違反しておらず、この措置が誤りだとお考えの場合は、異議申し立てをお送りいただき、その理由をご説明ください。なお、アカウントの再開は正当な理由に基づいてのみ行われるため、異議申し立ての際は、嘘偽りのない正確かつ十分な情報をご提供ください。詳しくは、Google 広告アカウントの強制停止についてをご確認ください。

 

ビジネス、商品、サービスに関する情報の隠蔽や虚偽記載にあたる行為

: 虚偽または不明確な表示によってユーザーから金銭や情報を引き出そうとすること、偽の身元や商号、連絡先情報を表示すること、自分の母国や自分自身に関する重要な情報を偽装または隠匿し、自国以外の国のユーザーに政治や社会問題、社会的関心事に関するコンテンツを表示すること

広告のリンク先で「フィッシング」の手口を使ってユーザー情報を収集すること

このポリシーに関する詳細

不当な手段による利益の獲得

Google ネットワークに表示される広告を、ユーザーにとって有意義で、バラエティ豊かで、関連性が高く、安全なものにするために、お客様のアカウントで下記のような行為が行われていることが判明した場合、アカウントが強制停止される場合があります。

Google ネットワークで不当な手段を用いて他のオークション参加者よりも有利なトラフィックを獲得する行為

: 該当するアフィリエイト プログラムのルールに反する方法で Google 広告で広告を掲載し、同一または類似の検索語句に対して複数のアカウントから同一または類似のコンテンツを表示することによって、同じビジネス、アプリ、またはサイトの広告を同時に 2 つ以上表示しようとする行為

: キーワードは、ターゲット ユーザーが検索を行う際の考えられる意図に沿うものでなければなりません。また、宣伝するウェブサイトやアプリは、ユーザーに明確な価値を提供するものでなければなりません。たとえば、同価格帯の同様の商品を、互いに関連する複数のリンク先で宣伝することは避けてください。

このポリシーに関する詳細

繰り返される違反

Google 広告掲載のポリシーに対する違反が繰り返し見られると、アカウントは強制停止される場合があります。

請求とお支払いに関する問題による強制停止
お客様のアカウントは、以下のいずれかの理由により強制停止される場合があります。

プロモーション コードの不正利用

広告主様によるプロモーション コードの販売や、複数のプロモーション コードの利用が確認されると、アカウントが強制停止される場合があります。詳しくは、プロモーション コードの国別の要件をご覧ください。

こうした措置に誤りがあると思われる場合は、再審査請求をお送りください

チャージバックの依頼

Google 広告アカウントへの正当な請求に対して、広告主様が銀行またはクレジット カード会社に差し戻しを指示した場合(チャージバックの依頼)、アカウントは強制停止される場合があります。

強制停止を解除するには: 

  1. Google 広告でお支払いを行います
  2. 再審査請求を送信します

注: 銀行口座から Google 広告に支払いを行う場合(口座振替)は、再審査請求と合わせてお支払いの証明書を送信します。銀行の明細書のコピー、またはオンライン銀行口座のスクリーンショット(広告主様の氏名、Google へのお支払い記録、銀行口座の残高がわかるもの)をアップロードしていただく必要があります。

不審なお支払い行為

アカウントのお支払いで不審または不正な行為が検出されると、アカウントでご利用可能な金額が制限されたり、アカウントが強制停止されたりする場合があります。
こうした措置に誤りがあると思われる場合は、再審査請求をお送りください

未払い残高

アカウントに未払い残高が 1 つ以上ある場合は、一時的に強制停止される場合があります。

強制停止を解除するには:

  1. Google 広告でお支払いを行います
  2. 再審査請求を送信します

注: 銀行口座から Google 広告に支払いを行う場合(口座振替)は、再審査請求と合わせてお支払いの証明書を送信します。銀行の明細書のコピー、またはオンライン銀行口座のスクリーンショット(広告主様の氏名、Google へのお支払い記録、銀行口座の残高がわかるもの)をアップロードしていただく必要があります。

アカウントへの不正アクセスによる一時的な強制停止

許可されていないユーザーが Google 広告アカウントにアクセスしようとしていることが判明した場合、不正な請求からの保護のためにアカウントが一時的に強制停止されます。

強制停止を解除する方法: こちらのフォームに必要事項をご入力いただければ、広告の掲載を再開できるよう、アカウントのセキュリティ確保をサポートいたします。

Google Ad Grants のポリシーの遵守
お客様の Google Ad Grants アカウントが Google Ad Grants のポリシーに違反している場合は強制停止されることがあります。
強制停止を解除する方法: プログラム ポリシーをお読みいただき、アカウントの再開をリクエストできるかどうかをご確認ください。

払い戻しをリクエストする方法

アカウントが強制停止されていて、払い戻しの対象となる場合、いつでもアカウントの利用を停止して払い戻しを受けることができます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。