テキスト広告を編集する

テキスト広告のテキスト、表示 URL、ランディング ページ URL を編集する理由はさまざまです。入力ミスの修正や最終ページ URL の更新が必要になったり、ユーザーに効果的にアプローチするために広告を編集したりする場合もあるでしょう。この記事では、テキスト広告の編集を個別に行う方法と、複数の編集を一括して行う方法について説明します。

注意: Google 広告 Editor 12.4 以降を使用してください。古いバージョンを使用すると、以前の URL と並行トラッキングへの変更内容の一部が削除される可能性があります。ご利用中の Google 広告 Editor のバージョンを確認する方法

はじめに

広告を編集する際は、次の点にご注意ください。

  • 広告を編集して保存すると、新しいバージョンの広告が作成されます。
  • 新しい広告は審査に送られます。審査は通常 1 営業日以内に完了します。 Google は、システム運用の全体的な安定性を確保するために、審査の優先度を決定する権利を有します。
  • 以前のバージョンの広告の掲載結果履歴は引き続き確認できます。
  • 元の広告の掲載を再開することはできません。元の広告に戻したい場合は、新しく作成するか、もう一度編集してください。

ヒント

広告を編集する代わりに、新しい広告を作成して同時に掲載し、成果がどのように異なるかをテストする方法もあります。こうすることで、元の広告を掲載しながら、新しい広告でどのような成果が得られるかを確認できます(Google 広告のデフォルト設定では、成果の高い広告がより頻繁に掲載されます)。

手順

  1. Google 広告 にログインします。
  2. 左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。
  3. 編集する広告を探します。
  4. 広告名にカーソルを合わせ、鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  5. [編集] を選択します。
  6. 広告文を編集し、[新しいバージョンを保存] をクリックします。
  7. 新しい広告が審査に送られます。通常、審査は 1 営業日以内に完了します。

広告文を編集する

広告グループには 3 つ以上の広告を含めることをおすすめします。Google 広告では、検索ごとに最も効果的な広告を表示することで、キャンペーンの掲載結果を最適化できます。
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックして、ページ上部の [広告] をクリックします。
  3. 編集する広告グループにカーソルを合わせます。
  4. ダイアログで次の項目を編集できます。
    1. 最終ページ URL
    2. 広告見出し
    3. 表示 URL のパス
    4. 説明文
  5. [新しいバージョンを保存] をクリックします。広告を保存すると、その広告が新しいバージョンに更新されて審査に送られます。以前のバージョンの統計データは引き続き表示されます。

広告文を一括編集する

複数の広告文をまとめて変更する手順は次のとおりです。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックします。
  3. 編集する広告のチェックボックスをオンにします。または、メニューバーのチェックボックスをオンにしてすべての広告を選択します。
  4. [編集] をクリックし、[テキスト広告を修正] を選択します。
  5. 「拡張テキスト広告」と「拡張動的検索広告」を次の方法で編集できます。
    1. 編集: 説明文、広告見出し、表示 URL のパス、最終ページ URL を変更します。
    2. 検索と置換: 特定の単語やフレーズを検索して、他のテキストに置き換えます。
    3. テキストに追加: 既存のテキストの前後にテキストを追加します。
    4. 文字種を変換: すべての語頭または最初の語頭を大文字に変換したり、すべて小文字に変換したりします。
  6. 編集内容を確認するには [プレビュー] をクリックします。選択した広告に編集内容を適用するには [適用] をクリックします。

広告を編集して保存すると、新しいバージョンの広告が作成されます。以前のバージョンの掲載結果とデータは引き続き表示可能です。詳しくは、バージョン履歴についてをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。