比較の対象

[競合状況の分析] ページには、他の Google 広告主と比較したご自身のアカウントの実績が表示されます。比較の対象となるのは、広告掲載のカテゴリに含まれる広告主、また、そのカテゴリ内でご自身と同じような実績を持つ広告主です。

これらのグループが決定される仕組みについて説明します。競合広告主の掲載結果データは集約して平均化されるため、すべての掲載結果データは匿名性を持ちます。比較の対象となる広告主を特定することはできませんが、同じカテゴリの競合広告主と比べて、掲載結果の相対的な実績を把握することができます。

1. 広告のカテゴリ

競合解析のデータ(5 つのセクション パネルに表示される)では、同じカテゴリの競合広告主と比べて、ご自身がどのような位置にあるかが表示されます。

Google では、まず、同じカテゴリの競合広告主と比べて、ご自身の掲載結果がどのような位置にあるかを分析します。カテゴリとは、一般に広告の主題を表したテーマ別のグループです。カテゴリを使用することで、同じような商品やサービスの広告を掲載している他の広告主と Google 広告の掲載結果を比較できます。

表示されたカテゴリごとに、該当のトピックに属する検索クエリに対して広告が表示されます。

カテゴリを絞り込む方法

カテゴリが青色の場合、そのカテゴリをクリックすると、該当のトピック内のより限定的なサブカテゴリを表示できます。カテゴリには 5 つのレベルがあり、各レベルはその親よりも限定的なものです。たとえば最上位レベルの [パソコン、家庭用電化製品] にはサブカテゴリとして [コンピュータ] があり、さらに、そのサブカテゴリは [ノートパソコン] などとさらに絞り込むことができます。

カテゴリの分類方法

Google では、広告を表示した検索クエリをすべて調査しました。その情報から、Google の機械学習アルゴリズムがテーマを識別し、広告主様の商品やサービスに関連する 7,000 個のカテゴリを作成しました(最上位レベルのカテゴリは約 50 個)。これらの検索クエリに加えて、Google では各広告グループを分類する場合、広告のリンク先ページ、キーワード、広告テキストなどの他の要素も調査します。選択したカテゴリが検索クエリに対してあいまいな場合があります。この場合、広告グループ、キャンペーン、アカウントのコンテキストを使用して、特定の広告主様に対して検索クエリが割り当てられるべきカテゴリを決定します。

各カテゴリでの検索クエリを表示

アカウント内の最も限定的なサブカテゴリごとに、広告を表示した Google の検索クエリを確認できます。カテゴリ名をクリックすると、より限定的なサブカテゴリが表示されます。カテゴリ名がリンクになっていない場合、そのカテゴリ名は最も限定的なサブカテゴリです。その場合、[検索カテゴリを表示] リンクが表示され、このリンクで、該当のカテゴリに関連付けられる実際の検索クエリのリストが表示されます。カテゴリが適切ではないと思う場合は、除外キーワードを追加するか、既存のキーワード リストを見直して、関連性の低い検索に対して広告が表示されないようにすることを検討してください。

カテゴリについてもう少し詳しくご説明します。

  • Google では、ターゲット設定が市場に及ぼす影響を調べるために各国のカテゴリごとにベンチマークを計算します。
  • これらのカテゴリのどれにも当てはまらないキーワードはすべて [該当カテゴリなし] というセクションにまとめられます。このセクションは実質的には、定義されたカテゴリのどれにも当てはまらない掲載結果データのための入れ物です。
  • Google では、宣伝する商品のカテゴリにおいて、表示回数が過去 2 週間で少なくとも 1 回はあった場合、カテゴリを表示します。

2. 類似する広告主

詳細な比較(棒グラフに表示される)では、より限定した広告主、つまり同じカテゴリの競合広告主と比べて、ご自身がどのような位置にあるかが表示されます。

Google では、同じカテゴリの広告主のグループ内で、ご自身と同じような実績を持つ広告主を識別します。さらに、その広告主のサブセットを使用して、棒グラフと関連データを作成します。このようにして、ご自身と同じような広告主で、同じような広告掲載の予算と対象範囲を持つ可能性のある広告主との比較が確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

false
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false