「ディスプレイ広告」理解度テストの学習ガイド

ブランド認知度を高める

ブランド エンゲージメント キャンペーンの目標は、企業とその商品やサービスの認知度を高め、プラスのイメージを確立することです。動画を見る、ゲームで遊ぶ、ウェブサイトを閲覧する、他のユーザーと交流するなど、さまざまな方法を通してユーザーに企業ブランドに対する親しみを持ってもらうようにします。

ブランド認知度の向上を目指す場合は、Google ディスプレイ ネットワークを利用すると、世界中の数千ものウェブサイトで最適な場所に適切なタイミングで広告を掲載してユーザーにアピールできます。Google 広告でプレースメント ターゲットを設定し、リッチメディア広告フォーマットとインプレッション単価制を使用すると、ブランドと関連性の高いユーザーにアプローチできます。

ブランド エンゲージメント キャンペーンの用途

  • ブランドに触れる機会を増やす。
  • ブランドにプラスのイメージを確立する。
  • ターゲット ユーザーにアプローチしてブランドへの親近感を高める。
  • ブランドや関連商品を利用するようユーザーに働きかける。

プレースメント ターゲット、リッチメディア広告フォーマット、インプレッション単価制の使用方法

  • プレースメント ターゲット

    プレースメント ターゲットでは、Google ディスプレイ ネットワークの「プレースメント」(具体的なウェブサイトやサイトのセクション)を指定してキャンペーンを掲載できます。プレースメントには、特定のトピックやターゲット ユーザーに当てはまるサイトを選んだり、ブランディングの条件に当てはまるサイトを指定したりできます。

    ディスプレイ キャンペーン プランナーを使用すると、ターゲットとするプレースメントの候補を検索できます。具体的には、ターゲット ユーザーの情報(ユーザーの興味や関心、よく利用されるサイトなど)を入力すると、ターゲット プレースメントの候補の一覧が表示されます。

  • 広告フォーマット

    ブランド エンゲージメント キャンペーンでは、ターゲット ユーザーと関わりを持つことが主な目標となるため、リッチメディア広告フォーマットを使用することをおすすめします。Google ディスプレイ ネットワークでは、テキスト広告だけでなく、静止画像、HTML5 アニメーション、動画などのビジュアル性の高いさまざまなフォーマットを使用してユーザーにアプローチできます。

  • 入札戦略

    ブランド エンゲージメント キャンペーンでは、関連性の高いサイトでブランドを最大限にアピールする必要があります。通常、このようなキャンペーンでは、設定した成果目標に直結した入札単価を設定できるインプレッション単価制が適しています。

ヒント

YouTube を利用してブランド認知度を向上

既にローカルテレビ局で使用している動画広告がある場合は、YouTube にアップロードすることをおすすめします。無料の YouTube ユーザー チャンネルを設定すると、ブランドに合わせてデザイン(背景色やロゴなど)をカスタマイズできます。これにより、最も人気の高いインターネット動画サイトをブランドの軸として活用できます。詳しくは、YouTube の広告掲載オプションの説明をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。