「AdWords 基礎」理解度テストの学習ガイド

Google 広告の費用を管理する

次の方法を活用すると、Google 広告アカウントで発生する費用を管理できます。

1 日の平均予算を設定して費用を管理する

1 日の平均予算は、アカウントのそれぞれの広告キャンペーンに対して、ご自身が 1 日あたりの平均額としてお支払いを望む金額です。この予算額は全面的にご自身の判断によるもので、設定した金額はいつでも変更できます。1 日の平均予算を設定することで、日々発生するキャンペーン費用を管理できます。

1 日に発生する実際の費用は、ご指定の 1 日の平均予算を超えて最大 2 倍の額になることがあります。これは超過配信と呼ばれる現象で、トラフィックが少なく広告が十分に表示されなかった日を埋め合わせる処理です。なお、お客様への実際の請求額が 1 か月の請求額の上限を超えることはありません。この上限は、ご指定の 1 日の平均予算に 1 か月の平均日数(30.4)を掛けた額になります。

注: 1 か月の請求額の上限を超えて広告が表示された場合には、超過分のクレジットがアカウントに適用されます。

広告キャンペーンの 1 日の平均予算が 1 か月を通じてずっと 1,000 円だった場合、その 1 か月にそのキャンペーンに請求される上限金額は 30,400 円になります(1,000 円×1 か月の平均日数 30.4 日)。なお、超過配信が原因で、トラフィックの多い日や少ない日に 1 日の費用が 1 日の平均予算 1,000 円を上回ったり下回ったりする場合があります(ただし、1 日の費用が 1 日の平均予算の 2 倍(この例では 2,000 円)を超えることはありません)。

予算を最大限に活用する

品質スコアは、広告、キーワード、ランディング ページの品質の目安です。広告の品質スコアが高いほど、入札単価の低減と掲載順位の向上につながりやすくなります。

  • 品質スコア(1〜10 の段階評価)とその要素(推定クリック率、広告の関連性、ランディング ページの利便性)は、キーワードの [ステータス] 列に表示されます。
  • 広告やランディング ページとユーザーの関連性が高いほど、品質スコアは高くなります。
  • 品質スコアは広告オークションにおけるご自身の広告の総合的なパフォーマンスを基に集計した目安であり、オークション時に決まる広告ランクの算出には使用されません。

品質がクリック単価に与える影響について

Google 広告の基本
関連性: 広告の品質が費用や掲載結果に与える影響
費用とお支払い履歴を確認する

Google 広告アカウントの [請求とお支払い] > [ご利用履歴] ページでは、お支払い情報として最新の請求額、お支払いの詳細などを簡単に確認できます。詳しくは、お支払い情報を確認する方法をご覧ください。

目標に基づいて入札戦略を選ぶ

Google 広告では、Google サービスで検索が行われるたびにオークションを実施し、検索結果ページにどの広告を表示するか、表示する広告の掲載順位をどうするか、そもそも表示する広告があるかどうかを見極めます。このオークションに広告を掲載するには、まず広告の入札方法(単価制)を決める必要があります。その際は、ご自身の目標(クリック、インプレッション、コンバージョン、コンバージョン値のどれを増やすことを重視するかなど)に基づいて、適切な自動入札戦略を選ぶようにします。詳しくは、スマート自動入札の効果的な運用自動入札機能についての説明をご覧ください。

コンバージョン数を重視

コンバージョン数(購入数や申し込み数など)を重視して最適化したい場合は、「コンバージョン数の最大化」や「目標コンバージョン単価」の入札戦略がおすすめです。これらの入札戦略を使うと、コンバージョン数を増やすことに焦点を絞って、入札単価が自動的に設定されます。ご希望の場合は目標コンバージョン単価も指定できます。

コンバージョン値を重視(広告をクリックした後にサイトで特定の行動を取るユーザーの獲得を重視)

コンバージョン値(収益や利益など)を重視して最適化したい場合は、「目標広告費用対効果」入札戦略がおすすめです。この入札戦略を使うと、ご指定の目標広告費用対効果でコンバージョン値を増やすことに焦点を絞って、入札単価が自動的に設定されます。

Click on ad 広告のクリック数を重視

ウェブサイトへのトラフィックを増やしたい場合は、「クリック数の最大化」入札戦略を使用します。この入札戦略を使用すると、目標予算を達成しながらキャンペーンのクリック数を増やすことに焦点が絞られます。
Several ads

ディスプレイ専用: 視認範囲のインプレッション数(広告が視認範囲に表示された回数)を重視

この入札戦略は「視認範囲のインプレッション単価」(vCPM)と呼ばれる単価制で、ブランド認知度の向上をご希望の場合におすすめです。視認範囲のインプレッション単価制は、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンでのみご利用いただけます。検索キャンペーンで認知度の向上を目指す場合は、「目標インプレッション シェア」入札戦略をご利用ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。