効果的なテキスト広告を作成する

具体的でユーザーとの関連性が高く、説得力のあるテキスト広告を作成し、広告効果を高めましょう。この記事では、効果的なテキスト広告を作成するためのヒントとよくある間違いをご紹介します。

独自のセールス ポイントを強調する
送料無料、豊富な品揃え、魅力的な商品やサービス、特典など、優れた点をユーザーに伝えましょう。

価格、特典、限定サービスを記載する
Google で情報収集をしているユーザーの意思決定に役立つ情報を提供しましょう。たとえば、期間限定割引や限定商品などの情報があれば、広告に盛り込みます。

ユーザーに行動を促す
商品を販売している場合は、何を購入できるのか明記しましょう。サービスを提供している場合は、連絡方法を記載しましょう。「購入」、「今すぐお電話を」、「ご注文」、「閲覧」、「お申し込み」、「見積もりを依頼」など行動を促すフレーズを通じて、広告をクリックした後にできることを明らかにしましょう。

広告文にキーワードを含める
広告文にキーワードを含めることで、ユーザーが探している情報に関する広告であることをアピールできます。たとえば、「デジタルカメラ」というキーワードを使う場合は、「デジタルカメラを購入」といった広告見出しを作成します。詳しくは、効果的なキーワードの選び方をご覧ください。

広告とランディング ページを一致させる
ランディング ページ(広告とリンクさせるウェブサイトのページ)に、広告で宣伝している優待情報や商品の情報を含めます。探している情報がすぐに見つからなければ、ユーザーは他のサイトに移動してしまう可能性があります。

モバイル ユーザーにアプローチする
携帯端末で広告を閲覧しているユーザーは、お店の場所を確認したり、電話をかけたりしたいと考えている可能性が高いと思われます。住所表示オプション電話番号表示オプションを使って、お店の所在地と電話番号を表示しましょう。また、携帯端末専用の広告を作ることも効果的です。その際には、広告のリンク先をモバイルサイトのページにして、モバイル ユーザーに適した特典を記載します。なお、携帯端末に表示される広告は、PC に表示される広告と形式が異なる場合があります

サイトのモバイルへの対応度と読み込み速度の評価、サイトの改善方法をご確認ください。サイトをテスト

複数の広告を比較する
広告グループごとに 3~4 種類の広告を作成し、それぞれ広告文を変えて、どの広告が最も効果的かを調べます。詳しくは、広告のローテーションをご覧ください。


広告文のよくある間違いをチェックする
すべての広告は、質の高さを確保するため、高度な編集基準を満たす必要があります。たとえば、不要な空白や明確でない URL を使ったり、不適切な方法で強調したりしないようにします。
ここでは、標準テキスト広告について説明します。拡張テキスト広告とその作成方法のヒントについて詳しくは、こちらのガイドをご覧ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。