Google に表示される広告の位置を確認する

特定の検索語句の検索結果に表示される広告の位置を確認するには、広告プレビューと診断ツールを使用します。Google 検索を行って広告の位置を確認したい場合もあると思われますが、それは避けてください。その理由は次のとおりです。

  • オンラインで広告が表示される回数とユーザーが広告をクリックする回数の比較(クリック率)は、長期のアカウントの掲載結果に影響する可能性がある指標です。広告が表示される検索をご自身で行うと、掲載結果データに悪影響を及ぼすことがあります。
  • また、Google 検索で繰り返し自分の広告を表示させながら一度もクリックしないと、広告がまったく表示されなくなる場合があります。これは、その広告に関心がないと Google のシステムで判断され、その広告が表示されないようになるためです。

この記事では、Google に表示される広告の掲載位置を確認する方法について解説します。広告プレビューと診断ツールを使用すると、広告が表示されているかどうかと、表示されない場合はその理由を確認し、必要に応じて広告を変更して、多くのユーザーに広告を表示できます。詳しくは、ディスプレイ ネットワークに掲載されるテキスト広告についてご覧ください。

始める前に

広告のフォーマット

広告プレビューと診断ツールで示される広告のフォーマットは 1 種類です。デバイス、ブラウザのサイズ、ユーザー検索ごとに、広告のフォーマットが異なる場合があります。

  • たとえば広告が検索結果の上に表示される場合、表示 URL が広告見出しの下ではなく横に表示されることがあります。
  • 広告表示オプションは、広告が表示されるたびに表示されないことがあります。たとえば、電話番号表示オプションを設定している場合、通話に対応していないデバイスには表示されません。広告表示オプションが掲載されているかどうかを確かめるには、[広告表示オプション] タブで掲載結果を確認してください。
  • また、Google 広告ではテキストが省略記号(...)を使って省略されることがあります。広告文で幅が狭い文字(「i」など)よりも幅が広い文字(「m」など)を多く使用していると、ブラウザのサイズによっては使用できるスペースよりも広告見出しが長くなり、テキストが省略されることがあります。ほとんどのラテン言語で、各行の合計文字数を 33 文字に制限すると、省略されないようにできます。

手順

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックして、[プランニング] の下の [広告プレビューと診断] をクリックします。
  3. [ツール] タブをクリックし、[広告プレビューと診断] を選択します。
  4. キャンペーンに含まれているキーワードか、それに関連するキーワードを入力します。
  5. その他の設定(地域、言語、デバイス)も必要に応じて変更します。特定の言語、地域、デバイスをターゲティングしている場合、広告をプレビューするにはこの情報を指定する必要があります。
  6. [プレビュー] をクリックします。
  7. 指定した条件で広告が掲載可能かどうかが示されます。Google 検索結果の最初のページに広告が掲載可能な場合、緑色でハイライト表示されます。2 ページ目以降に掲載される広告は、広告プレビューと診断ツールに表示されない場合があります。広告に広告表示オプションを設定している場合、広告プレビューと診断ツールに表示されないことがあります。広告表示オプションの掲載結果を確認するには、こちらをご確認ください

今すぐ試す

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。