Google のさまざまな広告チャネルをフル活用してコンバージョンを促進できる P-MAX キャンペーン

2021 年 11 月 2 日

コンシューマー ジャーニーは常に進化しており、顧客が企業と接触するチャネルも増え続けています。従来以上に適応力とスケーラビリティが問われる中、消費者からの需要の変化に対応し、成果につながる新たなチャンスをリアルタイムでつかむ手段として、広告主様の注目を集めているのが自動化技術です。

P-MAX キャンペーンは、Google の多彩なチャネル(YouTube、ディスプレイ、検索、Discover、Gmail、Google マップ)を横断して広告の購入と最適化ができる、新しいキャンペーン タイプです。通常のキーワード ベースの検索キャンペーンとの併用に最適で、1 つのキャンペーンで Google が持つ広告チャネルと広告枠をすべて活用し、自動化によりコンバージョン数と獲得価値を高めることができます。アカウントに P-MAX キャンペーンを導入すると、同等のアクション単価で総コンバージョン数が平均 13% 増加するというデータも出ています1

ベータ版での順調な成績を受け、本日より全世界の広告主様に P-MAX の提供を開始してまいります。小売業者の方や実店舗を構える広告主様は、今季の年末商戦では引き続きスマート ショッピング キャンペーンローカル キャンペーンを活用されることをおすすめします。来年にはスマート ショッピング キャンペーンとローカル キャンペーンも P-MAX にアップグレードされ、新しい広告枠へのアクセスと売上向上にご活用いただける予定です。

詳細についてはブログ記事(英語)をご覧ください。P-MAX キャンペーンの導入で成果を向上させた Allianz や Joybird といったブランドの事例もご紹介しています。

Screenshot of the Google Ads UI that says "Select a campaign type". The options available are Search, Performance Max, Display, Shopping, Video, and Discovery. Performance Max is selected.
P-MAX キャンペーンを作成することにより、Google の多彩な広告チャネルと広告枠をフル活用して新たな顧客を発掘できます。

新しいキャンペーン タイプの導入には不安も多いものです。以下、留意すべき重要なベスト プラクティスをまとめました。 
 

  1. 自社にとって重要なコンバージョン目標を選び、コンバージョンの価値を設定する
    P-MAX キャンペーンは、広告主様にとって重要な目標を軸に成果を上げる機能です。このため、P-MAX による最適化の基準となる目標を明確にし、自社にとって本当に意味のあるコンバージョンを測定対象に選ぶことが重要です。これにより、求める種類のコンバージョン(オンラインでの購入、リード獲得、オフラインでの購入につながるアクションなど)を余すところなく P-MAX に促進させることができます。 

    コンバージョンの価値(コンバージョン値)を設定して、各目標の重要度の違いを反映することも重要です。これにより、重要なコンバージョンほど優先的に獲得するよう自動的に最適化できます。商品の購入が主にオフラインの場(実店舗、電話など)で行われる場合は、オフライン コンバージョンのインポートによってその情報を Google 広告に供給することで、最終的な成果につながる形での最適化がしやすくなります。リード生成を主眼とした広告掲載の場合、どういったリードが最終的な成果につながっているのかを P-MAX に明示することで、幅広いチャネルで高品質なリードを集めやすくなります。
     
  2. 適切な予算と入札戦略を選ぶ
    P-MAX はご指定の目標をもとに、スマート自動入札によってオークションごとにリアルタイムで最適な入札単価を設定し、マーケティング予算から最大限の成果を引き出します。各種コンバージョンの価値の差を考慮したトラッキングを行っている場合、予算内で最大限の価値が得られるよう最適化する入札戦略「コンバージョン値の最大化」がおすすめです。投資収益率の目標が具体的に決まっている場合、広告費用対効果の目標を設定することも可能です。一方、コンバージョンごとの価値の違いは意識せず、各種コンバージョンを一律に促進したい場合は、最大限のコンバージョン数を得られるよう最適化する入札戦略「コンバージョン数の最大化」がおすすめです。この場合、コンバージョン単価の目標値を設定することも可能です。
     
  3. 関連する検索からより多くのコンバージョンを引き出すため最終ページ URL の展開をオンのままにする
    新機能「最終ページ URL の展開」は、検索内容に応じてウェブサイト内の適切なランディング ページを自動的に選び、広告の見出しを動的にカスタマイズする機能です。キーワード ベースの検索キャンペーンではカバーできていない場面で、コンバージョンを期待できる新たな検索を発掘するのに役立ちます。P-MAX キャンペーンの広告は、通常の検索キャンペーンのキーワードと完全に一致する検索に対しては表示されず、P-MAX の広告のほうが広告ランクが高くなり、得られる価値の増加が期待できる場合に表示されます。 
     
  4. アセット グループに多彩なクリエイティブ アセットをアップロードする
    検索キャンペーンを P-MAX で補完することで、より多くのチャネルで的確な広告エクスペリエンスを提供し、ユーザーを呼び込むことができます。アセット(素材)は、他のキャンペーン タイプの広告グループと同じように、テーマごとにアセット グループにまとめるのが効果的です。各種アセット(テキスト、画像、動画)を豊富に提供するほど、活用できる広告枠も多くなります。また、自動化技術によって最適な組み合わせを割り出すためにも、使用できるアセットの種類が多いほうが効果的です。お手持ちの動画がない場合、既存のアセットから高品質な動画を自動生成させることも可能です。パフォーマンス マーケティングのクリエイティブから最大限の成果を引き出す方法について詳しくは、クリエイティブに関するベスト プラクティス(英語)をご覧ください。 
     
  5. コンバージョンを期待できるオーディエンスを識別するためオーディエンス シグナルを追加する
    オーディエンス シグナルは、キャンペーンをすばやく軌道に乗せ、パフォーマンスの最適化を加速させるための重要な情報源となります。同時に、コンバージョンを期待できる新たな顧客セグメントを発見するのにも役立ちます。オーディエンス シグナルの中でも特に効果的なのは、自社データ(カスタマー マッチ リスト、サイト訪問者リストなど)とカスタム セグメントです。


P-MAX キャンペーンの設定や効果的な運用について詳しくは、Google 広告ヘルプセンターの記事をご覧ください。運用ガイド動画もご用意しています。

Posted by Tal Akabas(P-MAX キャンペーン担当シニア プロダクト マネージャー)

 

 

1.  Google データ(グローバル・広告) - 2021 年 9 月

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
運用ガイド ニュースレター配信に登録しましょう

Google 広告の運用ガイド ニュースレターは、Google 広告開発チームの承認の下、キャンペーンを最大限に活用するための実践的なアドバイスや戦略をご紹介しています。

配信に登録する

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false