検索広告の効果的な単価設定

Google 広告の自動入札の仕組み


Best Practices logo

このガイドでは、Google 広告の自動入札とスマート自動入札の仕組みを紹介します。具体的には、使用されるシグナル、入札単価の算出方法、掲載結果を改善するためにの対策について説明します。

入札に関する課題

  • マーケティング担当者は多くの場合、包括的なデータモデルを使って入札単価の最適化を頻繁に行うために、自動入札機能を使用します。

理由: 検索ネットワークでのオークションの動的な性質上、「適切な」入札価格は常に変化しています。

入札に関する課題の詳細

Google 広告の自動入札

  • スマート自動入札では、1 日に数回ではなく、オークションのたびに入札単価を設定し、オークション時点での優れた最適化を実現しています。

理由: これにより、広告主様はより正確な入札単価の最適化を行えるほか、ユーザーごとの固有の検索状況に合わせて入札単価を調整できます。

  • スマート自動入札では、アカウント全体で検索語句レベルのデータが使用されます。

理由: これにより、入札アルゴリズムで使用できるデータ量が大幅に増えるため、キーワード レベルのコンバージョン データが少ない場合に、掲載結果の変動を軽減できます。

  • スマート自動入札では、シグナル間の相互作用を評価して、コンバージョン率に影響を与えている有意な相関関係を特定します。

理由: スマート自動入札では、どのシグナルの組み合わせでコンバージョンの成果を最も正確に予測できるかを判断し、これらのシグナルを入札アルゴリズムに追加します。これにより、特定のシグナル同士の相互作用を総合的に考慮した入札単価を計算できます。

Google 広告の自動入札機能に関する詳細

目標に合った入札戦略

  • スマート自動入札では、コンバージョンと価値に基づく入札戦略が提供されています。

理由: これらの入札戦略は、「コンバージョン数の最大化」や「コンバージョン値の最大化」のビジネス目標を達成するのに役立ちます。

  • 自動入札では、認知度ベースの入札戦略も提供されています。

理由: これらの入札戦略は、「クリック数の最大化」や「認知度の最大化」のビジネス目標を達成するのに役立ちます。

目標に合った入札戦略の詳細

Google 広告での入札単価の算出方法

  • スマート自動入札では、Google の機械学習テクノロジーを使ってすべての広告オークションでコンバージョン重視の最適化が行われます。

理由: これにより、キャンペーンをまたいで 1 秒あたり何百万もの個別の入札単価を設定できます。

  • 「コンバージョン数の最大化」または「目標コンバージョン単価」入札戦略向けに入札単価を算出する際には、指定した予算や目標コンバージョン単価、オークション時のコンテキスト シグナル、アカウント全体における検索語句レベルの掲載結果が考慮されます。

理由: これにより、入札戦略でオークション時のコンバージョン率を予測して入札単価を設定できます。

  • 「コンバージョン値の最大化」または「目標広告費用対効果」入札戦略向けに入札単価を算出する際には、指定した予算や目標広告費用対効果、オークション時のコンテキスト シグナル、アカウント全体における検索語句レベルの掲載結果が考慮されます。

理由: これにより、入札戦略でオークション時のクリックごとのコンバージョン値を予測して入札単価を設定できます。

  • 「クリック数の最大化」の入札戦略を使用する際は、すべてのキーワードに同じ入札単価が適用されます。

理由: キャンペーンの予算内で最大限のクリック数を獲得できるように、入札単価が調整されます。

  • 「目標インプレッション シェア」の入札戦略を使用する際は、インプレッション シェアの目標を達成できるように入札単価が設定されます。

理由: 目標に応じて、Google 検索の検索結果で最適な場所に広告を表示するのに役立ちます。

Google 広告での入札単価の算出方法に関する詳細

Google の入札アルゴリズムによる学習の仕組み

  • ビジネスにとって価値を持つすべてのコンバージョン アクションを測定し、[コンバージョン] 列と [コンバージョン値] 列に含めるようにしてください。

理由: しっかりとしたコンバージョン データに基づいた入札戦略を導入すると、より短期間で成果を出すことができます。

  • ビジネスの成長に伴ってキャンペーンに変更を加えると、スマート自動入札では、掲載結果の変化に応じて入札アルゴリズムが継続的に更新されます。

理由: スマート自動入札は、掲載結果の変化に合わせて目標の達成を後押しします。

  • 目標コンバージョン単価と目標広告費用対効果は、程度を問わず何度でも自由に変更できます。

理由: 目標に変更があった場合、スマート自動入札は入札単価を調整して即座に対応します。

  • Google のアルゴリズムは、入札単価を調整する際、過去のデータに基づく柔軟な重み付けを適用します。具体的には、最近のデータが重視され、コンバージョン サイクルの長さも考慮されます。

理由: データの新しさやコンバージョン達成までの所要時間に合わせて入札単価を調整することで、成果を高めることができます。

Google のアルゴリズムによる学習の仕組みの詳細

重要なポイント

  • 目標に合った入札戦略:
    • スマート自動入札では、ビジネス目標、コンバージョン目標、コンバージョン値の目標に合わせて、さまざまな入札戦略を選択できます。
  • オークションごとの入札単価の最適化:
    • スマート自動入札では、オークションごとに入札単価が最適化されるため、各ユーザーの検索状況に合わせて細かく入札単価を設定し、より効果的に掲載結果の目標を達成することができます。
  • 検索語句レベルの掲載結果のモデリング:
    • スマート自動入札では、アカウント全体で検索語句レベルのコンバージョン データを使って、個別のキーワードで発生しうるデータ不足の問題を解決します。これにより、検索ボリュームの少ないキーワードや現時点での掲載結果の履歴が少ないキーワードに対して、アルゴリズムでより正確に入札できるようになります。
  • より豊富なコンテキスト シグナル:
    • スマート自動入札では、デバイス、地域、時間帯などの主要なシグナルだけでなく、ブラウザ、オペレーティング システム、言語などのシグナルも考慮されます。これにより、各オークションにおける検索状況とコンバージョンに至る可能性を、すべての入札で考慮することができます。また、コンバージョン率に統計的に有意な影響を与え、個々の入札単価調整では使われない可能性があるシグナルの組み合わせも考慮されます。
  • 継続的に学習するアルゴリズム:
    • スマート自動入札では、入札アルゴリズムを継続的に更新して、掲載結果の変化に合わせて調整します。また、ビジネス固有のコンバージョン サイクルに適応し、最近のデータを過去のデータと比較して重み付けの程度を判断します。

重要なポイントに関する詳細

 

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告に関する上級者向けのヒントや最新情報がメールで届きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
運用ガイド ニュースレター配信に登録しましょう

Google 広告の運用ガイド ニュースレターは、Google 広告開発チームの承認の下、キャンペーンを最大限に活用するための実践的なアドバイスや戦略をご紹介しています。

登録

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
73067
false
false
false