CCPA 遵守のためのデータの削除と保持の管理

Google で制限付きデータ処理を有効にすると(ユーザーが「個人情報を第三者に売却しない」リンクをクリックして拒否した場合に、その設定に従うなど)、それ以降、一部の固有 ID や、サービスの提供で処理されるその他のデータの使用方法が制限され、こちらに定められた特定のビジネス上の目的でのみ使用されるようになります。

お客様の CCPA 遵守を支援するため、Google では制限付きデータ処理に加え、データの削除と保持の管理を提供しています。Google の CCPA サービス プロバイダに関する追加条項に従い、制限付きデータ処理が有効な状態で処理されたデータに関して Google がお客様のサービス プロバイダとして機能する場合、過去にさかのぼって Google のデータの削除と保持の義務が適用されます。

注: Google によるプライバシー重視およびデータ最小化への取り組みのため、削除リクエストに応じる際に一部のユーザーデータを特定できないことがあります。たとえば、仮名化された広告 ID にメールアドレスを関連付けることは通常できません。また、Google の保持ポリシーに従い、CCPA で許可されているとおり、制限付きデータを、たとえば不正行為や不正使用から保護したり、広告関連の請求とお支払いを有効にしたりするために、削除リクエスト後も保持する場合があります。さらに、CCPA で許可されているとおり、内部使用限定でデータを集計する場合(キャンペーンの掲載結果レポートの生成など)があります。

CCPA 遵守を支援するさまざまなサービスの機能について詳しくは、以下をお読みください。CCPA の適用対象になる可能性があるとお考えのお客様は、自社の法律顧問にご相談のうえ、CCPA 遵守義務を適切に果たす方法について精査されることをおすすめします。

すでに制限付きデータ処理を使って運用されているサービス

サービス CCPA に関連したデータの削除リクエストに応じた対応方法
カスタマー マッチ 広告主様がアップロードしたデータファイルの保持は、カスタマー マッチ オーディエンスの作成と、Google のポリシーを遵守しているかの確認に必要な期間に限られます。Google によるカスタマー マッチ データの使用についてをご覧ください。作業が完了すると、Google 広告または API にアップロードされたデータファイルはすぐに削除されます。既存のカスタマー マッチのオーディエンスを更新または置換する方法については、顧客リストを更新するをご覧ください。
Floodlight タグを使用したリマーケティング(キャンペーン マネージャー、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360 が対象)

リマーケティング リストに追加するユーザーのルールは広告主様が管理します。さらに、お客様は以下に表示する機能を使用するなどして、リマーケティング リストにユーザーを登録する期間を調整できます。

Floodlight タグを使用したコンバージョン トラッキング Google によるプライバシー重視およびデータ最小化への取り組みのため、削除リクエストに応じる際に一部の Floodlight ユーザーデータを特定できないことがあります。たとえば、仮名化された Floodlight ID にメールアドレスを関連付けることはできません。CCPA で許可されているとおり、内部使用限定でデータを集計する場合(キャンペーンの掲載結果レポートの生成など)があります。
キャンペーン マネージャー 360 の指定リスト 特定のオーディエンス リストで Cookie が保持される期間は広告主様が管理します。リストからユーザーを削除するには、リストから削除する Cookie に関連付けられている識別子に「1」を追加します。詳しくは、指定リストに関するヘルプセンター記事の「ファイル フォーマット」 > 「ファイル ヘッダー」 > 「delete」 をご覧ください。
Google 広告の店舗での販売(直接アップロード) 広告主様がアップロードした取引データについて、一致しないデータを 30 日後に、一致するデータを 6 か月後に削除することで、レポートおよびポリシー遵守の確認を可能にします。6 か月の期間が経過する前にデータの削除をご希望の場合は、担当アカウント マネージャーにご連絡いただくか、Google 広告アカウントのヘルプアイコン からサポートチームにご連絡のうえ、詳しい情報と手順をお問い合わせください。
Google アナリティクス

Google アナリティクスでは、以前からお客様のデータを保護するための機能とポリシーが提供されています。特に、以下の機能はお客様の各社固有の状況とアナリティクスの実装に CCPA が及ぼす影響を評価する際に役立つ場合があります。

  • データの保持: データ保持コントロールを使って、Google のサーバーにユーザーデータとイベントデータが保持される期間を管理できます。
  • ユーザー: User Deletion API を使用すると、個々のユーザー(サイト訪問者など)の識別子に関連付けられたデータの削除を、Google アナリティクスやアナリティクス 360 のプロパティから管理できます。
  • プロパティとアカウント: Google アナリティクスをご利用の場合は、プロパティのデータ削除アカウントのデータ削除もできます。
リマーケティング: リマーケティング リストに追加するユーザーのルールは広告主様が管理します。Google アナリティクスをご利用の場合は、パーソナライズド広告を受け取らないように指定しているユーザーに対して広告向けの機能が無効に設定されていることをご確認ください。リマーケティング機能や広告レポート機能を含めて、これらのユーザーに対して広告向けの機能を無効にする方法については、ディスプレイ広告機能ガイドの「広告向け機能を無効にする」をご覧ください。

制限付きデータ処理を有効にするために対応が必要なサービス

サービス CCPA に関連したデータの削除要件を遵守するための対応
Google 広告を利用したリマーケティング

制限付きデータ処理を有効にすると、今後、リマーケティング リストや関連機能にユーザーを追加できなくなります。詳しくは、こちらをご覧ください。

制限付きデータ処理を有効にする前に Google に転送されたデータの削除については、Google はお客様のサービス プロバイダではなく、ユーザー固有の削除ツールを提供していないため、Google アカウント内の Google の透明性と管理についてお客様からユーザーに助言していただくことをおすすめいたします。お客様は、リストごとに有効期間を設定できます。この期間が経過すると、ユーザーはそのリストから自動的に削除されます。ただし、リストの有効期間を短縮した直後に延長する(例: 30 日間から 15 日間に短縮した後で、30 日間に戻す)と、ユーザーは削除されません。有効期間が異なるリストを再作成するには、元のリストを削除してから、新しいリストを作成する必要があります。詳しくは、リストの管理についての記事をご覧ください。Google 広告のリマーケティングに Google アナリティクスのタグを使用している場合は、上記の「Google アナリティクス」の項をご覧ください。
Google 広告を使用したコンバージョン トラッキング Google によるプライバシー重視およびデータ最小化への取り組みのため、削除リクエストに応じる際に一部のユーザーのコンバージョン データを特定できないことがあります。たとえば、仮名化されたコンバージョン ID にメールアドレスを関連付けることはできません。CCPA で許可されているとおり、内部使用限定でデータを集計する場合(キャンペーンの掲載結果レポートの生成など)があります。

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false
false