動画テストのパフォーマンスをモニタリングする

動画テストを作成したら、Google 広告で状況をモニタリングして、各テストアームの中で最もパフォーマンスの良い動画広告を特定しましょう。テストによって得られた各広告のパフォーマンス比較結果は、どのキャンペーンの運用を続行し、どのキャンペーンにより多くの予算を割り当てるべきかを判断するための材料となります。

この記事では、テストのモニタリングとパフォーマンスの解釈について解説します。

手順

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 左側のページメニューで、[下書きとテスト] を展開し、[動画テスト] をクリックします。
    • ページメニューに [下書きとテスト] が表示されない場合は、[その他] をクリックして、メニューで利用可能なオプションを展開します。
  3. 結果を確認したいテストを選択します。

    動画キャンペーンのクリエイティブ テストをモニタリングするための UI ダッシュボード

結果の解釈

  • テスト結果を評価する際は、総合的なブランドリフト効果やコンバージョン数に注目しましょう。これらの指標は、各テストアームのパフォーマンスの有意な差を示す材料となります。
  • コンバージョンについて、統計的に有意な結果を得るためには、各テストアームで最低でも 100 件ずつコンバージョンが発生する必要があります。コンバージョンが 100 件に達していないキャンペーンが含まれる場合、そのテストの結果は表示されません。
  • 各テストアームに予算を均等配分しているにもかかわらず、キャンペーン間で表示回数が異なる場合、参加しているオークションや入札単価が互いに異なることを意味します。低い入札単価でより多くのオークションを制することができる場合、そのキャンペーンの表示回数は多くなります。テストで保証されるのは、テストアーム間でユーザーの重複がないことだけですのでご注意ください。

ベスト プラクティス

  • 結果に応じてアクションを起こす: テストで統計的に有意な結果が出たら、最もパフォーマンスの良かったテストアームに予算を集中させ、他のテストアームは一時停止することで、最大限の成果を引き出すことができます。
  • 過去の学習を生かす: たとえば、一般的な動画アセットを全オーディエンス共通で表示するよりも、オーディエンス セグメントに応じて動画アセットをカスタマイズしたほうが効果的であることがわかった場合、今後の動画アセット制作もそのように進めるとよいでしょう。
  • 有意な差が出なかったテストも参考になることがある: たとえば、あるテストで 2 つのクリエイティブのパフォーマンスに差がなかったとしても、クリエティブの制作費用に差がある場合があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false