ブランドリフト調査の加速モードでの測定について

加速モードでの測定では、ブランドリフト調査の回答をできるだけ早く収集し、ブランド効果測定で正確な結果を得るのに十分な数に達したら、調査は完了します。また、後日(ブランドリフト調査の終了後)キャンペーンを再測定し、パフォーマンスが改善されているかどうかを時系列で確認することもできます。

この記事では、ブランドリフト調査における加速モードでの測定の仕組みについて説明します。

「測定の要件」計算ツールを使用して、ブランドリフト調査の効率を上げる

ブランドリフト調査を作成すると、ページの右側に「測定の要件」計算ツールが表示され、お客様の調査が最小予算額の要件を満たしているか、ブランド効果測定に対して有効かどうかを確認できます。

最小予算額の要件を満たすと、ブランドリフト調査の結果を取得できる可能性が高まります(ただし、保証はできません)。ブランドリフト調査の結果を取得できるかどうかは、他の要素(キャンペーンでリーチしたユーザー数など)も関係します。

「測定の要件」計算ツールについて

「測定の要件」計算ツールを使うと、ブランドリフト調査が最小予算額の要件を満たしているかどうかに加え、要件を満たすためにキャンペーンにどのような変更を加えるべきかを確認できます。また、計算ツールの左側には [アンケート回答の回収] 欄が表示され、「測定の要件」計算ツールに表示される情報の一部を確認できます。

[アンケートの回答の回収] と「測定の利用要件」計算ツールに表示される情報の詳細については、以下の各セクションを展開してください。

アンケート回答の回収

「開始日: [Date]」

この日付は、調査が開始される日付を表します。

ブランドリフト調査の測定をすでに開始している場合(たとえば 1 つ以上の回答を取得している場合)は、最初のアンケート回答が回収された日付に「開始日」が固定されます。キャンペーンを追加したり削除したりしても、あるいは同じキャンペーンを一時停止したり再開したりしても、日付は変わりません。

ブランドリフト調査の測定がまだ開始されていない場合、[開始日] はブランドリフト調査にリンクされているすべてのキャンペーンの開始日に基づいて決まります。

  • すべてのキャンペーンの開始日が将来の日付である場合: 表示される日付は、関係するキャンペーンの最も早い開始日(キャンペーン設定の開始日)です。
  • すべてのキャンペーンがすでに終了している場合: 表示される日付は、キャンペーンが終了していても、本日の日付です。既存のキャンペーンの終了日を調整したり、新しいキャンペーンを追加したりすると、日付がキャンペーンの新しい開始日に更新されます。
  • キャンペーンが実施中の場合: 表示される日付は本日の日付です。
キャンペーン設定で開始日が過去の日付の場合、その日付は編集できず、またブランドリフト調査に将来の開始日は指定できません。ブランドリフト調査の開始日を将来の日付に設定する必要がある場合は、現在の調査を停止してから、新しいキャンペーンと調査を作成してください。新しいブランドリフト調査では、新しいキャンペーンの開始日が使用されます。

「調査期間: 通常 14 日未満」

最初の 10 日間に費用の要件を満たしているならば、10 日間が過ぎても回答の回収を継続できます。結果は保証されませんが、ほとんどの調査はこの期間(最初の 10 日間に 10 日間の最低費用を満たしていると仮定して)に結果を得られています。

測定の要件

「ブランド効果測定: 有効」または「ブランド効果測定: 無効」

要件メッセージでは、ブランドリフト調査が 10 日間の最小予算額を満たしているかどうかがわかります。キャンペーンが条件を満たしていない場合は、ブランドリフト調査の要件を満たす方法のヒントが表示されます。

ヒント 説明
アンケートの指標数を減らしてみてください 予算の最低額は、質問数に応じて増減します。質問を削除することで、必要とされる予算の最低額を減らすことができます。
キャンペーンを有効にする キャンペーンを一時停止、または完了した場合、計算ツールの [予算] セクションの予算が $0 と表示されます。キャンペーンを再開すると、予算に有効な予算額が反映されます。
キャンペーンの予算を増やしてみてください キャンペーン全体の 10 日間の累計予算が、必要とされる予算を上回っているか確認してください。上回っていない場合は、キャンペーンの予算を増やしてください。

「必要な予算: $X」

これは、調査開始日後の 10 日間でお支払いいただく金額です(10 日未満でも必要な予算を消化し、十分な回答が得られるなら、アンケート結果を受け取ることができます)。

「$X」

必要な合計予算額は、測定している質問の数(最大 3 個)と、キャンペーンの対象国に基づいて更新されます。

特定の予算バケットが適用される国は、次の表で確認できます。

測定した質問数 国 A 国 B 国 C
1 個の質問 $5,000 USD $10,000 USD $15,000 USD
2 個の質問 $10,000 USD $20,000 USD $30,000 USD
3 個の質問 $20,000 USD $60,000 USD $60,000 USD

国 A

  • アフガニスタン
  • アルバニア
  • アルジェリア
  • アメリカ領サモア
  • アンドラ
  • アンゴラ
  • アンティグア バーブーダ
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • アゼルバイジャン
  • バハマ
  • バーレーン
  • バングラデシュ
  • バルバドス
  • ベラルーシ
  • ベリーズ
  • ベナン
  • バミューダ
  • ブータン
  • ボリビア
  • ボスニア ヘルツェゴビナ
  • ボツワナ
  • ブラジル
  • ブルネイ
  • ブルガリア
  • ブルキナファソ
  • ブルンジ
  • カンボジア
  • カメルーン
  • カーボベルデ
  • ケイマン諸島
  • 中央アフリカ共和国
  • チャド
  • チリ
  • 中国
  • コロンビア
  • コモロ
  • クック諸島
  • コスタリカ
  • コートジボワール
  • キプロス
  • チェコ共和国
  • コンゴ民主共和国
  • ドミニカ
  • ドミニカ共和国
  • エクアドル
  • エジプト
  • エルサルバドル
  • 赤道ギニア
  • エリトリア
  • エストニア
  • エチオピア
  • フォークランド諸島
  • ミクロネシア連邦
  • フィジー
  • ガボン
  • グルジア
  • ガーナ
  • ジブラルタル
  • グリーンランド
  • グレナダ
  • グアドループ
  • グアム
  • グアテマラ
  • ギニア
  • ギニアビサウ
  • ガーンジー
  • ガイアナ
  • ハイチ
  • ホンジュラス
  • 香港
  • ハンガリー
  • アイスランド
  • インド
  • インドネシア
  • イラク
  • マン島
  • ジャマイカ
  • ジャージー島
  • ヨルダン
  • カザフスタン
  • ケニア
  • キリバス
  • コソボ
  • クウェート
  • キルギス
  • ラオス
  • ラトビア
  • レバノン
  • レソト
  • リベリア
  • リビア
  • リヒテンシュタイン
  • リトアニア
  • ルクセンブルク
  • マカオ
  • マダガスカル
  • マラウイ
  • マレーシア
  • モルディブ
  • マリ
  • マルタ
  • マーシャル諸島
  • モーリタニア
  • モーリシャス
  • メキシコ
  • ミクロネシア
  • モルドバ
  • モナコ
  • モンゴル
  • モンテネグロ
  • モロッコ
  • モザンビーク
  • ミャンマー
  • ナミビア
  • ナウル
  • ネパール
  • オランダ
  • ニューカレドニア
  • ニカラグア
  • ニジェール
  • ナイジェリア
  • ニウエ
  • 北マケドニア
  • 北マリアナ諸島
  • オマーン
  • パキスタン
  • パラオ
  • パレスチナ
  • パナマ
  • パラグアイ
  • パプアニューギニア
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • プエルトリコ
  • ルーマニア
  • ロシア
  • ルワンダ
  • セントクリストファー ネビス
  • サンマリノ
  • サントメ プリンシペ
  • サウジアラビア
  • サモア
  • セネガル
  • セルビア
  • セーシェル
  • シェラレオネ
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ソマリア
  • ソロモン諸島
  • 南アフリカ
  • スリランカ
  • スワジランド
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • タイ
  • 東ティモール
  • トーゴ
  • トケラウ諸島
  • トンガ
  • トリニダード トバゴ
  • トルコ
  • チュニジア
  • トルクメニスタン
  • ツバル
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • ウガンダ
  • ウルグアイ
  • ウズベキスタン
  • バヌアツ
  • バチカン市国
  • ベトナム
  • ワリーエフトゥーナ諸島
  • イエメン
  • ザンビア
  • ジンバブエ

国 B

  • オーストリア
  • ベルギー
  • クロアチア
  • ジブチ
  • フィンランド
  • フランス
  • 仏領ポリネシア
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • アイルランド
  • イスラエル
  • マルティニーク
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • シェラレオネ
  • スペイン
  • スウェーデン
  • 台湾
  • イギリス
  • アメリカ
  • 米領バージン諸島

国 C

  • オーストラリア
  • カナダ
  • デンマーク
  • イタリア
  • 日本
  • カタール
  • 韓国
  • スイス
  • 表示される予算の要件は米ドルで計算されます。Google 広告アカウントで米ドル以外の通貨を使用している場合は、為替レートとアカウントの通貨に基づいてアカウントの予算の要件が調整されます。予算の要件はリアルタイムでは更新されないため、別のツールの為替レートで計算した金額は、Google 広告に表示される予算の要件の金額と一致しない場合があります。
  • 異なる予算バケットが適用される複数の国を対象とする場合は、最も高額な予算バケットが適用される国を使用して必要な予算が決定されます。ここに記載されていない国を対象にするか、特定の国を対象に設定していない場合は、最も高額な予算バケットがデフォルトで設定されます。

「[date]までに消化」

予算要件を満たす期間の最終日です。この日付は開始日を含む 10 日後になります。たとえば、開始日が 1 月 1 日の場合、終了日は 1 月 10 日になります。この日は、10 日未満で予算を消化するつもりであっても、常に「開始日」の 10 日後になります。終了日から数日間は、回答を回収することができます。

「予算: $Y」

予算を計算するには、調査の 10 日間に対して設定されていた予算の累計が考慮されます。以下は、その仕組みを示す例です。下記の例で、必要な費用($Y)が $10 であるとします。キャンペーン A とキャンペーン B の 2 つのキャンペーンがあります。

現在までの費用(またはこれまでに調査に使用された費用)は、「測定の要件」の計算では考慮されません。キャンペーンの予算と調査期間のみが考慮されます。

例 1

  • キャンペーン A の期間が 10 日間を超えています。
  • キャンペーン A は 1 日の予算が $1 で、20 日間実施されます。
  • 全体の予算額は、キャンペーンの 1 日の予算に 10 を掛けた額です(キャンペーンが 10 日以上実行されているため)。この場合、$1 × 10 日間 = $10 となります。
  • このキャンペーンは、ブランド効果測定に対して有効になります。

例 2

  • キャンペーン A の期間が 1 日間のみです。
  • キャンペーン A の 1 日の予算は $10 で、その日だけ実施されます。
  • キャンペーンが 10 日間未満の場合、全体の予算を算出するには、1 日の予算にキャンペーンが実施される日数を掛けます。この場合、$10 × 1 日 = $10 となります。
  • このキャンペーンは、ブランド効果測定に対して有効になります。

例 3

  • キャンペーン A の 1 日の予算は $1 で、期間は 5 日間です。
  • キャンペーン B の 1 日の予算は $1 で、期間は 5 日間です。
  • 全体の予算は、1 日の予算に両方のキャンペーンの調査期間の日数を掛けた額となります。この場合、2($1 × 5 日)= $10 になります。両方のキャンペーンの予算を合計します(この 2 つのキャンペーンの 5 日間全体が 10 日間のブランドリフト調査の期間内であることを前提としています)。
  • 両方のキャンペーンは、ブランド効果測定に対して有効になります。

例 4

  • キャンペーン A の 1 日の予算は $1 で、期間は 5 日間です。
  • キャンペーン B の 1 日の予算も $1 ですが、キャンペーンの開始日はブランドリフト調査の 8 日目です。キャンペーンの終了日は、ブランドリフト調査の期間外です。
  • 全体の予算は、両方のキャンペーンの 1 日の予算に調査期間に該当する日数を掛けた金額になります。キャンペーン A は 5 日間実施され、調査期間内になるため、予算は $1 × 5 日 = $5 となります。ただし、キャンペーン B は調査の最後の 3 日間(8 日目から)のみ実施されるため、予算は $1 × 3 日 = $3 となります。キャンペーン A の予算($5)に、キャンペーン B の予算($3)を足すと、合計 $8 になります。
  • どちらのキャンペーンも、ブランド効果測定に対して無効となります。ブランドリフト調査期間外の日数は、予算の対象としてカウントされません。
    • 例外: キャンペーン B(または A)の 1 日の予算が $1 を超える場合、ブランド効果測定に対して有効となる可能性があります。たとえば、キャンペーン B の 1 日の予算が $2 の場合、$2 × 3 = $6 となります。キャンペーン A の予算($5)とキャンペーン B の予算($6)を追加すると、合計額は $11 となり、予算の要件を満します。

注: キャンペーンの合計予算を使用している場合、キャンペーンの終了日を延長すると調査が無効となることがあります。

キャンペーン設定で、キャンペーンの合計予算(1 日の予算ではなく)を使用してブランドリフト調査の 1 日の予算を計算する場合は、キャンペーンの合計予算をキャンペーンの日数で割ります。ブランドリフト調査を設定すると、キャンペーンを選択した表にある 1 日の予算(例: $1 USD)が [予算] 列に反映されます。

たとえば、キャンペーンの合計予算が $50 で、キャンペーンの期間が 10 日間である場合、1 日の予算は $5 になります。

キャンペーンの合計予算を使用している場合、キャンペーンの終了日を延長すると、1 日の予算が低くなり、キャンペーンがブランドリフト調査に対して有効でなくなることがありますので、ご注意ください。

終了日の延長と 1 日の予算の再調整の例

キャンペーンの合計予算は $50 で、キャンペーンの期間は 10 日間とします。キャンペーンの終了日を延長し、キャンペーン期間が 50 日になった場合、1 日の予算は $1($50 ÷ 50 日)となり、キャンペーンはブランド効果測定に対して有効でなくなる可能性があります。

ブランドリフト調査の結果

ブランドリフト調査の結果はできるだけ迅速に回収されますが、キャンペーンの大きさによって結果の回収速度が異なります。予算配分や費用目標により柔軟性を持たせるよう、予算の要件が満たされるまで最長 10 日間の期間が与えられます。広告が配信されてからユーザーにアンケートが表示されるまでの時間差があるため、アンケート終了後もブランドリフト調査の結果は短期間(通常は 14 日未満)ではありますが引き続き回収される場合があります。

条件

結果のリリースは、上記の「測定の要件」セクションで説明した条件に基づきます。リフトが高い(2% 以上)場合は、結果を報告するために必要なアンケートの回答数が少なくなります。リフトが低い(2% 未満)場合は、必要なアンケートの回答数が多くなります。

回答数はほぼリアルタイムで報告されます。検出可能なリフトと回答数に基づいて、Google 広告に結果が表示されるかどうかが判断されます。ブランドリフト調査の実施中に、進捗状況を確認できます。次の表で、詳細をご確認ください。

進行状況 Google 広告に表示されるメッセージ
50% 未満 「データ不足」
50%~100% 統計的有意性がある場合(リフトがプラスの場合)は報告されます。そうでない場合は、「データ不足」と表示されます。
100% 統計的有意性がある場合(リフトがプラスの場合)は報告されます。そうでない場合は、「ブランドリフトの検出なし」と表示されます。

再測定の使用

加速モードのブランドリフト調査が終了すると、新しい調査を追加して商品やブランドを再測定できます。再測定では、アンケートの回答をオンデマンドで収集し、加速モードのブランドリフト調査のパフォーマンスを時系列で表示できます。キャンペーンに新しいクリエイティブを追加するときや、キャンペーンで重要なポイントを強調したいときなど、商品やブランドにとって特に重要な場合に再測定の利用をおすすめします。

この夏の大ヒット映画について比較検討の伸びを測定するため、映画制作会社が映画公開の 8 週間前にブランドリフト調査を開始したとします。この場合、ブランドリフト調査の終了後に、既存のキャンペーンに 30 秒のクリップを追加して、映画の比較検討の伸びを再測定します。
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. tools icon Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックして [ブランド効果測定] を選択します。
  3. 再測定する商品またはブランドを選択します。この際、既存の調査が完了している(つまり、追加の測定が行われていない状態である)必要があります。 
  4. 商品またはブランド内のブランドリフト調査の表で、プラスボタン をクリックして、別の調査を作成します。
  5. 必要に応じて、アンケートの質問にも変更を加えてください。
  6. [保存] をクリックします。これで、別のブランドリフト調査が開始され再評価を行うことができます。
  7. ブランドリフト調査を開始すると、商品またはブランド内のブランドリフト調査の表にステータスが表示されます。

よくある質問

ブランドリフト調査の 2 日目で、進捗状況は 95% ですが、調査の残りの期間の費用要件を満たすために予算を追加するよう求められています。本当にそうする必要があるのでしょうか?

100% にできるだけ達成できるよう、10 日間以内に必要な最低費用額を満たす必要があります。早く 100% に達成した場合、その時点(調査の 2 日目であっても)以降の予算を調整することができますが、100% に達成する前に予算を調整することはできません。なお、100% に達成するまでにかかる費用は増減する場合があります。

ブランドリフト調査の作成または編集を行った後、Google 広告アカウントのブランドリフト調査をすべて表示しているページで、ステータスの列に [無効] と表示されています。なぜでしょうか?

「測定の要件」計算ツールのステータスは、ほぼリアルタイムで更新されます。ただし、調査中に計算ツールに影響を与えるような編集をキャンペーンに加えた場合、[ブランド効果測定のステータス] 列も更新されますが、通常は反映に数時間かかります。変更を加えたばかりの場合は、数時間後に更新されるはずですので、お待ちください。

アンケートは、ブランドリフト調査ステータスに基づいて発行されます。次のようなシナリオが発生した場合は、この点を考慮してください。

  • 調査を更新したため「測定の要件」計算ツールのステータスが「有効」となりましたが、調査ステータスが更新される数時間後まではアンケートは発行されません。
  • 調査のステータスは自動的に「無効」に戻ります。キャンペーンが配信されなくなる原因となるイベント(例: キャンペーンが終了)のタイミングと調査ステータスが [無効] に戻されるタイミングが同時でないため、調査ステータス確認が行われ、自動的に「無効」に戻る前にアンケートの質問が表示されている場合があります。

調査を開始したもののすぐに意図せず無効になってしまった場合でも、調査を引き続き行えますか?どうすればよいですか?

次のようなシナリオが考えられます。

キャンペーンが開始され広告表示が発生した後に一時停止しました。測定の要件を満たしていた期間にアンケートの回答の回収が始まったものの、費用が少なすぎたうえに回答数もほとんどありません。この時点で、新しいブランドリフト調査を始めることをおすすめします。

費用要件を満たし、結果を回収するのに 10 日間必要な場合は、現在の調査を停止し、新しい調査を作成してください。新しい調査が開始されると、現在のキャンペーンは新しい調査に自動的に追加されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false