Google タグ マネージャーを使った拡張コンバージョンの手動導入(ベータ版)

拡張コンバージョンは、より正確なコンバージョン測定を可能にする機能です。この機能は既存のコンバージョン タグを補完するもので、自社のウェブサイトで取得したファースト パーティのコンバージョン データをハッシュ化し、プライバシーに配慮した方法で送信します。SHA256 と呼ばれるセキュアな一方向のハッシュ アルゴリズムを使用し、Google に送信する前にファースト パーティの顧客データ(メールアドレスなど)をハッシュ化します。次に、ユーザーがログインしていた Google アカウントとハッシュデータを照合して、キャンペーン コンバージョンをクリックや視聴などの広告イベントと関連付けます。詳しくは、拡張コンバージョンの仕組みをご覧ください。

拡張コンバージョンの導入は、Google タグ マネージャーまたはグローバル サイトタグを使って行います。どちらの場合も、既存の設定に最小限の変更を加えるだけで(あるいは変更なしで)導入が可能です。

この記事では、Google タグ マネージャーを使って拡張コンバージョンを手動で導入する方法と、検証や実装に関するよくある問題について解説します。

グローバル サイトタグを使って拡張コンバージョンを手動で導入する場合の手順については、グローバル サイトタグを使った拡張コンバージョンの手動導入をご覧ください。

始める前に

Google 広告コンバージョン トラッキングを、Google タグ マネージャーを使って導入済みであることを確認します。

注: インポートされた Google アナリティクスの目標に基づいて測定されたコンバージョンは、拡張コンバージョンではサポートされません。拡張コンバージョンを使用する場合は、グローバル サイトタグまたは Google タグ マネージャーを使用して新しい Google 広告コンバージョン アクションを設定することをおすすめします。
  • コンバージョン タグが配信されるコンバージョン ページの URL(確認ページの URL など)と、コンバージョン イベントのトリガー(ボタンのクリックやページの表示など)を確認しておきます。
  • コンバージョン トラッキング タグを配信するページで、ファースト パーティの顧客データ(メールアドレス、氏名、自宅の住所、電話番号)が取得されることを確認します。
  • 拡張コンバージョンを実装するには、ウェブサイトのコンバージョン トラッキングの設定と、コードの変更方法を理解している必要があります。必要に応じて、開発チームに相談できるようにしておいてください。
  • 拡張コンバージョンの顧客データに関するポリシーを確認し、Google 広告で拡張コンバージョンの利用規約およびポリシーに同意するようお願いします(詳しい方法はこの後の「手順」で確認できます)。
注: Google では、拡張コンバージョンによるレポートへの影響について理解を深めていただけるよう一連の更新を行いました。コンバージョン アクションの表に新たに加わった結果をチェックすることで、拡張コンバージョンによる影響を確認できるようになりました。詳しくは、拡張コンバージョンによる影響の結果をご覧ください。
注: 利用規約に同意する前に、拡張コンバージョンに使用する Google タグ マネージャー コンテナにコンバージョン トラッキング タグが設定されていることを確認してください。設定されていない場合は、コンテナで拡張コンバージョンが適切に有効にならない場合があります。

手順

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. アカウントの右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[測定] の [コンバージョン] をクリックします。
  3. 拡張コンバージョンの設定に使用するコンバージョン アクションを開きます。
  4. 下部の [拡張コンバージョン] で、[拡張コンバージョンをオンにします] をクリックします。
  5. コンプライアンスに関する注意に対して [同意する] をクリックします。拡張コンバージョンを有効にすると、Google のポリシーを遵守することを確認したことになります。Google 広告データ処理規約は、拡張コンバージョンを使用した場合に適用されます。
  6. [URL を確認する] をクリックして、ウェブサイトで Google タグを確認します。
  7. [タグの種類] は、このコンバージョン アクションに対するコンバージョン トラッキングの方法に合わせて、デフォルトで [Google タグ マネージャー] に設定されています。Google タグ マネージャーを使用してウェブサイトのタグが設定されているため、拡張コンバージョンの設定には Google タグ マネージャーを使用する必要があります。Google タグ マネージャーを使って拡張コンバージョンを手動で設定する手順は、以下のとおりです。
  8. [保存] をクリックします。

注: 利用規約に同意してから、Google タグ マネージャー アカウントで拡張コンバージョンが有効になるまで 5 日程度かかることがあります。コンバージョン トラッキング タグが Google タグ マネージャーで設定されていることを確認し、5 日後に拡張コンバージョン機能が有効になっているか再度ご確認ください。

Google タグ マネージャーを使って手動で拡張コンバージョンを導入する

現在 Google タグ マネージャーを使用してコンバージョン トラッキングを行っている場合は、設定に少し変更を加えるだけで拡張コンバージョンを実装できます。Google タグ マネージャーで拡張コンバージョンを実装する主な方法は 2 つあります。

  1. 自動収集を使用する(利用可能な場合): 詳しくは、自動拡張コンバージョンを設定するをご覧ください。
  2. [手動構成] を選択して CSS セレクタまたは既存のデータレイヤー変数を使用する - ページのコード変更は不要(自動収集を利用できない場合はこの方法がおすすめ)
    • Google タグ マネージャーで拡張コンバージョンを実装する方法としては、これが最も簡単です。コンバージョン ページに顧客データ(例: メールアドレス)があれば、通常はページのコード変更は一切必要ありません。
    • サイトのコード、特にコンバージョン ページの書式や CSS セレクタを頻繁に編集する場合は、CSS セレクタではなくデータレイヤー変数を使用するか、この方法よりも後述の [コード] を選択する方法がおすすめです。CSS セレクタによる実装は、サイトの書式を変更すると正しく動作しなくなることがあります。
  3. [コード] を選択して全データを単一のデータ オブジェクトで送信する - ページのコード変更が必要になる場合あり
    • 拡張コンバージョンは、コンバージョン ページの JavaScript 変数によって単一のデータ オブジェクトとして実装することも可能です。この場合、拡張コンバージョン タグで受け渡す顧客データ(メールアドレス、電話番号など)がコンバージョン ページにおいて JavaScript のグローバル変数として定義されている必要があります。
    • この方法は、情報の受け渡しに JavaScript 変数を使用したい場合や、コンバージョン ページ自体に目的の顧客データがない(別のページからデータを受け取る必要がある)場合に役立ちます。コードの変更があっても影響を受けにくい実装のため、サイトの書式を頻繁に変更する予定がある場合も、こちらの方法がおすすめです。

Google タグ マネージャーで手動で拡張コンバージョンを導入する

コンバージョン ページで拡張コンバージョンの変数を見つける

  1. Chrome ブラウザで自サイトを開き、コンバージョン ページまで進みます。
    • コンバージョン ページとは、拡張コンバージョンによって測定しようとしているコンバージョン(例: ページ A での商品購入)が、現在既存のコンバージョン トラッキング タグによって測定されているページです。該当ページがわからない場合は、開発担当の方にご相談ください。そのページに表示されている、Google に送信したい顧客データを特定します。たとえば購入を完了した顧客向けの「ありがとうございました」ページに、顧客のメールアドレスが表示されていることが考えられます。

      注: 拡張コンバージョンを正しく動作させるためには、次の変数のうち少なくとも 1 つを利用できる必要があります。

      • メールアドレス(推奨)
      • 氏名と住所(姓、名、国、郵便番号、地域、市区町村、番地の情報が揃っている必要があります)
      • [任意] 電話番号(メールアドレスまたはフルネームと住所と組み合わせて使用できますが、電話番号のみでは要件を満たしません)
  2. コンバージョン ページに存在する顧客データを確認した後は、そのタブを開いたままにしてください。次のセクションでは、拡張コンバージョン タグがハッシュ化して Google に送るべきデータを指定するため、CSS セレクタをコピーして Google タグ マネージャーに入力します(または既存のデータレイヤー変数を使用します)。

Google タグ マネージャー タグで拡張コンバージョンを有効化する

別のタブで Google タグ マネージャーを開きます。

  1. Google タグ マネージャーにログインします。
  2. [ワークスペース] をクリックし、ナビゲーション メニューの [タグ] をクリックします。
  3. 拡張コンバージョンの導入に使用する Google 広告のコンバージョン トラッキング タグを選択し、編集画面を開きます。
    • Google タグ マネージャー アカウントで Google 広告コンバージョン トラッキング タグを設定していない場合は、Google 広告コンバージョン トラッキングに関する記事をご覧ください。
    • このコンバージョン アクションのコンバージョン トラッキング ID とラベルが、Google 広告アカウントで拡張コンバージョンを有効にしたコンバージョン アクションと同じであることを確認します。
  4. [自社のウェブサイトでユーザーから提供されたデータを含める] をクリックします。
  5. [ユーザー提供データ変数を選択] プルダウンをクリックして、[新しい変数] を選択します。
  6. [手動構成] を選択します(推奨)。
    • Google タグ マネージャー経由のデータ送信にカスタム JavaScript やその他のデータ オブジェクトを使用したい場合は、ここで [コード] を選択することも可能です。その場合、データが一定の形式に整形されている必要があるため、[コード] 選択時の手順を参照してください。[手動構成] を選択した場合、ページの上部に [ユーザーから提供されたデータ] と、拡張コンバージョン タグの一部として含めることができるすべての顧客データが表示されます。
  7. 拡張コンバージョンで送信するユーザーデータ フィールドで、プルダウン メニューをクリックして [新しい変数] を選択します。
    注: ハッシュ化されていない変数がデータレイヤーにすでに含まれている場合(CSS セレクタでも他の変数タイプでも可)、新しい変数を作成する代わりに、それらの変数を選択できます。判断に迷う場合は、このまま手順を進めてください。
  8. [変数の設定] 画面で、[変数タイプを選択して設定を開始] を選択します。[変数タイプを選択] 画面で、[DOM 要素] を選択します。
  9. [変数の設定] 画面に戻ったら、プルダウンの [選択方法] を [CSS セレクタ] に変更します。
  10. 変数に名前を付けます。
  11. ユーザーのデータを参照する CSS セレクタを [要素セレクタ] 欄に入力します(CSS セレクタの確認方法はこの後のセクションで説明します)。[属性名] 欄は空欄のままでかまいません(これについても後述します)。

先ほどと同様に、タブは開いたままにしてください。次のステップでは、コンバージョン ページの CSS セレクタをコピーして、作成した拡張コンバージョンの変数に貼り付けます。

拡張コンバージョンの CSS セレクタを確認し、Google タグ マネージャーに入力する

CSS セレクタを確認して、拡張コンバージョン タグの各フィールド(メールアドレス、電話番号など)に入力する手順は次のとおりです。ハッシュ化されていない変数がデータレイヤーにすでに含まれている場合、新しい CSS 変数を作成する代わりに、それらの変数を選択できます。判断に迷う場合は、このまま手順を進めてください。

  1. 先ほど閉じずにおいたコンバージョン ページのタブに戻ります(Google タグ マネージャーのタブもそのまま開いておいてください)。
  2. コンバージョン ページで、拡張コンバージョンで送信したい顧客データが表示されている箇所を右クリックして、[検証] を選択します。
    • たとえばメールアドレスを送信する場合は、コンバージョン ページ内に表示されているメールアドレス(例: example@email.com)を右クリックします。
  3. Chrome ブラウザ内で Chrome デベロッパー ツールが起動します。
  4. Chrome デベロッパー ツールの枠内にページのソースコードが表示されます。ハイライトされている部分が、ステップ 2 で右クリックした箇所に対応するページ要素のコードです。このコードから CSS セレクタを抽出する必要があります。
  5. ハイライト表示されているコードにカーソルを合わせ、右クリックします。
  6. [Copy] までスクロールし、[Copy Selector] を選択します。
  7. 先ほど開いたままにした Google タグ マネージャーのタブに戻り、コピーしておいたテキストを [要素セレクタ] 欄に貼り付けます。
    • おおむね次のようなテキストが貼り付けられるはずです(参考例であり、このとおりの内容にはなりません)。

      tsf > div:nth-child(2) > div.A8SBwf > div.RNNXgb > div > div.a4bIc > custEmail

  8. [保存] をクリックします。
  9. 他の顧客データ(メールアドレス、氏名、住所など)についても手順 2~8 を繰り返します。各データ変数の CSS セレクタをコピーして、Google タグ マネージャーでそれぞれ新しい変数に貼り付けてください。
  10. Google タグ マネージャーで [保存] をクリックします。

これで、そのコンバージョン アクションを拡張コンバージョンによって測定できるようになりました。次は拡張コンバージョンの動作を検証します。下の「実装を検証する」セクションへ進んでください。

Google タグ マネージャーで [コード] を選択して拡張コンバージョンを導入する

拡張コンバージョンの変数を特定および定義する

まず、必要な変数(メールアドレス、住所、電話番号など)が、Google 広告コンバージョン タグが配信されるページ内に存在することを確認します。商品購入や申し込み、その他類似のコンバージョン タイプの場合は、このようにコンバージョン ページに顧客データを取得する仕組みになっていることが一般的です。該当ページがわからない場合は、開発担当の方にご相談ください。

目的の情報が利用可能であることを確認したら、JavaScript のグローバル変数として保存します。これによって、拡張コンバージョン タグがその顧客データを使用できるようになります(詳細は次のセクションで解説します)。

注: 次の変数のうち少なくとも 1 つを利用できる必要があります。

  • メールアドレス(推奨)
  • 氏名と住所(姓、名、番地、市区郡、地域、郵便番号、国のすべてが必須)
  • 電話番号は、「メール」または「氏名と住所」と組み合わせて使用することができます。

定義できる顧客データ変数の詳細は、以下の表のとおりです。変数の名前は自由に設定できます。[キー名] 列は、拡張コンバージョン タグにおける各変数の参照名です(次のステップで詳述します)。データはすべて文字列型の変数として渡す必要があります。また、氏名と住所のデータを定義する場合は、各要素を個別の変数として定義する必要があります(「姓」と「名」など)。

データ フィールド キー名(下のカスタム JavaScript 変数で使用) 説明
メールアドレス email ユーザーのメールアドレス。
電話番号 phone_number ユーザーの電話番号。記号やダッシュは削除されます。番号には必ず、国コードを含める必要があります。
first_name ユーザーの名。例: 「太郎」
last_name ユーザーの姓。例: 「山田」
番地 home_address.street ユーザーの番地。例: 「六本木 6-10-1」
市区町村郡 home_address.city ユーザーの市区町村郡名。例: 「港区」
地域 home_address.region ユーザーの都道府県。例: 「神奈川県」
郵便番号 home_address.postal_code ユーザーの郵便番号(5 桁の郵便番号のみ)。例: 「12345」
home_address.country ユーザーの国コード。例: 「US」。ISO 3166-1 alpha-2 の 2 文字の国コードを使用します。

次のステップでは、Google タグ マネージャーで拡張コンバージョンを有効化し、ここで作成した顧客データ変数を参照するよう設定します。顧客データ変数の名前が必要になるため、控えておきましょう。

Google タグ マネージャー タグで拡張コンバージョンを有効化し、カスタム JavaScript 変数を作成する

  1. Google タグ マネージャーにログインします。
  2. [ワークスペース] をクリックし、ナビゲーション メニューの [タグ] をクリックします。
  3. 拡張コンバージョンの実装に使用する Google 広告のコンバージョン トラッキング タグを選択し、編集画面を開きます。
    • Google タグ マネージャー アカウントで Google 広告コンバージョン トラッキング タグを設定していない場合は、Google 広告コンバージョン トラッキングに関する記事をご覧ください。
    • このコンバージョン アクションのコンバージョン トラッキング ID とラベルが、Google 広告アカウントで拡張コンバージョンを有効にしたコンバージョン アクションと同じであることを確認します。
  4. [自社のウェブサイトでユーザーから提供されたデータを含める] をクリックします。
  5. [ユーザー提供データ変数を選択] をクリックして、[新しい変数] を選択します。
  6. 新しい「ユーザー提供データ変数」で、画面下部の [コード] を選択します。
  7. [変数タイプを選択] 画面で、[カスタム JavaScript] を選択します。
  8. 次のコードをコピーして、[カスタム JavaScript] 欄に貼り付けます。

    function () {

    return {

    "email": yourEmailVariable , // yourEmailVariable となっている箇所は、実際にユーザーのメールアドレスが格納される変数の名前に置き換えます

    "phone_number": yourPhoneVariable , // yourPhoneVariable やその後に続く変数名も、同様に実際の変数名に置き換えます

    "first_name": yourFirstNameVariable

    "last_name": yourLastNameVariable , "home_address": {

    "street": yourStreetAddressVariable ,

    "city": yourCityVariable ,

    "region": yourRegionVariable ,

    "postal_code": yourPostalCodeVariable ,

    "country": yourCountryVariable

    }

    }

    }

  9. 上記コード内の顧客データの変数名(例: yourEmailVariable)はすべてサンプルです。それぞれ、実際にコンバージョン ページでそのデータが格納されている JavaScript グローバル変数の名前に置き換えてください。
    • 前述のとおり、次の変数のうち少なくとも 1 つを指定する必要があります。
      • メールアドレス(推奨)
      • 氏名と住所(姓、名、番地、市区郡、地域、郵便番号、国)
      • 電話番号(上記の 2 つのいずれかと組み合わせる場合のみ。単体では使用できません)
    • 上記のうち、サイトで収集していないデータについては、フィールドを空にするのではなく、フィールド自体を削除してください。たとえばメールアドレスと電話番号だけを収集している場合、作成するカスタム JavaScript 変数は次のようになります。

      function () {

      return {

      "email": yourEmailVariable ,

      "phone_number": yourPhoneVariable

      }

      }

  10. [保存] をクリックします。

これで、そのコンバージョン アクションを拡張コンバージョンによって測定できるようになりました。次は拡張コンバージョンの動作を検証します。下の「実装を検証する」セクションへ進んでください。

実装を検証する

Google タグ マネージャーのプレビュー モードで実装を検証する

上記の手順を終えたら、拡張コンバージョンの実装を Google タグ マネージャーで検証します。方法は次のとおりです。適切に機能しない場合に変更を加えることができるよう、拡張コンバージョンを導入したら、すぐに確認することをおすすめします。

  1. 変更内容を保存しておきます。ただし、まだ公開する必要はありません。
  2. Google タグ マネージャーのワークスペースのホーム画面で、右上の [プレビュー] をクリックします。
  3. テスト コンバージョンを開始するための URL の入力を求められます。自サイトのウェブページの URL を入力してください。
    注: コンバージョン ページ自体の URL を入力する必要はありません(プレビュー開始後もサイト内を移動できます)。
  4. [Start] をクリックします。
  5. Tag Assistant がサイトに接続中である旨のメッセージが表示されます。「Connected」と表示されたら、[Continue] をクリックします。
  6. この時点で、ブラウザに新しいタブが 2 つ開いているはずです。ひとつは入力した URL のタブで、もうひとつは Tag Assistant のタブです。入力した URL が開いているタブで、実際にサイトを操作してコンバージョンを完了します。
  7. Tag Assistant のタブに切り替えます。
  8. この画面で、Google コンバージョン タグが配信されたかどうかを確認できます。[Tags] セクションで、目的のコンバージョン イベントが表示されているか確認しましょう。Google タグ マネージャーで作成した拡張コンバージョン タグと同じ名前のタグを探します。
  9. そのタグをクリックして、拡張コンバージョン変数が正しく処理されていることを確認します。
  10. [Variables] タブに移動します。
  11. 顧客データがタグに正しく受け渡されていることを確認します。変数名ごとに確認が可能です(変数名は先ほど Google タグ マネージャーで付けたとおりです)。
    • CSS セレクタによる実装を行った場合、顧客データの各項目(メールアドレス、姓、名など)について、GTM で定義した内容の変数が表示されているはずです(変数名は入力したとおり、変数タイプは「DOM 要素」)。また、[Value] 列に表示されている変数の値が、コンバージョン ページへ進む際に入力した内容と一致しているか確認しましょう。ユーザーのデータは、Google への送信の際に SHA256 によってハッシュ化されます。
    • JavaScript 変数による実装を行った場合は、「Custom JavaScript」タイプの変数が 1 つだけ表示されます。この変数には、各種顧客データが「{email: email@address.com, phone_number: 123456789, …}」という配列の形式で含まれているはずです。[Value] 列で値を確認しましょう。ユーザーのデータは、Google への送信の際に SHA256 によってハッシュ化されます。

72 時間後に、タグ診断レポートで実装を確認する

拡張コンバージョンの導入から約 72 時間後に、Google 広告でタグ診断レポートを参照できるようになります。このレポートを使って、実装が正しく機能しているかどうかを検証できます。レポートにアクセスする手順は次のとおりです。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. アカウントの右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[測定] の [コンバージョン] をクリックします。
  3. 拡張コンバージョンを有効にしたコンバージョン アクションをクリックします。
  4. 上部のページメニューで [診断] を選択します。拡張コンバージョン タグの診断レポートと拡張コンバージョンの指標が、各セクションに表示されます。
  5. さまざまなヘルスチェックを確認し、すべてが想定どおりに機能しているかどうかを確認します。
  6. タグ診断レポートで、なんらかの問題があることがわかった場合は、通知とヘルプセンターの手順に沿って問題を解決してください。

よくある問題

拡張コンバージョンが正常に動作していることを確認できない場合は、設定手順に戻って必要なステップをすべて完了してください。それでも問題が解決しない場合は、拡張コンバージョンの実装で問題が発生する以下の一般的な原因をご確認ください。

タグは検出されませんでした

拡張コンバージョンを初めて有効化する際に「タグは検出されませんでした」というエラーが表示される場合は、ウェブサイトの URL や Google タグにエラーがあります。
  • URL が正しいことを確認します。
  • コンバージョン トラッキング タグの設定にグローバル サイトタグも Google タグ マネージャーも使用してしていない場合は、いずれかの方法でコンバージョン トラッキングを実装してください。
  • すでにウェブサイトに Google タグをインストールしている場合は、任意のタグを手動で選択して、グローバル サイトタグまたは Google タグ マネージャーが使用されているかを確認できます。サイトワイド タグ設定のトラブルシューティングを行って、これら 2 つの方法のいずれかを使用して、コンバージョン トラッキングが正しく実装されていることを確認する必要があります。

複数のタグが検出されました

ダイアログ ボックスに一覧表示されているタグのいずれかを選択します。グローバル サイトタグと Google タグ マネージャーの両方を使用している場合は、グローバル サイトタグを選択することをおすすめします。

コンバージョンの時点で、拡張コンバージョン データが取得されていない

拡張コンバージョン データがコンバージョンの時点で取得できていない可能性があります。たとえば、情報が別のドメインで収集される場合(例: サードパーティのドメイン経由で支払いが行われる)や、コンバージョン フローの他の場所で情報が収集される場合(例: ログイン済みのユーザーはファースト パーティ データを再入力しない、あるいは前のページですでに情報が収集されている)などがあります。

拡張コンバージョンの送信データが事前にハッシュ化されている

拡張コンバージョンで送信される広告主様の自社データは、SHA256 アルゴリズムを使用してハッシュ化されます。SHA256 は業界基準の一方向ハッシュ関数です。現時点では、広告主様側で事前にハッシュ化されたデータを拡張コンバージョンに使用することはできません。Google のタグによるハッシュ処理にお任せください。

拡張コンバージョンの変数が正しく実装されていない

Google タグ マネージャーをご利用の場合: 変数の作成が正しく行われているか、上記の手順をよくご確認ください。また、Google タグ マネージャー側の拡張コンバージョンの設定で正しい変数(作成した変数)が参照されており、コンバージョン発生の時点で変数に正しいデータが渡されていることを確認してください。

コードのコピー時のミス

ページ内の拡張コンバージョン コードや Google タグ マネージャーで入力した変数名に間違いがないか、もう一度確認しましょう。実装を JavaScript 変数によって行った場合、カスタム JavaScript スニペットをコピーする作業や、変数名をサンプルから実際の名称に置換する作業が正しくできているか確認します。CSS セレクタによる実装の場合、選択したセレクタに間違いがないか、セレクタ情報のコピーを上記の手順に沿って正しく実施できているかを確認します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false