リードフォーム表示オプションを使用する

リードフォーム表示オプションは、関連性の高いコンテンツを検索し、見つけ、視聴している見込み顧客の関心を引き付けるのに役立ちます。この記事では、リードフォーム表示オプションを作成し、Google 広告の検索キャンペーン、動画キャンペーン、ファインド キャンペーンに追加する方法について説明します。

Google Ads Tutorials: Setting up lead form extensions

はじめに

  • リードフォーム表示オプションの要件を満たしていることを確認してください。要件を満たしていない場合、リードフォーム表示オプションを作成できません。
  • リードフォーム表示オプションが、Google の広告掲載のポリシーとガイドライン(例: リードフォームを利用できる国をターゲットに設定する)を遵守していることを確認してください。遵守していない場合、キャンペーンは配信されません。
  • リードフォーム表示オプションの作成手順は、どのキャンペーン タイプでも同じですが、キャンペーン タイプによって動作に違いが生じることがあります。以下のセクションを展開すると、キャンペーン タイプごとの違いを確認できます。
     

    検索キャンペーン

    • リードフォーム表示オプションは、パソコンとモバイル デバイスで表示されます。

    動画キャンペーン

    • リードフォーム表示オプションは、Android 搭載のモバイル デバイスにのみ表示されます。キャンペーンが iOS またはデスクトップのみをターゲットに設定している場合、そのキャンペーンはユーザーに配信されません。

    ファインド キャンペーン

    • リードフォームを表示するには、ファインド キャンペーン内に 1 つ以上のイメージ広告が必要です。リードフォームはカルーセル広告には対応していません。

リードフォームの最適化

キャンペーンのオーディエンス ターゲティングに加えて、より購入意向の強い見込み顧客、またはより多くの見込み顧客に向けてリードフォーム表示オプションを最適化できます。どちらのタイプを選択しても、オーディエンスが追加または削除されたり、リードフォームの項目が変更されたりすることはありません。リードフォームの最適化は動画キャンペーンでのみ使用できます。

  • リードフォームのタイプはデフォルトでは [より購入意向が強い] に設定されていますが、リードフォームの作成時や編集時に、リードフォームのタイプを [より数が多い] に変更できます。ここでの選択は、リード単価と見込み顧客の獲得数に影響する可能性があります。リードフォームのタイプは、キャンペーン中にいつでも変更できます。
  • [より購入意向が強い] のタイプでは、送信する前により多くの手順を踏まなければならないような形式が採用される場合があります。そのため、見込み顧客が少なくなる(ただし、広告主様のビジネスや、商品、サービスにより強い関心を持つ)可能性があります。
  • [より数が多い] のタイプでは、送信する前の手順が比較的少ない形式が採用されています。そのため、見込み顧客は多くなる可能性がありますが、ビジネスや商品、サービスにそれほど関心を持たないユーザーが含まれることがあります。

手順

新しいキャンペーンでリードフォーム表示オプションを作成する

  1. Google 広告にログインします。
  2. 左側のページメニューで [キャンペーン] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックし、[新しいキャンペーンを作成] を選択します。
  4. キャンペーンの目標として [見込み顧客の獲得] を選択します。
  5. キャンペーン タイプとして [検索]、[動画]、または [ファインド] を選択します。
  6. [続行] をクリックします。
  7. キャンペーン設定を入力します。
  8. リードフォームの詳細を入力するためのリードフォーム表示オプション エディタが開きます。
    • 検索キャンペーンの場合: [広告表示オプション] セクションまでスクロールし、[リードフォーム表示オプション] をクリックします。
    • 動画キャンペーンとファインド キャンペーンの場合: [リードフォーム] セクションまでスクロールし、[フォーム] をクリックします。
  9. リードフォーム表示オプション エディタで、[新規作成] をクリックします。
  10. 広告見出し、お店やサービスの名前、説明文を入力します。
  11. リードフォームで要求する情報を選択します。作成を続けるには、オプションを最低 1 つは選択する必要があります。
    • 名前([姓と名] または [フルネーム] にカスタマイズ可能)
    • メール
    • 電話番号
    • 市区郡
    • 郵便番号
    • 都道府県
    • 会社名
    • 役職
    • 仕事用メールアドレス
    • 仕事用の電話番号
  12. プライバシー ポリシーの URL を入力します。情報を収集するにはプライバシー ポリシーが必要となります。その URL は、リードフォームの最後に表示されます。
  13. (検索キャンペーンのみ)[画像] をクリックして、リードフォームに背景画像を追加します。背景画像は 1.91:1(1,200 × 628 を推奨)である必要があります。
  14. フォーム送信メッセージの広告見出しと説明文を入力します。これは、ユーザーが連絡先情報を送信した後に表示されます。
    • 対象となるキャンペーン タイプの場合、送信メッセージを促すフレーズを含めることもできます。このタイプの行動を促すフレーズは、広告内の行動を促すフレーズとは異なり、特定の URL を参照するように設定できます。
  15. 広告の操作を促すフレーズを追加するには、プルダウン メニューから行動を促すフレーズを選択して、行動を促すフレーズの説明文を追加します。
  16. (省略可)顧客管理(CRM)システムから直接見込み顧客情報を取得したい場合は、リードフォーム表示オプションに Webhook 情報を追加します。
  17. (動画キャンペーンの場合のみ)[より購入意向が強い] または [より数が多い] のいずれかを選択してリードフォームを最適化します。
  18. リードフォーム表示オプションを初めて作成する場合は、利用規約を確認し、同意してください。
  19. リードフォーム表示オプションをキャンペーンに追加するには、[保存] をクリックします。

既存のキャンペーンにリードフォーム表示オプションを追加する

  1. Google 広告にログインします。
  2. ページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックし、[広告表示オプション] をクリックします。
  3. [広告表示オプション] ページで [リードフォーム] をクリックします。
  4. リードフォーム表示オプションの横にあるチェックボックスをオンにします。
  5. [追加先] > [キャンペーン] をクリックします。選択するキャンペーンでは、キャンペーン目標として [見込み顧客の獲得] が設定されている必要があります。
  6. [完了] をクリックします。リードフォーム表示オプションが既存のキャンペーンに添付されている場合、リードフォーム表示オプションが承認された後、キャンペーンが掲載されます。リードフォーム表示オプションの審査ステータスは、キャンペーン設定の [リードフォーム] で確認できます。

リードフォーム表示オプションを編集する

既存のリードフォーム表示オプションを編集する際、リードフォームで要求する情報を変更することはできません。リードフォームで要求する情報を変更する場合は、新しいリードフォーム表示オプションを作成して別のオプションを選択します。それから、新しいリードフォーム表示オプションをキャンペーンに追加できます。
  1. Google 広告にログインします。
  2. ページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックし、[広告表示オプション] をクリックします。
  3. [広告表示オプション] ページで [リードフォーム] をクリックします。
  4. リードフォーム表示オプションにカーソルを合わせ、鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  5. リードフォーム表示オプションに変更を加えます。
  6. [保存] をクリックします。リードフォーム表示オプションを編集すると、リードフォーム表示オプションが承認されるまで、キャンペーンの掲載は停止されます。

リードフォーム表示オプションを削除する

  1. Google 広告にログインします。
  2. ページメニューで [広告と広告表示オプション] をクリックし、[広告表示オプション] をクリックします。
  3. [広告表示オプション] ページで [リードフォーム] をクリックします。
  4. リードフォーム表示オプションの横にあるチェックボックスをオンにします。
  5. [削除] をクリックします。削除したリードフォームは復元できません。削除したフォームから過去 30 日間に獲得した見込み顧客情報は引き続きダウンロードできます。

次のステップ

成果を測定する

リードフォーム表示オプションの掲載結果は、Google 広告レポートで確認できます。次の点にご注意ください。

  • リードフォームが開かれるたびに、クリックとして記録されます。他のコンバージョン アクションは、リードフォーム表示オプションに関連するクリックとしてレポートされません。たとえば、リードフォーム表示オプションをクリックしたユーザーがその後ウェブサイトで商品を購入した場合、このコンバージョンはリードフォーム表示オプションに関連付けられません。
  • リードフォームで情報が送信されると、コンバージョンとしてカウントされます。リードフォーム コンバージョンは、フォームが最初に送信されたときに Google 広告で自動的に作成されます。
  • キャンペーンによってウェブサイト コンバージョンが促進される場合もあります。
  • Google 広告アカウントで [クリックタイプ] と [コンバージョンの種類] 別に掲載結果レポートを分割することで、クリックとコンバージョンに関する掲載結果を確認できます。
  • アクセスとコンバージョンは、Google アナリティクスのリードフォーム表示オプションには関連付けられません。ユーザーをウェブサイトに直接誘導したエンゲージメントのみがレポートされます。

見込み顧客情報をダウンロードする

見込み顧客情報をシンプルな CSV ファイルとしてダウンロードしたり、CRM にインポートできる高度な CSV ファイルとしてダウンロードしたりすることができます。また、Webhook 統合を設定して、CRM で見込み顧客を直接取得することも可能です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。