IAB 透明性と同意に関するフレームワークと Google 広告の統合

IAB Europe は、IAB Tech Lab および参加企業と共同で開発してきた透明性と同意に関するフレームワーク(TCF)の v2.0 を最終決定しました。Google が TCF v2.0 を統合することにより、IAB TCF v2.0 を直接使用したり、IAB TCF v2.0 を使って同意管理プラットフォーム(CMP)を使用したりして、同意シグナルを Google に送信するプロセスが簡素化されます。

2020 年 8 月 15 日に、IAB は TCF v1 から TCF v2.0 への切り替えを行います。

仕組み

2020 年 8 月 13 日より、Google による IAB TCF v2.0 のサポートを開始します。Google 広告は、コンバージョン トラッキング タグの TCF v2.0 の透明性と同意(TC)文字列を読み取って解釈できるようになります。これにより、ユーザーの選択に基づいて TCF v2.0 の文字列を作成する同意管理プラットフォーム(CMP)が、同意シグナルを Google 広告に送信できるようになります。

TCF v2.0 との統合により、Google の広告サービスは透明性と同意の文字列を読み取ることができるようになります。関連付けられている Google タグでは、TC 文字列の内容に基づいて動作が調整されます。

透明性と同意に関するフレームワーク v2.0 の設定

TCF v2.0 文字列を Google 広告タグで使用するには、タグの上にコードを 1 行追加してオプトインする必要があります。これにより、TCF 文字列を正しく読み取れるようになります。TCF v2.0 のサポートを有効にするには、以下を行う必要があります。

Google 広告タグを設定しているすべてのページで、グローバル サイトタグまたは Google タグ マネージャー スニペットの上に次のコード行を追加する必要があります。

window ['gtag_enable_tcf_support'] = true;

コード例

グローバル サイトタグまたは Google タグ マネージャーのコンテナ スニペットの上の任意の場所に、TCF v2.0 のサポートを有効にするためのコードを配置する必要があります。次の例では、グローバル サイトタグの例の上に配置された TCF 行を示しています。

<script>

    window ['gtag_enable_tcf_support'] = true;  

 </script>

 

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Ads: CONVERSION_ID -->

  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-CONVERSION_ID"></script>

  <script>

    window.dataLayer = window.dataLayer || [];

    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

    gtag('js', new Date());

 

    gtag('config','AW-CONVERSION_ID');

  </script>

 

透明性と同意に関するフレームワーク v2.0 における Google 広告の動作

TCF は、「目的」を使用してデータ処理を管理します。各目的には、対応する「同意」または「正当な利益」の法的根拠があります。Google タグ マネージャーまたはグローバル サイトタグによって実装された Google 広告コンバージョン トラッキング タグは、同意文字列を含むリクエストを次の方法で処理します。

目的 Google の登記済み合法的根拠 説明 ない場合の Google 広告への影響
1 同意 デバイスで情報を保存する、または情報にアクセスする 測定またはパーソナライズを目的とした Cookie が Google 広告によって作成または使用されることはありません。同意のないユーザーのデータはリマーケティング リストに蓄積されず、アトリビューション レポートが制限される場合があります。
3 & 4 同意 パーソナライズド広告のプロファイルを作成、使用する イベントは広告のパーソナライズの対象にはならず、リマーケティング リストにも使用されません。オーディエンス リストに追加済みのユーザーは影響を受けません。
7 *フレキシブル - デフォルトで正当な利益 広告のパフォーマンスを測定する Google 広告では、すべてのコンバージョンでこの目的が必要になります。この目的が存在しない場合、コンバージョンは記録されません。
9 *フレキシブル - デフォルトで正当な利益 マーケット リサーチを適用してオーディエンス分析を生成する。 Google 広告では、すべてのコンバージョンでこの目的が必要になります。この目的が存在しない場合、コンバージョンは記録されません。
10 *フレキシブル - デフォルトで正当な利益 商品の開発と改善を行う Google 広告では、すべてのコンバージョンでこの目的が必要になります。この目的が存在しない場合、コンバージョンは記録されません。
SP1 正当な利益 セキュリティの確保、不正行為の防止、デバッグを行う この目的は TCF 内に常に存在し、利用可能です。

* Google は、TCF 目的 2、5、6、7、9、10 について柔軟に設定を変えられる登録を行っており、デフォルトで「正当な利益」になります。CMP の設定により Google がこれらの目的に同意しないように制限した場合を除き、Google は、CMP がユーザーに対して確立した正当な利益に頼るものとします。Google は、目的 1、3、4 について柔軟な登録は行っておらず、これらの目的の場合は常にユーザーの同意が必要です。その他の TCF 目的は Google 広告のコンバージョン トラッキング タグでは使用されませんが、他の Google サービスで使用されている可能性があります。

注: Google タグ マネージャーとグローバル サイトタグは、TCF ポリシーと技術仕様に従って正しく実装された TCF 文字列のみを受け入れ、Google の EU ユーザーの同意ポリシーに準拠します。CMP が 500 ミリ秒以内に応答しない場合、または「error」、「stub」、「loading」のステータスが表示された場合は、タグは制限付きモードで処理されます。

  • Google 広告では、ファーストパーティとサードパーティのコンバージョン Cookie の書き込みと読み取りが制限されます。
  • Google アナリティクスの広告向けの機能は IAB TCF v2 と統合されており、そのようなリクエストはすべての目的が拒否されているものとして扱われます。この影響については上記の表で説明しています。
  • リマーケティング機能は無効になります。

エラー メッセージのトラブルシューティング

CMP が 500 ミリ秒以内に応答しない場合、または「error」、「stub」、「loading」ステータスが表示される場合は、タグは制限付きモードで処理されます。この問題を解決する方法は次のとおりです。

手動で関数を呼び出し、コンバージョン タグを配信している場合:

  • getTCData TCData.eventStatus = 'tcloaded' または 'cmpuishown' + 'useractioncomplete' へのレスポンスが 500 ミリ秒以内に送信されていることを確認します。これらのステータスは、CMP が同意の選択肢をユーザーに提供できる状態にあることを示しています。

コンバージョン タグを送信するために関数を手動で呼び出していない場合:

  • CMP で getTCData and return TCData.eventStatus = 'tcloaded' または 'cmpuishown' + 'useractioncomplete' のサポートを実装し、ユーザーの同意を得られていることを、API を通して 500 ミリ秒以内に示せるようにします。

パーソナライズド広告や同意モードなどのシグナルと TCF の相互作用

矛盾する複数のシグナルを受け取った場合、Google はプライバシーを優先する最も慎重なシグナルを総合して解釈します。例:

TCF と制限付きデータ処理パラメータの間で矛盾するシグナルを受信した場合も、同様に処理されます。

タグ付けをできるだけ簡素化し、意図しないインタラクションが発生しないよう、TCF v2.0 または同意モードのどちらか 1 つを使用することをおすすめします。どちらも、ユーザーの同意を解釈し、それに応じてタグの動作を調整するよう設定できます。  

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false