店舗での販売データをアップロードする

店舗での販売コンバージョン向けに Google 広告アカウントを設定したら、店舗での販売データを準備して Google 広告にアップロードする必要があります。

この記事では、店舗での販売データを設定し、さまざまな方法で Google 広告にアップロードする方法について説明します。

ステップ 1: アップロード方法を選択する

店舗での販売データは、Google 広告や、Google Ads API、または店舗での販売パートナーを利用してアップロードできます。アップロードには 1 つの方法のみを使用してください。同じファイルを複数の方法でアップロードしても、アップロード中に Google によって重複が解消され、1 回のアップロードとして考慮されます。

1. Google 広告で店舗での販売データをアップロードする

店舗での販売データは Google 広告で直接アップロードすることができます。このアップロード方法では、変更を行うたびに、店舗での取引ファイルを準備して Google 広告アカウントに手動でアップロードします。また、アップロードのスケジュールを設定して、データに変更があった場合に Google スプレッドシートから、またはファイル転送方法(HTTPS / SFTP)を使って自動的にアップロードされるようにすることもできます。

Google 広告で店舗での販売データをアップロードするメリット

  • 店舗での販売を初めて利用する場合に最適: 店舗での販売データをまだアップロードしたことがない場合は、まずこの方法を使用します。店舗での販売の測定に慣れてきたら、Google Ads API に切り替えるか、店舗での販売のデータパートナーを使って、店舗での販売データをアップロードすることもできます。
  • 使いやすさ: Google 広告で店舗での販売データをアップロードすると、店舗での販売データが正しい形式で入力されているかを確認するのに役立ちます。店舗での販売データのアップロード後、店舗での販売データが測定に利用できるかどうか、または店舗での販売データのエラーを修正するためのヒントが Google 広告で表示されます。  

2. Google Ads API を使って店舗での販売データをアップロードする

データ管理システムを Google Ads API と安全に統合して、定期的にファイルをアップロードできます。API を使用したアップロードに関するサポートや詳細については、Google のアカウント担当者にお問い合わせください。

Google Ads API を使って店舗での販売データをアップロードするメリット

  • 大量の取引をアップロードする場合に最適: 店舗での販売データを頻繁に更新する場合や、アップロードするオフライン取引が多数ある場合は、Google Ads API の使用をおすすめします。
  • アップロードで時間を節約: データ管理システムと Google Ads API を統合するには技術的な専門知識がある程度必要になりますが、店舗での販売の取引データに変更を加えるのにかかる時間を短縮できます。
  • テクニカル サポート: Google Ads API を使用した店舗での販売をスムーズに実装できるように、Google ではエンドツーエンドの実装サポートを提供しています。Google のテクニカル サポートチームが、テクニカル スペシャリストやデベロッパーの皆様をサポートします。

3. 店舗での販売パートナーを利用して店舗での販売データをアップロードする

店舗での販売パートナーとは、オフライン取引データを Google 広告に直接インポートするのをサポートできる企業を指します。詳しくは、店舗での販売パートナーについてをご覧ください。

店舗での販売パートナーを利用して店舗での販売データをアップロードするメリット

  • サポートされているアップロード: 店舗での販売パートナーは Google Ads API と直接統合されているため、データのアップロード処理が自動化され、一貫して安定したデータのアップロードが確保されます。
  • テクニカル サポート: 店舗での販売パートナーは誰でも、技術的な問題をトラブルシューティングできるため、コアビジネスに専念することが可能になります。
  • データ ハイジーンとデータ形式の指定: 店舗での販売パートナーは、アップロードが正しくスムーズに行われるように、データ形式の指定をサポートできます。たとえば、店舗での販売パートナーは、店舗での販売データファイル内の列を確認して、一般的なエラーのトラブルシューティングをサポートできます。
  • マッチ率の改善: 一部のパートナーは、安定した顧客情報グラフを有しており、マッチ率の向上につながる可能性があります。

ステップ 2: 顧客維持率とトランザクションのアップロード率を決定する

顧客維持率とトランザクションのアップロード率では、Google 広告で店舗での販売をレポートする方法を決定します。店舗での販売データファイルを準備する前に、販売の顧客維持率とトランザクションのアップロード率を決定する必要があります。

  • 顧客維持率: 販売全体のうち、顧客に関連付けることができ、データファイルにアップロードされている販売の割合。顧客維持率は、顧客情報を含むトランザクションの合計数をすべてのトランザクションで割った値で、0 から 1 の間の数で表されます。
     

    過去 30 日間に 100 件のトランザクションが発生したとします。トランザクション 100 件のうち、70 件のトランザクションを顧客のメールアドレスや電話番号に関連付けます。70 件の顧客トランザクションをアップロードするため、顧客維持率は 0.7 となります。ただし、これらのトランザクションのうち 40 件のみをアップロードする場合は、顧客維持率は 0.4 になります。
  • トランザクションのアップロード率: 顧客情報を含む販売全体のうち、すでに Google 広告にアップロードされている販売の割合です。Google ではすべてのトランザクションを Google 広告にアップロードすることをおすすめしているため、トランザクションのアップロード率は 1 になります。

ステップ 3: 店舗での販売データの形式を指定し、ハッシュ化する

ハッシュ化は、販売データを取得し、プライバシーに配慮した安全な方法でランダム化するステップです。Google では、正しい形式のハッシュ化されたユーザーデータのみを受け付けています。データをハッシュ化する方法は以下のとおりです。

  • SHA-256 アルゴリズムを使用: データを安全に保つためには、SHA-256 アルゴリズムを使ってご自身で顧客データをハッシュ化することができます。SHA-256 アルゴリズムは、一方向ハッシュ関数の業界基準です。
  • Google 広告の自動ハッシュ化を使用: 書式なしテキスト(.CSV)のファイル形式の店舗での取引データをお持ちの場合、ハッシュ化されていないファイルを Google 広告にアップロードすることを選択できます。Google 広告では、ハッシュ化する必要のあるデータを SHA-256 アルゴリズムで自動的にハッシュ化してからファイルを受け付け、処理します。

ハッシュ化が必要な店舗での販売データ

  • 顧客のメールアドレス
  • 顧客の電話番号
  • 顧客の姓名

ハッシュ化する必要のない店舗での販売データ

  • 市区郡
  • 都道府県
  • 郵便番号
  • 属性データ(通貨やコンバージョン名など)

使用可能なファイル形式とサイズの制限

ファイル形式

  • Excel
  • CSV
  • Google スプレッドシート

サイズの制限

  • Google 広告アカウントに直接 1 回のみアップロードする場合:
    • 150 MB: Google 広告で手動でアップロードした CSV ファイルのみ(推定 30 万行のトランザクション)。
    • 50 MB: スケジュールを使用してアップロードした CSV などその他のすべての形式(推定 10 万行のトランザクション)。
  • Google Ads API を使ってアップロードする場合: 100 万行のトランザクション。
    : 店舗での販売データ パートナーを利用して店舗での販売データをアップロードする場合は、ファイルサイズの制限について店舗での販売データ パートナーにご確認ください。
店舗での販売データファイルの形式の指定について詳しくは、こちらの詳細なガイドをご覧ください。

ステップ 4: 店舗での販売データをアップロードする

店舗での販売データを準備したら、次のステップとして、Google 広告アカウントにデータをアップロードします。店舗での販売データをアップロードする手順は、選択したアップロード方法によって異なります。

Google 広告で店舗での販売データをアップロードする

Google 広告で店舗の販売データをアップロードする場合は、1 回のみのアップロード(店舗での販売データを更新するたびにアップロード)か、スケジュールが設定されたアップロード(Google 広告が、特定のロケーションにホストされている店舗での販売データに対する更新の有無をチェックし、その変更内容をアップロード)を選択できます。

毎日または毎週アップロードするようスケジュールを設定し、店舗での販売レポートの精度を維持することをおすすめします。

1 回のみのアップロード

  1. Google 広告にログインします。
  2. アカウントの右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
    • クライアント センター(MCC)アカウントを利用している場合は、左側のページメニューで [コンバージョン] をクリックします。
  4. ページメニューから [アップロード] をクリックします。
  5. プラスボタン をクリックします。
  6. コンバージョンの種類に適したインポート用テンプレートをダウンロードするには、[テンプレートを表示] をクリックします。[Excel]、[CSV]、または [Google スプレッドシート] を選択します。このファイルを使って、クリック、電話問い合わせ、店舗での販売からコンバージョン データをアップロードします。
  7. [完了] をクリックします。
  8. [ソース] で、[ファイルをアップロード]、[Google スプレッドシート]、[HTTPS]、または [SFTP] のなかからアップロードするファイルのソースを選択します。
    • ファイルをアップロードする場合や Google スプレッドシートを使用する場合は、[ファイルを選択] をクリックして、アップロードするファイルを選択します。
    • HTTPS または SFTP を使用する場合は、ファイルの URL と、ファイルにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。
  9. [このアップロードには、関係する Google のポリシーに準拠して収集および共有された店舗での販売データが含まれています] の横のチェックボックスをオンにしてから、[ハッシュ化されていない機密性の高い顧客データ] または [ハッシュ化データ] をアップロードすることを確認します。
  10. [アップロードしてプレビュー] または [アップロードして適用] をクリックします。
    • [アップロードしてプレビュー] をクリックすると、想定される変更内容のプレビューが [履歴] タブに表示されます。
    • アカウントにコンバージョン データをインポートするには、[操作] プルダウン メニューをクリックし、[適用] を選択します。
    • [アップロードして適用] をクリックすると、すべての行をアップロードしてから処理が始まります。
  11. アップロードのステータス(エラーがあるかどうかなど)についての詳細を確認するには、[結果] 列のリンクをクリックします。

アップロードのスケジュールを設定する

  1. Google 広告にログインします。
  2. アカウントの右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  4. ページメニューから [アップロード] をクリックします。
  5. [スケジュール] をクリックします。
  6. プラスボタン をクリックします。
  7. [ソース] で、[Google スプレッドシート]、[HTTPS]、または [SFTP] のなかからアップロードするファイルのソースを選択します。
    • ファイルをアップロードする場合や Google スプレッドシートを使用する場合は、[ファイルを選択] をクリックして、アップロードするファイルを選択します。
    • HTTPS または SFTP を使用する場合は、ファイルの URL と、ファイルにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。
  8. [このアップロードには、関係する Google のポリシーに準拠して収集および共有された店舗での販売データが含まれています] の横のチェックボックスをオンにしてから、[ハッシュ化されていない機密性の高い顧客データ] または [ハッシュ化データ] をアップロードすることを確認します。
  9. アップロードを行う「頻度」と「時間」を選択してスケジュールを設定します。アップロードを毎週または毎日行うか、何時に行うかをスケジュールできます。
  10. すぐにファイルをアップロードする場合は、[アップロードしてプレビュー] をクリックします。
  11. [保存] をクリックすると、保存されたスケジュールが表に表示されます。
  12. (省略可)スケジュールを編集、一時停止、削除するには、[アクション] 列に移動し、[オプション] をクリックします。
  13. 編集後、[保存] をクリックします。スケジュールを削除する場合は、[削除] をクリックしてスケジュールを削除します。

Google Ads API を使って店舗での販売データをアップロードする

API を使ってアップロードするには、CRM システムを Google Ads API と統合する必要があります。詳しくは、Google のアカウント担当者までお問い合わせください。

店舗での販売パートナーを利用して店舗での販売データをアップロードする

店舗での販売パートナーと連携している場合、そのパートナーが Google 広告アカウントでデータを直接アップロードする必要があります。詳しくは、パートナーまたは Google のアカウント担当者までお問い合わせください。詳しくは、店舗での販売パートナーについてをご覧ください。

おすすめの方法

店舗での販売をご利用の小売店およびレストランを対象とした、アップロードとレポート作成に関する重要な注意事項とおすすめの方法を、以下にいくつか紹介します。

  • 店舗での取引データのみをアップロードします。オンライン販売や電話での販売、店頭での受け取りが設定されたオンライン購入など、他のチャネルの取引は含めないでください。店舗での販売は、実店舗での売り上げの測定を目的としています。
  • 取引データを定期的にアップロードします。システムのデータを最新の状態に保つには、データを毎日または毎週アップロードすることをおすすめします。Google 広告では、店頭での販売のレポート値が更新されるのはアップロード日から 35 日以内になります。
  • アップロード日から 14 日以内に発生した取引の一部がアップロード ファイルに含まれていることを確認します。Google 広告で「店舗での販売」に関する最新のコンバージョン データを提供するには、最近の取引データが必要です。アップロード ファイルにアップロード日から 14 日以内の取引が含まれていない場合、Google 広告のレポートは更新されません。
  • アップロード日の 90 日以上前に発生した取引は処理されないため、アップロードしないでください。
  • 同じ取引を複数回アップロードしないでください。同じユーザーによる同じタイムスタンプの取引が 2 回アップロードされた場合は、最後にアップロードされた取引のみがレポートされます。
  • 既存の取引データを再アップロードする必要がある場合は、以前にアップロードした取引データがすでに処理されていることを確認してください。アップロード処理のステータスは、データのアップロード先に応じて、Google 広告または API で確認できます。

ステップ 5: アップロードのステータスを確認し、エラーが発生している場合は修正する

Google 広告にファイルをアップロードしたら、Google 広告アカウントでファイルのステータスを確認できます。これは、(Google Ads API 経由ではなく)Google 広告経由で直接アップロードされた店舗での販売データファイルにのみ適用されます。

  1. Google 広告にログインします。
  2. アカウントの右上にあるツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  3. [測定] で [コンバージョン] をクリックします。
  4. ページメニューから [アップロード] をクリックします。
  5. [ステータス] 列で、特定のアップロードのファイル ステータスを確認します。

アップロード ステータス

処理中

店舗での販売データの処理が承認され、現在システムで処理中です。データは、正しくハッシュ化され、正しい形式で入力されている場合にのみ受け付けられます。

失敗

アップロードされた店舗での販売データの処理に失敗しました。データのアップロードが失敗する場合は、以下のような原因が考えられます。

  • データがハッシュ化されていない、または正しくハッシュ化されなかった。
  • データの形式が正しくないか、指定されていない値や列がある。
  • トランザクションの件数が非常に少ない。
  • 十分な数のトランザクションが顧客にマッチングされていない。具体的な原因を確認するには、Google 広告の掲載結果の表の [結果] 列をご覧ください。

適用済み

店舗での販売データが正常に処理され、店舗での販売コンバージョンがアカウントのレポートに表示されるようになりました。

終了(エラーあり)

店舗での販売データのアップロードは完了しましたが、エラーが含まれています。エラーが修正されるまで、Google 広告ではデータを処理できません。

終了

店舗での販売データのアップロードが完了し、エラーは含まれていません。ファイルに更新がなかったため、Google 広告ではデータは更新されませんでした。

エラーレポートをダウンロードして、エラーを修正する

店舗での販売データファイルのアップロード中に Google 広告でエラーが発生した場合は、ファイルからインポートできなかったコンバージョンを一覧表示したスプレッドシートをダウンロードできます。その後、エラーを修正し、そのファイルを Google 広告に再度アップロードしてください。

  1. Google 広告の [コンバージョン] ページで [アップロード] をクリックします。
  2. エラーが含まれている店舗での販売データファイルを見つけます。
  3. [操作] 列で [エラーをダウンロード] をクリックします。
  4. スプレッドシートの [Results] 列にあるエラー メッセージを確認し、Google 広告でコンバージョンのインポートができなかった原因を確認します。
  5. スプレッドシートに必要な修正を加えて保存します。
  6. 修正したファイルを再度アップロードします。

店舗での販売のホームに戻る

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false