広告のパーソナライズを制御する方法

あるプロジェクトの全データを、広告のパーソナライズ目的での使用から除外することができます。この場合、該当データは測定とコンテンツのパーソナライズ(A/B テストなど)にのみ使用されます。

プロジェクトのデータを広告のパーソナライズに使用しないよう設定した場合、そのデータに基づくオーディエンスは、Firebase 向け Google アナリティクスから Google の広告掲載サービスにエクスポートできなくなります(例: Google 広告、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360)。これは、その除外データに基づくユーザー層からなるオーディエンスにも適用されます。

広告のパーソナライズに使用しないよう設定したデータとそれに基づくオーディエンスは、Firebase 向け Google アナリティクスの内部であれば、レポートやオーディエンス作成に引き続き使用できます。また、広告以外のサービス(オプティマイズ、BigQuery など)へのエクスポートは可能です。

プロジェクト データを広告のパーソナライズに使用する方法を管理するには、リンク先のアナリティクス アカウントにログインし、アナリティクスの管理画面でコントロールを使用する手順に従ってください

広告のパーソナライズに関するその他の管理機能

プロジェクト内のすべてのイベントではなく、単一のイベントやユーザー プロパティに対して広告のパーソナライズを無効にする場合は、以下の管理機能を利用することをおすすめします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。