異常検出

異常検出のインサイトを確認する

アナリティクスでは、データの異常を定期的にスキャンし、異常に関するインサイトをダッシュボードに表示します。

時系列データのいずれかに異常がある場合、そのデータポイントにバブルが表示されます。

バブルの上にカーソルを合わせると、異常の概要を確認できます。

 

バブルをクリックすると、詳しい情報を含んだインサイト カードが右側に表示されます。

異常の検出について

異常の検出では、ディメンション値や指標の時系列データの「異常値」を統計的な手法を用いて特定します。

まず、アナリティクスが予測モデルのトレーニングで使用する一定期間の過去データを選択します。1 日単位で異常を検出する場合、トレーニング期間は 90 日です。週単位で異常を検出する場合、トレーニング期間は 32 週になります。

続いてアナリティクスは、ベイズ統計の状態空間時系列モデルを過去データに適用し、最近観測された時系列のデータポイントの値を予測します。

最後に、アナリティクスは統計的有意性テストを使用してデータポイントを評価し、異常があれば報告します。p 値のしきい値は、レポートビューのデータ量に基づいて決定されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。