カスタム パラメータ レポート

イベントのカスタム パラメータを定義します。

Firebase 向け Google アナリティクスでは、各イベントでカスタム パラメータを 25 個まで指定できます(詳細: Android / iOS)。

さらに、レポートに含めるカスタム イベント パラメータは、各プロジェクト合計 50 個(数値 40 個、テキスト 10 個)まで指定できます。指定するには、対応するイベントにパラメータを登録します。カスタム パラメータを登録すると、それぞれのイベント詳細レポートの対応するデータカードが表示されます。

指定するパラメータごとに、プロジェクト数の上限は 50 です。たとえば、3 つのイベントに対して 1 つのパラメータを指定した場合、50 のうちの 3 としてカウントされます。

イベントのカスタム パラメータを登録するには:

  1. Firebase 向け Google アナリティクスで自分のアプリに移動します。
  2. [イベント] をクリックします。
  3. 変更を加えるイベントの行で、その他 をクリックして [パラメータ レポートを編集] を選択します。
  4. 登録するパラメータの名前を [パラメータ名を入力] 欄に入力します。
    一致するものがある場合は、リストから選択して [追加] をクリックします。
    一致するものがない場合は、[追加] をクリックしてパラメータ名を入力します。
  5. [タイプ] を [テキスト] または [数値] に設定します。数値パラメータの場合は [測定単位] を設定します。
  6. [保存]、[確認] の順にクリックします。

[イベント] ページでは、パラメータを登録したイベントの名前の横に灰色のボックスが表示され、登録されているパラメータの数が表示されます。

登録済みのパラメータを編集するには:

  1. 目的のイベントの行で、その他 をクリックして [パラメータ レポートを編集] を選択します。
  2. 上記の手順に沿ってパラメータを追加するか、削除 をクリックして削除します。
  3. [保存]、[確認] の順にクリックします。

登録済みパラメータのアプリごとの数は、パラメータのリストの一番下に表示されます。パラメータを入力すると、カウント数は更新されます。割り当て数(50)に達すると、カウント数が赤で表示され、それ以上は登録できなくなります。

カスタム パラメータを登録すると、パラメータ別のデータカードがイベント詳細レポートに追加されます。ただし、データカードが表示されるまでに最大 24 時間かかる場合があります。

カスタム パラメータは、Firebase プロジェクトを BigQuery にリンクした日付から、BigQuery にエクスポートされるデータに含まれます。BigQuery へのエクスポートが遡って実行されることはなく、リンクを作成する前のカスタム パラメータのデータはエクスポートされません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。