DebugView

開発中は DebugView を使用してアナリティクスの設定を検証します。

アナリティクスはモバイル端末でネットワーク データを抑制し、また電池寿命が長持ちするように、使用状況のデータを定期的(通常は 1 時間おき)に調査します。しかし開発期間には、ログに記録されるイベントをリアルタイムで確認したい場合もあるかもしれません。それが可能であれば、状況を観察したうえで、必要な調整を直ちに行うことができるからです。DebugView を使用すると、アプリのイベントをリアルタイムでモニタリングできます。

はじめに

DebugView を使用するには、最初に端末のデバッグモードを有効にする必要があります。

Android

エミュレートされた Android 搭載端末でアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、次のコマンドラインを実行します。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app <package_name>

この動作は次のコマンドラインを実行して、デバッグモードを明示的に無効にするまで継続します。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app .none.

iOS

開発用の端末でアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、Xcode で次のコマンドライン引数を指定します。

-FIRDebugEnabled

この動作は次のコマンドライン引数を指定して、デバッグモードを明示的に無効にするまで継続します。

--FIRDebugDisabled

注: DebugView を使用する前に、端末の時刻が正確であることを確認してください。端末の時計がずれていると、アナリティクスのレポートでイベントの遅延や欠落が発生する原因になります。

レポート

開発用の端末でデバッグモードを有効にしたら、DebugView に移動し、アプリの使用を開始して、DebugView レポートにイベントが記録されていることを確認します。

Seconds ストリーム(中央の列)には、過去 60 秒間に記録されたイベントが表示されます。Minutes ストリーム(左側の列)には、過去 30 分間に発生した一連のイベントのアーカイブが表示されます。右側の列には、30 分間に記録された上位のイベントとともに、現在選択されている開発用端末の現在のユーザーのプロパティも表示されます。

Seconds ストリーム

デフォルトでは、過去 60 秒間にログに記録されたイベントのリストが表示されます。イベントごとに、開発用端末で記録された時刻を示すタイムスタンプも表示されます。イベントをクリックすると、関連するパラメータのリストが表示されます。アプリを使用する過程でユーザー プロパティの値が変わると、ストリームにイベントが表示されます。最新のイベントが一番上に表示されます。

Minutes ストリーム

このストリームには、過去 30 分間の分単位に対応する一連の円が表示されます。円内の数字はその分に受信したイベントの数です。円の 1 つをクリックすると、その分に記録されたイベントが Seconds ストリームに挿入されます。これにより、過去 30 分間に記録されたイベントを細分化して効果的に調査できるようになります。

上位のイベントと現在のユーザー プロパティ

上位のイベントの表には、30 分間に記録された上位のイベントが表示されます。現在のユーザー プロパティの表には、現在選択されている開発用端末のユーザー プロパティの最新の状態が表示されます。

端末選択ツール

さまざまな開発用端末でデバッグモードを有効にできるため、DebugView レポートでは対象とする特定の端末を選択ツールで選択できます。これにより、複数のデベロッパーが関わる場合でも、お互いに影響を与えることなく、それぞれの計測と検証に集中することができます。端末選択ツール([デバッグに使用するデバイス])のメニューはレポートの左上にあります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。