検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

DebugView

開発中は DebugView を使用して、アナリティクスの設定を検証してください。

モバイル端末のネットワーク データを節約し、バッテリー寿命を長持ちさせるため、アナリティクスのデプロイは定期的(通常は 1 時間毎)に使用状況データをポーリングします。ただし、結果を監視し、必要に応じて待つことなく修正できるように、開発サイクル中、リアルタイムにイベントのログイン状況を表示させたいこともあるでしょう。DebugView を使えば、アプリのイベントをリアルタイムで監視できます。

ご利用方法

DebugView を使用するには、最初に端末でデバッグモードを有効にする必要があります。

Android 版

エミュレートされた Android 端末でアナリティクスのデバッグモードを有効にするには以下のコマンドラインを実行します。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app <package_name>

この動作は以下のコマンドラインを実行してデバッグモードを明示的に無効にするまで継続します。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app .none.

iOS 版

開発端末でアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、Xcode で以下のコマンドライン引数を指定します。

-FIRDebugEnabled

この動作は以下のコマンドライン引数を指定してデバッグモードを明示的に無効にするまで継続します。

--FIRDebugDisabled

注: DebugView を使用する前に、端末の時刻が正確であることを確認してください。端末の時計がずれていると、アナリティクスのレポートでイベントが遅延したり、欠落したりする原因になります。

レポート

開発端末でデバッグモードを有効にしたら、[DebugView] タブに移動し、アプリの使用を開始して、アプリのイベントが DebugView レポートにロギングされていることを確認します。

Seconds ストリーム(中央列)には、過去 60 秒間に記録されたイベントのログが表示されます。Minutes ストリーム(左側の列)には、過去 30 分間の一連のイベントのアーカイブが表示されます。右側の列には、30 分間にログインされた上位のイベントと共に、現在選択されている開発端末の現在のユーザー プロパティが表示されます。

Seconds ストリーム

デフォルトでは、過去 60 秒間に記録されたイベントのログがリスト表示されます。各イベントには、開発端末で記録されたログの時間に対応するタイムスタンプが表示されます。イベントをクリックすると、そのイベントに関連付けられたパラメータのリストが表示されます。ユーザー プロパティの値はアプリの使用中に変わるため、ストリームでは最新のイベントが一番上に表示されます。

Minutes ストリーム

このストリームには、過去 30 分間の各分に対応する一連の円が表示されます。円内の数字は、その時間(分)に受信したイベントの数を示します。いずれかの円をクリックすると、Seconds ストリームにその時間(分)にログに記録されたイベントが読み込まれます。これにより、最近 30 分間にログに記録されたイベントを細分化して効果的に調査できるようになります。

上位のイベントと現在のユーザー プロパティ

Top Events テーブルは、30 分間にログに記録された上位のイベントを表示します。Current User Properties テーブルは、現在選択されている開発端末の一連のユーザー プロパティの最新状態を表示します。

デバイス セレクタ

さまざまな開発端末でデバッグモードを有効にできるため、DebugView レポートで集中的に分析する特定の端末をデバイス セレクタを使用して選択できます。これにより、複数のデベロッパーが互いに影響を及ぼすことなく、自身のインストゥルメンテーションと検証の取り組みに集中できるようになります。デバイス セレクタのメニューは、ユーザー インターフェースの左上に [デバッグに使用するデバイス] というラベルで表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。